クレジットカードとデビットカードの違いは?-海外での使用で大きな差が出ます-

クレジットカードとデビットカードの違い

デビットカードをご存知でしょうか。最近だとVISAデビットという商品を上戸彩さんが宣伝していますね。”使う、すぐ、残高見える”というキャッチフレーズが使われていますが、まさにデビットカードの特徴を一言で表しています。

一方、デビットカードの競合としてクレジットカードがあります。クレジットカードとデビットカードの違いって何でしょうか。取得するなら、どちらが良いのでしょうか。

今回は、そんな疑問点を解決できるような記事を作成しました。

クレジットカードとデビットカードの違い

決済時のお金の引き落とされ方

クレジットカード:翌月の指定日に銀行口座より引き落とし
デビットカード:即座に銀行口座より引き落とし

ココの違いが一番の特徴ですね。クレジットカードは一時的にお金を立て替えることになりますので、借金しているんだと表現されます。これを嫌う人がデビットカードを利用しているのだと思います。

デビットカードであれば、決済した時点で即座に銀行口座より引き落とされるので、借金とはなりません。

更に、銀行口座内に現金が無い時は、決済できない仕組みになっています。これにより、限度を超えた買い物をして、後で明細書を見た時に顔が真っ青になる、、、という事態を防ぐことが出来ます。

支払い方

クレジットカード:一括払い・ボーナス払い・分割払い・リボ払いから選択可能
デビットカード:一括払いのみ

クレジットカードは、デビットカードと違い、色々な支払い方が可能ですが、支払い方によっては金利が発生してしまう可能性があります。ちなみに、どの支払い方で金利が発生するかわかりますか。

答えは、リボ払いと支払い回数3回以上の分割払いですね。一括払い・ボーナス払い・2回払いならば金利は発生しません。

こういった知識を身に付けなくても、デビットカードならば金利を支払う事態にはなりません。何せ一括払いだけですからね。ただし、支払い方法に柔軟性が無いため、人によっては使いづらいな、と感じてしまう人もいるようです。(特にボーナス払いをよく利用する方)

支払い限度額

クレジットカード:カード会社が指定の金額
デビットカード:あなた自身が指定した金額

基本的にクレジットカードであれば、支払い限度額を基本的にあなた自身が指定できません。もちろん、増額申請はできますが、それが通るかどうかは別問題です。

一方、デビットカードであれば、あなた自身が好きなように設定できます。面倒な申請が要らない点が優れていますね。

ポイント還元率

クレジットカード:0.5~1.5%
デビットカード:0.5%以下

デビットカードと違い、クレジットカードはポイント還元率が高めです。カードにもよるのですが、レートは概ね上で記載した通りです。現金払いからカード払いに切り替える際に、最も気にする点はあなた自身がどの程度トクするか、だと思います。

この点に関してはクレジットカードに軍配があがりますね。

海外での利用

クレジットカード:低い手数料で商品を購入可能・デポジットとして使える
デビットカード:高い手数料が掛かる・デポジットとして使えない所もある

海外での利用を考えると、クレジットカードに軍配が上がります。

楽天銀行のデビットカードの場合、海外で商品を購入するのに手数料が4.6~5.0%程度掛かってしまいます。通常のクレジットカードですと、1.6~2.0%ですので随分な差です。

更に、アメリカ等の海外でホテルへ宿泊する際はデポジットを請求されます。デポジットは事前預り金のことで、クレジットカードを保有している場合は、一時的にカード会社へ請求が行くだけです。

デビットカードの場合は、ホテルによっては、デポジットとして使えない所さえあります。すると、デポジットは現金で支払う必要が出てきてしまいます。通常は宿泊代金1泊分、要求されます。現金を持っていない場合は最悪、宿泊拒否されてしまうケースもあります。

海外で利用することを想定するなら、デビットカードではなく、クレジットカードを保有するべきです。

ホテルのデポジットについてはこちらの記事にまとめました。

保有率

クレジットカード:85%の日本人が保有
デビットカード:15%の日本人が保有

上で色々挙げましたが、安心安全よりも、海外に強く、ポイント還元率の高いクレジットカードに皆走っていっていることが見て取れます。ココには書けませんでしたが、CMの数も全然違うのではないかと思います。

あなた自身の感覚ともあっているのではないでしょうか。

デビットカードの将来

キャッシュアウトが実現する

キャッシュアウトをご存知でしょうか。キャッシュアウトとは、お店のレジから現金を引き出せるようになるサービスのことです。

欧米では一般的で”キャッシュバック”という名前で呼ばれています。お店でいくらキャッシュアウトしたいか、伝えるだけで現金を引き出せます。このようなサービスがあることから、欧米ではデビットカードは人気のあるカードです。

日本でも法律が改正され、今年中にみずほ銀行がサービスを開始しようと準備しているようです。今後の動向に注目したいですね。

メルカリでも一時期、現金の売買が行われているニュースが流れていました。メルカリの場合、お金を一切持っていなくても、クレジットカード払いとすることで現金を入手できてしまいます。

一方、キャッシュアウトの場合はあなたの銀行口座内に現金がないとお金を引き出せません。ココがポイントでキャッシュアウトを行う分には、あなた自身が借金をする訳ではないのです。

このため、法律でも認められる流れになってきています。

まとめ

クレジットカードとデビットカードの違い@まとめ
いかがでしたか。クレジットカードとデビットカードの違いについてまとめました。現状では、デビットカードが普及しているとはいい難い状況です。

キャッシュアウト自体はデビットカードを普及させる上で、結構良いサービスだと思います。今後、普及させられるかどうかは、キャッシュアウトの利便性に掛かっていますね。

今回は以上になります。

参考までにクレジットカードの仕組みについてこちらの記事にまとめました。良かったら、こちらの記事も読んで頂けるとさいわいです。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*