アメリカ旅行でクレジットカードの便利な使い方を紹介します

アメリカ旅行におけるクレジットカードの使い方

アメリカ旅行へ行くとなると必ず問題になってくるのが、現金です。アメリカの通貨であるドルへ両替する際は手数料が掛かりますので、両替は最小限にとどめたいですよね。

最小限にとどめる手助けをするのが、クレジットカードです。クレジットカード払いであれば、ドルへ両替する必要はありません。

都合の良いことに、アメリカでは日本よりクレジットカードの普及率が高く、ほぼ全ての支払いをクレジットカードで行うことができます。そんな便利なクレジットカードについて、活用するための使い方・注意点をまとめました。

アメリカでクレジットカードが活用できる場所

アメリカでクレジットカードが活用できる場所は日本とそう変わりません。ホテルやスーパーはもちろんのこと、コンビニやスーパーなどでも使用可能です。

ただ、日本ではあまりなじみのない所でもクレジットカードの有効な使い方がありますので、紹介していきます。

ホテルのデポジットに活用

日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカのホテルではデポジットを請求されます。デポジットとは補償金のことで、ホテル側があなたからお金を回収できなかった時のための、一時的な預かり金のことです。

アメリカでクレジットカードが無い場合、デポジットは現金で支払う必要があります。一時的とはいえ、現金を支払う必要が出てしまうのです。

ホテルをチェックアウトする時にデポジット分の現金はあなたの手元に返ってきますが、チェックアウト後に立ち寄る場所なんて限られています。せっかく両替したドルを使えずじまい、なんて事態になってしまいます。

その点、クレジットカードを持っていた場合、デポジットをカードで支払うことが可能です。一時的にデポジットはカードから引き落とされ、後日返金される仕組みです。詳細はこちらの記事にまとめました。

レストランでのチップの支払い

日本でも使えますが、アメリカのレストランでもクレジットカードは活用出来ます。その際、問題になってくるのがチップの払い方。アメリカへの到着直後に小銭なんて持っていないので、チップをどう払ったら良いか、不安に感じてしまうかもしれません。

そんな時にもクレジットカードは便利で、アメリカではチップの支払いもカード払い可能です。

やり方は簡単です。クレジットカード払いを選択した場合に明細書を渡されるのですが、そこにチップの額を書くだけです。すると、お店はクレジットカードからチップも含めて引き落としてくれるのです。

チップについても別記事で詳細にまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。


ATMからの現金引き出し

あまりなじみは無いかもしれませんが、クレジットカードにはキャッシングという機能があります。キャッシングとは、クレジットカードを銀行カードの代わりとして現金を引き出すサービスなのですが、実はアメリカにあるATMで、ドルを引き出すことが可能なのです。

計算してみるとわかるのですが、日本国内で銀行窓口から両替するよりお得です。アメリカへ降り立った最初の空港であれば、必ずクレジットカードのキャッシングが使えるATMはありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードの不正利用には気を付けよう

アメリカにおけるクレジットカードの使い方@不正利用
アメリカは、クレジットカード大国でもありますが、不正利用大国でもあります。そのため、どこでもクレジットカードを使うのではなく、怪しい所ではクレジットカードを使わないなどの対策が必要です。

クレジットカード犯罪は、スキミングといってクレジットカード裏面の黒い部分にある磁気情報を、専用の機器より抜き取られる所からスタートします。これらの機器より磁気情報が抜かれると、クローンカードといってあなたの磁気情報が書かれた本物そっくりのクレジットカードを作られてしまいます。

とにかく怪しい場所では、クレジットカードを使わない気持ちを持つことが大切です。せっかくのアメリカ旅行が台無しになってしまいますから。

クレジットカードを正しく使うために

アメリカでクレジットカードのサインは何を書けば良い?

クレジットカードのサインはアメリカだろうと日本だろうと、クレジットカードの裏面に書かれている署名をそっくりそのまま書いて下さい。

クレジットカード裏面の署名は本人確認のために使用されています。署名欄とサインが同一でない場合、クレジットカードの使用を拒否される可能性もありますので、ご注意下さい。

また、万が一あなたのクレジットカードが不正利用されていたとしても、ショッピング・プロテクションといって不正利用分の損害を補償してくれるサービスが大抵のクレジットカードには付いています。アメリカから帰国した際は本当に不正利用されていないか、明細書をみて確認するようにしましょう

クレジットカードリーダーの使い方を学ぼう

アメリカではクレジットカードリーダーの操作もあなた自身が行う可能性があります。アメリカのクレジットカードリーダーですので、表示される言語は英語です。最低限の言葉は理解するようにしましょう。

一番重要なのが、”PIN”という単語でこれが暗証番号のことです。”PIN?”と表示されたら、暗証番号を入力後、エンターキーを押すようにしましょう。

クレジットカードブランドはVISAかMasterカードを準備しよう

日本で発行されているクレジットカードはVISA、Master、JCB、American Express、Diners Cardがあります。この中でアメリカにて最も普及率の高いブランドが、VISA、Masterです。他の3ブランドは普及率が若干低いです。例えば、American Expressであれば、VISAの2/3程度のお店でしか使えません。

よって、VISAやMasterカードを準備しておくと良いです。ただし、JCBはハワイやグアムなどのアメリカの観光地であれば問題なく使えます

また、JCBはアメリカの国際ブランドであるDiscoverと提携を結んでおり、Discoverカードが使える場所ではJCBカードが使える場所も多いです(アメリカで、DISCOVERはVISAと同等の普及率です)。

ただ、未だDISCOVERカードの使えるお店=JCBの使えるお店、となっていないことから信用度はVISAやMasterから一歩劣る印象です。VISAかMasterカードはアメリカへ行く際は、準備しておくようにしましょう。

まとめ

アメリカにおけるクレジットカードの使い方@まとめ
いかがでしたか。アメリカでクレジットカードを使う上でポイントなる部分・注意するべき点についてまとめました。アメリカへ旅行するとわかりますが、クレジットカードを持っていれば、ほとんど現金を使わずに過ごすことが可能です

アメリカでは日本以上にクレジットカードが便利ですので、ぜひ活用してみて下さいね。

今回は以上になります。

参考記事
クレジットカードを所有していない方向けに、アメリカでオススメのクレジットカードについて、記事を書きました。良かったら、参考にしてみて下さい。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*