バーチャルカードとは - インターネット決済に強いカードです –

バーチャルカードとは安全性を追求している

バーチャルカードをご存知でしょうか。バーチャルカードとは、モノとして発行されないクレジットカードのことです。発行されるのはクレジットカードの番号・有効期限・セキュリティコードのみです。

今回の記事では、特徴・注意点を挙げることでバーチャルカードとはどんなモノなのか、解説していきたいと思います。

バーチャルカードの特徴

バーチャルカード番号の変更は何度でも可能

クレジットカードと異なり、バーチャルカードは実体が無いため番号を簡単に変更できます。例えば、エポスカードのバーチャルカードであれば、毎日一回は番号を変更可能です。

そのため、信用度のあまり高くないサイトではバーチャルカードによる決済を行い、信用度の高いサイトではあなた自身が保有しているクレジットカード番号を使用するなどの使い分けが可能となります。

例えば、ある商品を最安値で購入しようと思うと、Amazonや楽天などのメジャーな通販サイトではなく、名前を聞いたことも無いような会社から購入することになると思います。そうなると気になるのが安全性ですよね。

バーチャルカードで支払うのであれば、商品を受け取り後にバーチャルカードの番号を変更してしまえば、そのお店からクレジットカード番号が流出することは無くなります。

これにより、クレジットカードの不正利用に関するリスクを最小限に留めることが出来るのです。

インターネット決済専用

バーチャルカードは実体としてのカードが無いため、実店舗で使用できません。インターネット決済専用であることを覚えておきましょう。

尚、公共料金もバーチャルカードで支払えそうですが、規約で禁止しています。元々、公共料金をバーチャルカードで決済することは想定していないのです。

公共料金の支払いには、通常のクレジットカードを使用しましょう。

利用限度額は低め

バーチャルカードの利用限度額は10万円以下でしか設定できない所が多く、不意の出費には残念ながら対応できません。

通常の支払いや大手通販会社では、通常のクレジットカードを利用し、あくまでセキュリティ意識の低そうな会社への決済用としてバーチャルカードを使用するようにしましょう。

航空券、チケットの購入

こちらに関しても、注意が必要です。各種チケットなど、インターネットで注文する商品で、受け取り時などにクレジットカードの提示が必要になる取引では利用できません。更に、航空券の購入に関してもバーチャルカードを利用してはいけません。

実は、搭乗時の受付窓口でクレジットカードの提示を求められるケースがあり、バーチャルカードだと対応できないからです。最悪、搭乗拒否されてしまう可能性もありますので、注意して下さい。

JALのホームページを見ましたが、クレジットカードを提示する旨は書かれていません。私自身、飛行機に乗る際に、クレジットカードを提示した記憶がほとんど無かったので、少し調べてみました。

どうも、国際線だとクレジットカードの提示を求めてくる会社があるようです。例えば、中華航空やシンガポール航空、ユナイテッド航空などが該当します。

また、日本のJAL公式ホームページでは、クレジットカードの提示を求める記述はありませんが、アメリカのJAL公式ホームページ上ではクレジットカードの提示は必須だと書かれています。

海外で飛行機に乗れないとせっかくの旅行の計画がパーになってしまいます。バーチャルカードを国際線の航空券購入用として使うのは絶対に止めましょう。また、規約にも書かれていますので、国内線での利用も止めたほうが無難です。

バーチャルカードの注意点

バーチャルカードとは安全性を追求している

バーチャルカードは実体のないクレジットカードのため、実店舗で使うことが出来ません。もっとも、バーチャルカードのの番号を店員さんに言って入力すれば、決済は出来るのでしょうが、スマホ上に表示される怪しい番号を入力したいと思える人はいないでしょう。

これ以外の注意点について、以下記載していきたいと思います。

候補が少ない

バーチャルカードといえるクレジットカードは、エポスカードと三井住友VISAカードしか発行していません。

楽天が出しているバーチャルカードはプリペイド式なので、クレジットカードの分類には入らないかな、ということで除外しています。

この二つを比較してみると、エポスカードの圧勝なんですよね。具体的に見ていきます。

    エポスカード  三井住友VISAカード 
 年会費   無料   316円 
 利用限度額   エポスカードの上限利用額まで   10万円 
 ポイント還元率   0.5%   0.5% 


いかがですか。年会費・利用額の観点からみてもエポスカードのバーチャルカードの方が良いクレジットカードであることがわかって頂けたと思います。

一点、エポスカードのバーチャルカードを取得するにはエポスカードを保有している必要があります。エポスカード自体、年会費無料なため、持っていてあなた自身が損をすることはありません。

バーチャルカードの取得を検討されている方は、エポスカードに申し込んでみては如何でしょうか。



まとめ

バーチャルカードとは安全性を追求している
いかがでしたか。バーチャルカードはクレジットカードという実物が無いゆえに、安全性が高いことが理解できたと思います。

インターネットでの決済では、安全性をいかに確保するかということが課題となってきます。バーチャルカードは一つの答えではないでしょうか。

今回は以上になります。

バーチャルカードと同様に、安全性を求めたサービスとしてAmazon Payがあります。馴染みがあまり無いかもしれませんが、こちらに関してもAmazonの信頼性を担保に安全性を追求しています。こちらの記事にまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*