インターネット上でのクレジットカードの不正利用について対策していますか?

ンターネット上でのクレジットカードの不正利用について対策

あなたはインターネット経由で通販や各種アプリの購入・課金などでクレジットカードを使っていませんか?クレジットカードはすぐにお金を支払える反面、不正利用による被害にも遭いやすいです。

インターネットの怪しいサイトへアクセスした場合も不正利用によるリスクがある程度ありますが、大きいのはメール経由だと思います。

例えば、私は以下のようなメールを受け取ったことがあります。

“あなたは、一億円当選しました。おめでとうございます。つきましては、下記アドレスより連絡下さい。”
“~~のサイトのシステムが一新しました。つきましては、下記アドレスよりパスワードの再設定をお願いします。”

更には、インターネット上でもサイトによっては、課金コンテンツにアクセスしたつもりが無くても、お金を請求する所もあります。

一体、インターネット上ではどのような手口であなたのクレジットカード番号などを抜いてくるのでしょうか、またその対策はあるのでしょうか。今回はこの2点について記事にしたいと思います。

インターネット上での不正利用の手口

偽サイトへの誘導

導入部分で説明したメールは全て、クレジットカード番号などを不正に入手するためのサイトへ誘導することを目的としています。そこのサイトでは、あなたの銀行で使用しているログインIDやパスワード、はたまたクレジットカード番号の記入を求められます

当然、偽サイトの作成者にも情報が流れますので、即座にこれらの情報を元に銀行口座内の預金を不正に引き出されたり、クレジットカードを不正利用されたりと散々な目にあいます。

偽サイトへはアクセスしてはならないですし、万が一アクセスしてしまったとしても上に挙げられた情報を入力してはいけません。

実は、このような偽サイトを世界中の人達に送付することで月収100万円以上稼いでいる人達がいるのです。

彼らは、一日に1億ものメールアドレスに同一のメールを送付しているのです。ワンクリックで100万稼げるなら、みんなやりたがりますよね?だからいつまで経っても、迷惑メールはなくならないのです。

あなたにクレジットカード情報を入力させる脅迫めいた文章が入っている

これは、男性諸君であれば一度は体験しているのではないでしょうか?インターネット上のあるサイトのリンクを踏むと、あなたのIPアドレスとメールアドレスが書かれたサイトが表示され、数万円支払うよう指示されます。

気付いていないだけでどんなサイトであれ、あなたのIPアドレスやメールアドレスは、相手へ伝わっているのです。脅迫めいた文章を真に受ける必要はないのです。

真に受けてしまい、クレジットカード番号を入力しようものなら、不正利用によりクレジットカードの限度額一杯まで使われてしまいます。

インターネット上で不正利用にあわないための対策

インターネット上でのクレジットカードの不正利用について対策例

基本方針

私も実践していますが、原則、インターネット上でクレジットカード情報やパスワードなど、重要な情報を入力してはいけません。そして、クレジットカード情報を入力する時はこれでもかというくらい疑ってください。

冒頭の例でいえば、まずリンクされているアドレスがおかしかったですし、送付されてきたメールアドレスもおかしかったです。おかしいと気づけたのは、正規のリンクアドレスを覚えていたからなんですよね。

私としては、頻繁に使うサイトのアドレスは覚えた方が良いと思います。何度もアドレスを確認していれば何となく頭に入ってくると思います。

特に、以下のサイトは重要ですので頭に入れておくと良いですね。

口座を解説している銀行
使用しているクレジットカード
頻繁に使っているネット通販

今のところ、メールなどにリンクされているアドレスはデタラメな物が多いです。正規のアドレスを頭の片隅に入れておくだけでも見抜けると思います。

googleなどで検索した上で、リンクを踏んで問題ないか確認する

これもよくやります。あなたが怪しいアドレスを見た時にはすでに多くの人が目にしている場合が多いので、その情報の真贋は大抵インターネット上に挙がっています。私のケースですと、すでに銀行の公式ホームページにも情報が挙がっていました。

