楽天カードで家計簿が簡単に付けられる!徹底解説いたします

楽天カードの家計簿

楽天カードは、クレジットカードとしての機能だけでなく、家計簿をある程度自動で付けてくれるサービスも展開しています。

この機能を利用することで、手書きやエクセル上で家計簿を管理するより、遥かに楽でスピーディーに付けられます。今回は、そんな便利な楽天カードの家計簿機能について、まとめました。

楽天カードの家計簿機能で出来ること

楽天カードで利用した分は自動的に記入される

クレジットカードを家計簿代わりとして利用する上で最も便利なのがこちらの機能ではないでしょうか。楽天カードを利用した分は、自動的に家計簿へ情報が載ります。

通常の家計簿であれば、手書きなりエクセルなり、手動で入力する必要があります。その点、楽天カードの家計簿アプリは楽で助かりますね。

更に、日付まで入力されるため、月末にお金を使う方なのか、月初めにお金を使う方なのかなど、あなたのお金の使い方を自分自身で分析できてしまいます。

心理的にはナーバスになってしまうかもしれませんが、家計簿を付ける上では避けて通れない道ですね。

目標利用額を設定可能

本来、節約目的で家計簿を付ける以上、あなた自身の目標利用額があるはずです。

楽天カードでも、目標利用額がきちんと設定できます。何と予算という名前で設定できるのです。

予算を超えて楽天カードが使えなくなるということは全くありませんが、残金がマイナスで表示されます。

こういった心理的なプレッシャーがないと、中々節約はできないと思います。是非、達成できるか出来ないかのギリギリの予算設定をするようにしましょうね。

費目の設定が可能

通常の家計簿でも食費・通信費など費目別に値段を書き込むと思いますが、楽天カードでも同様のことが可能です。デフォルトで以下の15個もの費目を設定可能です。

・食費
・外食
・日用品
・交通費
・交際費
・娯楽
・住まい
・医療
・ファッション
・美容
・学習
・保険
・水道・光熱
・通信
・旅行

万が一、これらに当てはまらない費目が発生した場合は追加のカテゴリーも設定可能です。

費目を設定することで、一体どこの費目でお金を使っているのか一目瞭然となります。是非、活用したいサービスですね。

楽天カード以外の支払いも追加入力が可能

普段の買い物でもクレジットカード払いが出来ないお店は多々あるかと思います。そんな時でも楽天カードの家計簿機能なら、あなたの手で追加の入力の費用を入力することが可能です。

これにより、楽天カードの家計簿機能で、あなたの家庭の家計を全部みることが出来るのです。

楽天カードアプリからも利用可能

楽天カードでは、webブラウザ上だけでなく、アプリからも家計簿機能を使うことが出来ます。

楽天カードアプリという名前なのですが、利用明細の隣のタブに家計簿の項目が来ています。それだけ、使って欲しい機能なのだと思います。

アプリではこのような画面が表示されます。

楽天カードの家計簿機能@アプリ画面

あなたが楽天カードで支払いたい予算・実際の使用額をわかりやすく図示してくれています。

これを見ていれば、今月はお金を使いすぎているな、ということがすぐにわかりますよね。普段持ち歩いているのはスマホだと思うので、web版だけでなくアプリ版も併用してみてはどうでしょうか。

家計簿機能を利用するメリット

楽天カードの家計簿@メリット

不正利用されても、必ず気付ける

クレジットカードは不正利用と切っても切れない関係です。楽天カードも例外ではありませんが、盗難保険が適用できますので、申告さえすればお金の面であなたが損することはありません。

ただ、家計簿機能を使いさえすれば、不正利用を見逃すリスクを大幅に減らすことが可能です。家計簿を付ける上で、必ず一個一個の支払いをチェックしていくことになりますよね。不正利用されたとしても、すぐに気付くことができるのです。

この家計簿管理以外にも楽天カードでは、不正利用に関して様々な対策を行っています。こちらの記事にまとめました。

家計簿機能の利用上の注意点

電子マネー利用分は自動で記入されない

電子マネー、例えばnanancoへのチャージ用として楽天カードを利用している方もいるかもしれません。

ただ、家計簿上で自動取得されるのは電子マネーへのチャージ額のみであり、どこのお店で、いくら電子マネーを使ったか、は読み込まれません。

残念ながら、あなた自身の手で入力していくしかありません。

複数のクレジットカードを利用している人には不向き

楽天カードをメインカードとして利用している方なら問題ないのですが、別のクレジットカードの明細をそのまま楽天カード上へ入力することが出来ません。

インポート機能はあっても良い気もしますが、楽天カードの家計簿機能では、残念ながら未対応です。今後の改善に期待したいですが、現状では他のクレジットカードの明細を元に、あなた自身の手で入力する必要があります。

これらのデメリットを楽天カードの家計簿機能で克服することは出来ません。別のサービスであるマネーフォーワードを利用すれば、上記のデメリットを克服できます。

中々、便利ですので、楽天カードの家計簿機能では不十分だと感じたなら、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

原則、一括払いで支払う

家計簿代わりとして楽天カードを使用している以上、クレジットカードへの請求額実際に支払う額が一致していないと収支管理ができなくなってしまいます。

分割払いやボーナス払い・リボ払いを利用してしまうと、収支管理がやりづらくなってしまうばかりか、手数料による出費が増えてしまいます。楽天カードに限らないのですが、クレジットカードは一括払いで済ませるようにしましょう。

まとめ

楽天カードの家計簿@まとめ
いかがでしたか。楽天カードの家計簿機能について紹介しました。家計簿というと、ついつい手書きで書いていって最後は挫折してしまいそうですが、これらの機能を駆使すればそこまで大きな手間とはならないですよね。

是非、利用して家計を改善していきましょう。

今回は以上になります。

また、参考までに楽天カードでポイントを貯めた上で、上手く使う方法について、以下の記事にまとめました。良かったら参考にしてみて下さい。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*