エポスVISAプリペイドカードって本当に作って良いの?

エポスVISAプリペイドカードは作るべき

エポスVISAプリペイドカードは、エポスカードを持っている人限定で使えるプリペイド式のクレジットカードです。エポスカードの会員サイトを見ると、すぐに作れることはわかっても本当に作って良いのか、イマイチわかりづらいですよね。

そこで、今回の記事では、エポスVISAプリペイドカードを本当に作ってよいものなのか、メリット・デメリット含めてまとめました。これらを通じて、本当にエポスVISAプリペイドカードを作って良いものなのか、解説していきます。

エポスVISAプリペイドカードの特徴

年会費無料で作れる

エポスVISAプリペイドカードを作った所で、発生する手数料はありません。更に、年会費も無料です。作るだけで損することはありません。

ただし、デザインカードのうち、著作権がからむカード(銀塊など)に関してはエポスVISAプリペイドカードの作成手数料として500円掛かるのでご注意下さい。デザインに対してこだわりが無ければ、無料と捉えても問題ありません。

基本的には有料のデザインの方が少ないくらいです。ただ、あなたの気に入ったカードが無料なことは、一応確認するようにして下さいね。

ポイントはキャッシュバックされる

通常のプリペイドカードは、使えば使っただけポイントが貯まるものが多いのですが、エポスVISAプリペイドカードでは、ポイントが貯まるのではなく、ポイントがキャッシュバックされる仕組みとなっています。

他のプリペイドカードだと、ポイントは貯まるのですが、使う所まで含めて考える必要があります。エポスVISAプリペイドカードでは、ただ、使うだけでキャッシュバックされる分、お手軽な仕組みとなっています。

最大10万円までチャージ可能

こちらも便利な特徴の一つです。エポスVISAプリペイドカードでは、最大10万円までチャージ可能です。10万円あれば、大抵のものは買えますよね。様々な用途にも使えるのが、特徴です。

こちらに他のプリペイドカードのチャージ可能額について、まとめました。10万円チャージ可能というのは、そこそこ高額な部類に入ります。

楽天バーチャルプリペイドカード・・・3万円まで
webマネー・・・3万円まで
三井住友VISAプリペイド・・・5万円まで
オリコプリペイドカード・・5万円まで
auウォレット・・・10万円まで
dカード プリペイド・・・10万円まで

ただ、10万円フルにチャージし続けていても、日常的に10万円も使う場面は限られると思います。普段は1~3万円程度のチャージに抑えた上で、高額な買い物をしたい時に一気にチャージするのが、賢い使い方でしょう。

選べるデザイン

エポスVISAプリペイドカード@デザイン
エポスVISAプリペイドカードでは、一種類のデザインだけでなく、様々なデザインを準備しています。何と70点以上のデザインの中から好きなものを選択できます。

プリペイドカードに限らず、クレジットカードやポイントカードのデザインは基本的に選べないですよね。どんなにお得だとわかっていても、ダサい・カワいくないデザインだと作る気が無くなってしまいますよね。

デザインを選べるのもエポスVISAプリペイドカードの特徴の一つとなっています。

使用可能な店舗が多い

エポスVISAプリペイドカードのブランドはVISAとなっています。VISAは世界最大のクレジットカードブランドであり、世界中の200カ国以上で使うことが可能です。町外れの小さなお店を除けば、VISAは全てのお店で使えると思っても差し支えないと思っています。

オートチャージも可能

エポスVISAプリペイドカードでは、オートチャージに対応しています。エポスカードの会員メニューより簡単に行うことが可能です。普段から、エポスカードの会員サイトへアクセスする人は少数派だと思います。チャージする手間が省けるのは大きなメリットですね。

尚、海外へ行く際などは、オートチャージ設定をオフにした方が良いです。不正利用のリスクが高まりますからね。

一括払いしか選択できない

何と分割払いに対応しておらず、一括払いのみでしか支払うことができません。分割払いは手数料が掛かりますので、できれば使いたくない所。手数料の発生しない所が、エポスVISAプリペイドカードの特徴となっています。

分割払いなら買えるけど、、、なんていうあなたの誘惑心を断ち切ってくれます。アンチ・無駄遣いの精神をあなたに埋め込んでくれる、素敵なカード仕様となっています。

セキュリティ性が高い

エポスVISAプリペイドカードでは、チャージした額しか使うことが出来ません。万が一、悪意の第三者の手に渡ったとしても、チャージした額しか不正利用されることはありません。これにより、不正利用される額を最小限に抑えることが可能となります。

クレジットカードは、一旦不正利用されてしまうと、高額請求があなたへ来てしまう可能性が非常に高いです。エポスVISAプリペイドカードなどを利用して、少しでも不正利用のリスクを低減したい所ですね。

