【全部知ってた?】クレジットカードのお得な使い道を紹介します

クレジットカードの使い道

クレジットカードは一体どのような用途で使えば良いのでしょうか。コンビニやスーパーなどでも使えますが、もっとお得な使い道があるのではないか、そのような疑問を持ったことはありませんか。

今回の記事では、クレジットカードの様々な使い道について、裏技の部分も含め、解説していきます。

クレジットカードのお得な使い道について

私としては、クレジットカードは以下の項目に対して使っていくと、良いと思っています。とにかく何でもクレジットカードで支払うようにすることです

1. インターネット通販での支払い
2. 公共料金等の固定費の支払い
3. 海外での利用
4. 電子マネーへのチャージ

使い道として活用した項目はありましたか。全部使っていた場合、もうこの記事は読まなくてよいかもしれませんね(笑)。以下、それぞれに対して具体的に説明していきます。

インターネット通販でのクレジットカードの支払い

インターネット通販でのお金の支払方法は主に4つやり方があります。各々のお得度、面倒臭さについて評価しました。

支払い方法 お得度 面倒臭さ
コンビニ払い
銀行振込
代引き
クレジットカード払い

 

コンビニ払いであれば、手数料を取られませんが、わざわざコンビニまで出向かなければならないです。代引きで支払う場合は、別途手数料を取られますので、オススメしません。

また、私も何回か代引きでお金を払ったことがありますが、家の前でトラックの運ちゃんとお金のやり取りをするのは、正直不安です。本当に、私はお金を支払う必要があるのか、、詐欺ではないのかなど、考えてしまうんですよね。

避けた方が無難でしょう。

その点、クレジットカード払いであれば、家の前での面倒なやりとりもないです。かつクレジットカードを利用すれば、ポイントも付くので、お得です。

更に、インターネット通販を利用する場合、クレジットカードのショッピングモール経由で商品を買えないか確認するようにしましょう。ショッピングモール経由で買い物をすると、クレジットカード会社より追加のポイントを貰える場合もあります

1%程度と通常は決して大きなポイントを付与されません。ただ、中には10%以上もポイントが付与される場合もあります。ショッピングモールはお得ですのでチェックしましょうね。

公共料金等の固定費の支払い

固定費とは定期的に必ず払わなければならないお金のことです。

固定費とは、例えば以下の項目を指します。

・インターネット通信費
・携帯電話代
・NH◯契約費
・電気・ガス・水道代
・保険費
・家賃

固定費に該当する項目は結構多いです。ただ、上の表に書かれている項目のうち、電気・ガス・水道代以下に書かれている項目は、クレジットカード払い出来る場合と出来ない場合があります。

詳細は運営会社に問い合わせみて下さい。ちなみに、私はガス・水道代を、クレジットカード払い出来ませんでした(泣)。

毎月(または毎年)定期的に発生してしまう固定費はなるべくクレジットカード払いした方が良いです。固定費の支払いでもポイントは発生します。銀行振込などで対応している方は、クレジットカード払いに切り替えた方が良いですね。

それに、支払いが楽です。何故かといえば、銀行振り込みの場合とは大差ないのですが、コンビニ払いと比べると一々お店まで出向く必要がなくなるためです。

オススメしたい使い道の一つです。

海外でのクレジットカード利用

クレジットカードは国内で使うよりも海外で使う場合において高い効果を発揮します。何故なら、お金の支払をクレジットカード一枚で済ませることが出来るためです。

そのため、ほとんど現金を持ち歩かなくても、海外では一切困りません。

私の経験上、欧米であれば10000円も両替すれば一週間は余裕で過ごせます。これでも最終日に無理矢理、現地通貨を空港で使う羽目になると思いますが、さすがに一切両替せずに海外に行くのは厳しいです。クレジットカードが使えないお店もありますので。

この辺は仕方のない出費だと思うしかありませんね。

ちなみに、クレジットカードのキャッシング機能を用いると、両替手数料を最も抑えることが可能になります。詳細は米ドルのキャッシングについてまとめましたので、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

更には傷害治療保険や障害死亡保険等々の各種保険が標準で付与されています。海外で一番怖いのは病気になったときです。保険があるのとないのとでは雲泥の差がありますので、その辺も併せて意識した方が良いです。

電子マネーへのチャージ

最後になりますが、電子マネーへのチャージにクレジットカードが有効です。私のクレジットカードの使い道のうち、半分は電子マネーへのチャージ代として支払っています。

電子マネーといえばそう、SuicaやEdyのことです。電子マネーは、クレジットカード経由でもチャージすることが可能です。これの何が良いかというとポイントを二重取り出来ることです。一つはクレジットカードをチャージする時に、もう一つは電子マネーを使用する時に発生します。更に、そのお店のポイントカードを持っていれば、ポイントの三重取りまで可能です

全てのお店で二重・三重取りが可能なわけではないですが、裏技的な使い道になります。是非、覚えておきましょうね。

ただし、全てのクレジットカードで、二重取りが可能だと思ったあなた、ちょっと待って下さい。実は、電子マネーをチャージする際にポイントの発生するクレジットカードはかなり限定されます

以前であれば、電子マネーへのチャージに対しても高還元率を誇るカードは多々ありましたが、現在ではチャージ時のポイント還元率が改悪化されてしまっている場合もあり、全然お得でないクレジットカードもあります。特に高還元率を誇るカードほど、ポイントが付く電子マネーを制限していますので、気を付けましょう。

例えば、楽天カードであれば、EdyやNanaco(JCB限定)でチャージ時にポイントが付与されます。是非、オススメしたいです。

まとめ

クレジットカードの使い道まとめ
いかがでしたか。上で挙げた4つの使い道は是非ともあなた自身にも活用してもらいたいです。お得な使い方の上、あなた自身に一切デメリットがありませんので。

今回は以上になります。

その他のクレジットカードに関しては、こちらに記事にしています。良かったら参考にしてみて下さい。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*