VISA, Discover・・アメリカ国内の主要クレジットカードのブランドを徹底比較

アメリカ国内のクレジットカードブランドとして使用されているのは主にVISA, MASTER, American Express, Discoverの4つです。この4つのクレジットカードブランドの特徴について、一から順に解説していきます。

クレジットカードブランドとは

クレジットカードブランドとはクレジットカードの決済機能を提供している会社です。皆さんが、クレジットカードで支払いが可能なのはこれらのブランド会社がお店にお金を支払ってくれるからなのです。

一方、楽天、ジャックス、Chaseなどはカードの発行会社です。どこのクレジットカード使ってるの?と聞かれたら、恐らく発行会社の社名で答える人が多いのではないでしょうか。

発行会社とは決済機能によって得た手数料を元に私たちに便利なサービスを提供してくれる会社です。皆さんが還元率の高い年会費無料のクレジットカードを取得できるのは、発行会社のお陰なのです。

また、American ExpressとDiscover(日本だとJCBも)は自社でカードの発行・決済の両方を行う会社もあります。決済も発行も行っているカードをプロパーカードと呼びますが、一般に特典の量が多く、入会審査も厳しいため、ステータスの高いクレジットカードとなっています。

各クレジットカードブランドの紹介

VISAカード

VISAブランド
VISAカードは世界で最も使われているカードです。日本でもおなじみのカードですね。アメリカ国内では980万店舗使用可能で、アメリカでの普及率はトップです。同時に世界でも普及率トップのカードブランドになります。

日本同様、VISAカードを選んでおけば、まず困ることはないでしょう。

詳細は、こちらのリンク先にてVISAカードの生い立ちから現在の姿まで解説しています

MASTERカード

Masterブランド
MASTERカードは世界で二番目に使われているカードです。アメリカ国内ではVISA同様、980万店舗で使用可能でVISA同等の規模になります。MASTERカードはヨーロッパに強いカードだと言われています。日本だとCMが印象的ですね。

VISA同様、このブランドのカードを使っておけばまず困ることはないでしょう。

詳細は、こちらのリンク先にてMasterカードの生い立ちから現在の姿まで解説しています

American Express

American Expressブランド
American Expressはアメリカ発祥の企業で、VISAと同じくらいの利益を出している会社です。VISAやMASTER同様に使えるかと思いきや、そうではないです。American Expressは北米の約690万店舗で使用可能なカードです。Visaは980万店舗で使用可能なことを考えれば随分少ないです。

American Expressは、ある程度の階層以上をターゲットとした商売をしているため、使えるお店も一定のレベル以上のお店に限定されているのです。他のカードであれば手数料をお店より5%程度しか取らないのに対し、American Expressは倍の10%も取っているのです!皆さんがお店のオーナーならAmerican Expressを扱いたくないですよね。

そうはいっても、American Expressを持っている人はある程度の階層以上の人が大半のため、上客となる可能性があります。上客を取り逃がさないようにするために、渋々American Expressの使用を受け入れているというのが実態です。

Discover

Discoverブランド
最後にDiscover社のカードです。日本では馴染みの無いカードですね。アメリカ発祥のであり、VISAなどと比べると、より最近出来たブランドになります。そのため、クレジットカードを使用可能な場所が少ないんじゃないかと思われがちですがそんなことはありません。現在、アメリカ国内の960万店舗で使用可能です。VISAが980万店舗で使用可能なのですが、ほぼ同じですね。

また、Discover者はM&Aを通じて他社を買収したり、提携したりしています。例えば、Dinersカードは現在はDiscover社に吸収されました。また、JCBや中国の銀聯カードとも提携しており、外国でもそこそこ使い勝手の良いカードとなっています。ただし、フランスでは使えないです。また、途上国でもほとんど使えません。

よって、アメリカ国外用としては、あれば避けたほうが良いカードです。

詳細は、こちらのリンク先にてDISCOVER社を生い立ちから現在の姿まで解説しています

参考までに、Discover社のカードで支払い可能な国についてまとめたサイトのリンクを貼り付けます(リンクはこちら)。ちなみに、日本の本州は使用可能なのに北海道は使用不可ということになっているみたいです。

まとめ

アメリカ国内でも日本同様、Visa, Masterを持っておけば間違いないです。ただ、大切なのはブランドではなく、発行会社が設定している年会費や還元率の方です。まずは、基礎知識として頭の片隅に入れておくと良いかもしれません。

今回は以上になります。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*