海外利用に強い

セキュリティにも関連しますが、エポスVISAプリペイドカードは、セキュリティ性が高いです。このセキュリティ性の高さを最大限、生かせるのが海外です。海外では、クレジットカードの不正利用に関するリスクは高く、気を付ける必要があります。

エポスVISAプリペイドカードであれば、チャージした額しか不正利用されませんので、セキュリティ性が非常に高いといえます。また、チャージもwifiがつながる環境であれば、海外でも自由自在にチャージ可能です。万が一、チャージした額を使い切りそうになっても、すぐにインターネット経由でチャージできるので、安心です。

実際、昨今では海外の方が日本よりもwifi環境が充実している、、なんて話もあるくらいです。私も、wifiがつながらないホテルに泊まったことが無いくらいです。あなたの泊まろうとしてるホテルがどうなのか、確認する必要はありますが、チャージも自由に出来て、かつセキュリティ性も高い仕様となっています。

エポスVISAプリペイドカードのデメリット

公共料金の支払いができない

最大のデメリットは、公共料金の支払いに使えないことです。公共料金というと、クレジットカードが一番有効活用できる支払いの一つです。エポスVISAプリペイドカードは、チャージされていないと支払いができません。

実際、技術的には何ら問題はないと思います。ただ、公共料金のような定期的な支払いにプリペイドカードを使われてしまうと、チャージされていないがゆえに、支払い出来なかったりしてしまう可能性も出てきてしまいます。最悪、電気ガス水道などが止められてしまう事態になりかねません。

それゆえ、エポスVISAプリペイドカード払いできないように設定されているのだと思います。公共料金の支払いは、エポスカードを使用するようにしましょう。

10万円以上の支払いに利用できない

エポスVISAプリペイドカードでは、チャージ上限が10万円のため、10万円以上の支払いには利用できません。パソコンや家具など10万円以上掛かるものはそこそこありますが、これらの買い物をエポスVISAプリペイドカード払いすることは出来ません。

ただ、だから困るという訳ではなく、単にエポスカードを利用すれば良いだけです。エポスカードとエポスVISAプリペイドカードは上手く使い分けるようにして下さいね。

Q&A

エポスVISAプリペイドカードは作るべき@QA

ポイントの二重取りは可能か

エポスカードでエポスVISAプリペイドカードにチャージする際、ポイントが付与されないか、期待しますよね。エポスVISAプリペイドカードのキャッシュバック分とあわせればポイントの二重取りが可能となりますし。

これに関しては、残念ながらポイントの二重取りは不可です。エポスカードでエポスVISAプリペイドカードへチャージする際はポイントが付与されません。さすがに、ここまでうまい話はありませんね。

エポスVISAプリペイドカードは本当に作った方が良いのか

エポスVISAプリペイドカードのここまでの説明を読んで、”エポスカードで十分では?”と思われた方も多いかもしれません。インターネット通販やマルイを頻繁に利用している人は別として、それ以外の方はほぼ必須のアイテムだと思って間違いありません。

なぜならば、エポスカードで貯まったポイントの使い道として、一番お手軽なためです。エポスカードで貯まったポイントは意外と使い道が無いのです。こちらにエポスカードのポイントの使い道を全て書き出しました。

エポスVISAプリペイドカードへチャージ
マルイでのショッピング割引
ネット通販利用分をポイントで割引
商品やギフト券に交換
他社ポイントへ移行
グッズと交換
支援団体へ寄付

マルイやネット通販を頻繁に利用する人なら問題ないのですが、それ以外でポイントを使おうと思うと、商品券などへの交換となってしまいます。商品券だと使える場所というのが限られてしまいます。その点、エポスVISAプリペイドカードなら、VISAが使える場所なら使うことが出来ますので、使える範囲が全然広いです。

せっかく貯めたポイントですので、是非積極的に使っていきましょう。

まとめ

エポスVISAプリペイドカードは作るべき@まとめ

いかがでしたか。エポスVISAプリペイドカードは本当に作って良いものなのか、解説していきました。

基本的にエポスカードを作成する以上、必須だと思って下さい。エポスカードの場合は、ポイントの使い道が限られてきます。エポスVISAプリペイドカードへのチャージ用としてポイントを活用すれば、VISAが使えるお店でポイントを使うことが出来ます。

また、作ったからと言って、大きなデメリットが発生する訳ではありません。むしろ、ポイントをキャッシュバックで還元してくれる分、エポスVISAプリペイドカードの方がエポスカードより有用なくらいです。

是非、エポスVISAプリペイドカードを作ってみて下さいね。

今回は以上となります。

参考までに、エポスバーチャルカードについて紹介します。エポスVISAプリペイドカード同様、エポスカードの会員サイトより作ることが可能で、こちらに関してもセキュリティ性を意識したカードです。こちらもタダで作れますので、良かったら参考にしてみて下さい。

エポスVISAプリペイドカードを作るにはエポスカードを作る必要があります。以下のリンクより作成可能です。



SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*