リボ払い専用カードはデメリットだらけ!作成厳禁です

リボ払い専用カード

クレジットカードには一般カードやゴールドカード以外に、リボ払い専用カードが存在します。このリボ払い専用カードですが、一括引き落としではなく、強制的にリボ払いを選択しなければなりません。

ただ、リボ払い専用カードには、大きなワナがあります。それは、リボ払いを選択しているがゆえに手数料が発生してしまう点です。最悪、手数料を支払うためにクレジットカードを持っている事態になりかねません。

そこで、今回の記事では、そんなリボ払い専用カードについて解説していきます。この記事を読んだなら、絶対にリボ払い専用カードは作らないで下さいね。

リボ払い専用カードのデメリット

手数料が掛かる

リボ払い専用カードでは、リボ払いを選択しなければなりません。その場合、どうしても手数料を支払わなければなりません。特にリボ払いの手数料は、非常に高額で、年率15%近く掛かります。

銀行からお金を借りる場合でも、せいぜい3%程度しか手数料は発生しません。これに対して、リボ払い専用カードでは5倍近く手数料を支払う必要があるのです。

クレジットカードは、基本的に手数料は発生しません。手数料にあなたのお金を消費してしまうのは、無駄以外の何者でもありませんので、是非気を付けて下さい。

月々の支払いが少ないために、支払い残高が膨らみがち

リボ払い専用カードの場合、毎月支払うべき金額を設定する必要があります。それを上回る利用があった場合は、翌月以降に持ち越されます。ひと月分、持ち越すだけなら良いのですが、その翌月・翌々月と持ち越してしまうと、支払い残高がふくれ上がってきます。

最終的には、数十万単位の支払い残高が発生してしまいます。しかも、これは後々カード会社へ返済する必要があるのです!数十万までいくと、支払いをギブアップしてしまう方もいるのではないでしょうか。

リボ払い専用カードの良くない特徴の一つです。

支払い残高が膨らみすぎてカードを利用できなくなる可能性も

支払い残高が膨らみ続けるとどうなるか。最終的には、リボ払い専用カードは使えなくなります。基本的に、リボ払い専用カードの利用限度額を上回る支払い残高を発生させることは出来ません。

よって、どこかで限界が来てしまいます。あなたは何も悪いことをしていないはずなのに、カードの利用を停止されてしまうのです。こんなバカバカしい話はないですよね。

以上、リボ払い専用カードを作ってはいけない理由について説明しました。

リボ払い専用カードのメリット

ポイント還元率は高い

リボ払い専用カードですが、ポイント還元率の良いカードは多いです。例えば、P-one FLEXYでは還元率が1.6%相当獲得できます。また、総じて1.5%分のポイント還元率を獲得できるリボ払い専用カードが多いのも特徴の一つです。

ポイントという観点で見ればリボ払い専用カードはオイシイのですが、いかんせん手数料が非常に高いです。

先ほども述べましたが、年率15%程度の手数料を取られてしまいますので、ポイントで得することは不可能です。

ポイントが貯まっても手数料を取られていてはあなた自身、全くお得になりません。

私たちはどうしたら良いのか

リボ払い専用カード@私たちは

リボ払い専用カードは作らないようにしよう

ポイント還元率が高くても手数料が高ければ全く意味がありません。最悪、カードが使えなくなる可能性がある点を考えても、リボ払い専用カードを作る価値はありません。

普通のクレジットカード(楽天カードやエポスカードなど)を、作るようにしましょう。

明細書に必ず目を通そう

リボ払い専用カードを万が一間違えて作成したとしても、明細書を読めばあなたがリボ払いをしているかどうか、わかります。あなた自身がクレジットカードの支払いに利用した金額よりも、請求額が小さかったら要注意です。

リボ払いを選択してしまったか、誤ってリボ払い専用カードを選択してしまったかの可能性が高いです。よく、クレジットカードのホームページを見るようにしましょう。リボ払い専用カードかどうかは、ホームページを見れば、きちんと書いてあります。

こういった意味でも明細をきちんと確認することは重要です。明細書の重要性に関しては、こちらの記事にまとめました。

一括払い以外の支払い方には疑いの目を

リボ払いというと、あまり良くない印象を持っている人が多いので、リボ払い専用カードを発行している会社は”リボ払い”という単語を使わないケースが多くなってきています。

具体例をこちらにまとめました。

三井住友カード・・・マイ・ペイすリボ
ジャックスカード・・・Jリボサービス
P-one Wiz ・・・支払い自由型

リボ払いという単語をうまいこと隠そうとして、私たちにリボ払い専用カードを作らせようとしています。リボという文字が、何らかの形で入っていた場合には注意する必要があります。また、支払い自由型というあいまいな表現にも注意が必要ですね。

クレジットカードは原則的に支払い自由ではなく、ある決められた日に、請求額を全額、銀行から引き落とされるのがあるべき姿です。”支払い自由形”のような怪しげな表現には疑いの目を向けるべきでしょう。

個人的にはリボ払い専用カードがまずいというより、一括で支払い可能な設定金額を自由に設定できない所に大きな問題があると思っています。大抵のケースでは毎月5万円以上の支払いを出来ません(電話すればできますが、毎回電話するのも面倒ですよね)。

特に、三井住友カードのリボ払い専用カードはたったの1万円しか支払えないシステムです。クレジットカードの支払いが毎月1万円以下の人なんて、カードをきちんと使いこなしている人なら、あまり居ないのではないでしょうか。

ということは、クレジットカードについてよく知らない人向けにリボ払い専用カードなんて作ったのかなー、と私は勘ぐってしまいます。情報弱者からお金を巻き上げるのは個人的にオカシイと思っています。リボ払い専用カードなんて止めてしまえ、と思うのは私だけではないはずです。

あなたは最初から間違えてリボ払い専用カードなんて作らないようにして下さいね。

まとめ

リボ払い専用カード@まとめ
いかがでしたか。リボ払い専用カードを絶対に作ってはいけないことについて、まとめました。

リボ払い専用カードを作ってはいけないと認識していても、誤って作ってしまうケースもあります。そんなケースを防ぐためにも明細書には必ず目を通して、おかしな点がないか、入念にチェックして下さいね。

今回は以上になります。

参考までに、リボ払い専用カードではない、オススメのクレジットカードに関してこちらの記事にまとめてあります。良かったら参考にしてみて下さい。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*