アメリカ人のチップの相場感について - 支払わない人もいるんです -

アメリカのチップ事情

アメリカに旅行などで訪れた場合、お金の支払う時にチップを払う必要があります。日本ではあまり馴染みがないので、いくら払ったら良いか、よくわからないと思います。

そこで、今回の記事では二つの視点でチップについて調べました。一つはガイドブックやインターネットに載っている相場。もう一つが、アメリカ人が実際に支払っている相場です。

これらを比べることで、ガイドブックに載っているチップが妥当か併せて確認出来るようにしました。

アメリカ国内のチップの相場について

ガイドブックに書かれているチップ金額

私が持っているガイドブックに書かれているチップの相場について転載します。

誰に いくらぐらい いつ渡す?
ベルマン・ドアマン 2~3ドル 荷物を最後まで運んでもらったあと
ベルマン・ドアマン 1ドル タクシーをつかまえてくれた時は、乗車前に
ルームサービス 1ドル タオルや毛布を受け取ったあと
ルームメイキング 1ドル 枕の下に置く
コンシェルジュ 10ドル~30ドル レストランやチケットの手配時
ウェイトレス 会計額の15~20% 会計時
バーテンダー 1ドル 飲み物を受け取った時
タクシードライバー 料金の15~20% 最低でも1ドル 支払いの時
シャトルバスのドライバー 1ドル 降車時
ツアーガイド ツアー代金の15~20% ツアー終了後



いかがでしょうか。更にチップを渡さなくても良い人もいるから厄介です。例えば、空港・ホテルの受付の人にチップを支払う必要はありません。また、ファストフードやコンビニ・スーパーの店員にもチップを支払う必要はありません。

ただ、チップの金額を見ると決して安くはないですよね。普段、チップを支払っていないがゆえに、少しでも節約したくなると思います。

また、ラスベガスへ訪れる方向けに、カジノで支払うべきチップについて以下の記事にまとめました。

アメリカ人が支払うチップ額

レストランでのチップ支払額

アメリカのチップ事情@レストラン
アメリカ人がいくらチップを支払うか、人によってまちまちです。飲食店関連のコンサルタント会社が調査した報告書によると、アメリカ人は以下の割合でチップを支払っています。

レストランで支払うチップ
チップを渡さない:1%
飲食代の10%以下:16%
飲食代の10~15%:26%
飲食代の15~20%:44%
飲食代の20%以上:13%

ファストフードで支払うチップ
チップを渡さない:32%
飲食代の10%以下:16%
飲食代の10~15%:26%
飲食代の15~20%:24%
飲食代の20%以上:19%

カフェで支払うチップ
チップを渡さない:21%
飲食代の10%以下:27%
飲食代の10~15%:14%
飲食代の15~20%:12%
飲食代の20%以上:4%


実はレストランでチップを支払わないアメリカ人もいるのです。驚きですね。私たち、日本人はついつい他国の文化に神経質になりがちですが、チップについてもある程度適当な額で問題ないのです。

また、私が持っていたガイドブックにはウェイトレスは一括りで飲食代の15パーセント~20パーセントをチップとして支払うよう書いてありましたが、そんなことが無いことも見て取れると思います。

気前よくチップを払った方が、給仕してくれた人は喜ぶと思いますが、無理して沢山渡す必要も無いのです。

ホテルでのチップ

アメリカでのチップ事情@ホテル
また、アメリカ国内のホテルでも色んな場面でチップを払わなければならないように、ガイドブックには書かれています。ただし、そんなことはありません。調査結果によると、アメリカ国内のホテルでも以下の割合でしかチップを支払っていません。

ホテルで荷物を運ぶ人にチップを渡すか:56%の人が支払うと回答
ホテルの部屋の清掃係にチップを渡すか:48%の人が支払うと回答

思っていた以上に低いと感じませんでしたか。アメリカ人であっても無作為にサービスを受けた人に対してチップを払う訳ではなく、価値のあるサービスを受けた場合にしかチップを支払わないのです。

チップは不公平な制度

レストランであれば給仕する人はお客さんからチップを受け取れますが、厨房にいるコックさんはチップを受け取ることが出来ません。そのため、同じ雇われ人同士であるにも関わらず、給料格差が生じてしまいます。チップをもらえるかもらえないか、というわずかな差にも関わらず!

この不公正を正すため、アメリカ国内ではチップを廃止する動きがあります。現在、アメリカのレストランのうち、およそ15%がチップを廃止しており、25%がチップを廃止しようと計画中のようです。

チップを廃止しているお店に関しては日本同様、サービス料の名目で私たちからお金を多めに請求し、あとで給仕人・コックに均等に配分するのです。日本人としては大歓迎の方向ですね。

私たちはどうしたら良いのか

アメリカでのチップ事情@考える
チップは日本にない習慣のため、アメリカへ旅行で滞在している時は最も気になるの制度ではないでしょうか。それゆえ、チップに関して神経質になってしまう方がいるかもしれませんが、そんなことをする必要は全くありません!事実、アメリカ人自身ですら払うべきかの判断、払う額は意見がわかれているのです。

良いサービスにはありがとうという言葉ではなく、お金で示すのがアメリカ社会です。その点さえ理解すれば、チップで間違うことはないでしょう。

また、チップをクレジットカード払いする時もあるかと思います。その際、どのようにしたら良いか他の記事にまとめてありますので、良かったら参考にしてみて下さい。

今回は以上になります。

出典:American Express, Marriottの調査結果より

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*