リンクを踏む前に細心の注意をするように心掛けましょう。

リンク先につながるようなキーワードをgoogleに入力し、検索結果を元にリンク先へ飛ぶ

検索して問題ないと思っても、あなたがかなり早い段階で気付いてしまったケースも考えられます。そのような時は、リンク先につながるようなキーワードをgoogleに入力して検索すると良いです。googleは検索の質に大変力を入れているので、上位に偽サイトが来ることはまずありません

上位表示されたリンクと、あなたのメール内に記載されたリンクが正しいことを確認した上でgoogleに表示された結果が正しい、と判断すれば間違いありません。

まとめ

いかがでしたか。インターネット上で不正利用に巻き込まれるケースは多いです。特に、迷惑メールを大量送信している人はメールを送るだけで月収100万円近く得られるのですから、必死になってあなたに連絡をよこしてきます。

上に書いてある内容を元に、迷惑メール送信者にクレジットカード情報を流し、不正利用されることがないよう気を付けて下さいね。

今回は以上になります。

SNSで更新情報を配信中。

コメント

  1. sophie より:

    クレジットカード、券面にお買い物するための情報は印字されてますし、日々、どこぞのサイトでカード情報漏洩、本物そっくりさんの偽サイトやカード情報を盗むウィルスも多種多様のものが出回ってますから、クレジットカード情報は、外部にもれている前提で利用したほうがいいでしょうね。

    クレジットカードの不正利用に合わない、あった際の対処の知識を得ていることが大切です。

    クレジットカードの管理に落ち度が無ければ、基本的には利用者が金銭的被害を被ることはありません。
    クレジットカード会社が店舗からの売上請求を拒否です。(チャージバック)。
    これは、店舗がクレジットカードの取扱いにあたり、締結する加盟店契約において、クレジットカードの利用者が確かに本人であることの確認は店舗にその責務があるとしているからです。
    不正利用があれば、それは、店舗が本人確認の責務を怠ったということで、クレジットカード会社は売上請求を拒否しなくてはいけません。
    店舗がこのチャージバックリスクを回避する唯一の手段は、3Dセキュアと呼ばれる本人確認の仕組みを入れること、店舗が3Dセキュアを入れると、その責務はクレジットカード会社側へ倒れます。(ライアビリティシフトって言います。)
    この場合でも利用者は金銭的な被害を被ることは無く、クレジットカード会社がその被害額を補填します。
    早期に不正利用を発見し、適切にカード会社へ連絡していれば、その点でカードの管理に落ち度はありません。
    ※利用明細を確認せず、連絡が遅れるとアウトです。
    利用者のクレジットカード管理の落ち度、こちらは本人以外の第三者へ漏洩していないか、ということですが、今のところカード会社で調査しても確認するのは難しい、というのが実情です。
    昨年のクレジットカード被害額120億円超、その大半がネットです。
    2016年第一四半期で既に37億円、前年同期からは39.6%の増加しています。
    クレジットカード情報はサイトに登録しない、登録するのであれば、アカウントがハッキングされてもクレジットカード会社に登録したパスワードが無いと決済できない、3Dセキュア店舗に限定する、3Dセキュアのパスワードは推測されやすいものはNG、定期的に変更する、これを実践していれば、ほぼ、間違いなくカード利用者の落ち度は払拭できるでしょう。

    1. tokuaga より:

      完璧なコメントありがとうございます。私も勉強になりました。

      >クレジットカードの管理に落ち度が無ければ、基本的には利用者が金銭的被害を被ることはありません。
      ここがキーですね。裏面へサインをする、明細書は毎月確認するなど、クレジットカードを管理しないまま使ってしまうと大変なことになります。
      不正利用であれば限度額いっぱい使われてしまう、つまり10万円単位のお金を使われてしまう”かもしれない”、という意識を持つことが大切です。

      クレジットカードというジャンルのサイトを扱っている以上、不正利用やクレジットカードの正しい使い方に関する啓蒙活動は積極的に行っていきたいと考えています。
      今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

*