エポスゴールドカードはラウンジも利用可能な最強のクレカです

エポスゴールドカードのラウンジ

エポスゴールドカードをご存知でしょうか。エポスゴールドカードとは、ゴールドカードの一つで様々な特典が付与されています。

実際の所、エポスゴールドカードは全クレジットカードの中でも最もお得な中の一つです。今回の記事ではエポスゴールドカードの特徴を述べた上で、一体どんなクレジットカードなのか、解説していきます。

基本スペック

 年会費   5000円 
 ETCカード   無料 
 ポイント還元率   0.5% 
 ブランド   VISAのみ 
 旅行傷害保険   国内・海外共にあり 


年会費について

年会費については、入会初年度に関しては5000円掛かりますが、翌年以降は前年の利用額が50万円を超えたならば、以降はずーっと年会費無料で使うことが出来ます。

更に、エポスカードからインビテーションを受け取り、エポスゴールドカードを取得した方に関しても年会費がずーっと無料になります。ゴールドカードは基本的に年会費は有料です。それを、条件付きとはいえ、無料で使えるのは非常にありがたい話です。

ブランド

エポスゴールドカードでは、VISAブランドのみの選択となります。実際の所、VISAブランドさえ使えれば、全世界中でクレジットカードを利用できます。

VISAブランドはMasterCardを抑え、世界一位のクレジットカードブランです。その決済額は全世界で100兆円にも達しており、それだけ普及しているのです。クレジットカードはまずは使えることが第一です。VISAブランドしか選択できないことはデメリットでも何でも無いのです。

旅行・傷害保険

エポスカードの一般カードと比べると補償金額が増額されています。こちらの表にまとめました。特に海外では万が一病気に掛かってしまった場合、保険が効かないので治療費が高額になりがちです。そんな場合に備える意味でも、クレジットカードの保険は重要なセーフティーネットです。

エポスゴールドカード エポスカード
傷害死亡・後遺傷害 1000万円 500万円
傷害治療費用 300万円 200万円
疾病治療費用 300万円 270万円
賠償責任 2000万円 2000万円
救援者費用 100万円 100万円
携行品損害 20万円 20万円

エポスゴールドカードの特徴

ラウンジを利用可能

エポスゴールドカードを取得している場合、以下のラウンジを無料で利用することが出来ます。

・羽田空港
・成田国際空港
・新千歳空港
・函館空港
・仙台空港
・小松空港
・中部国際空港
・伊丹空港
・関西国際空港
・神戸空港
・広島空港
・松山空港
・福岡空港
・北九州空港
・長崎空港
・熊本空港
・大分空港
・鹿児島空港
・那覇空港
・ホノルル空港
・仁川空港(韓国)

飛行機に搭乗するとなると、どうしても飛行場へ1時間~2時間前に着いていない不安ですよね。ただ、実際にそんな前に行っても、大抵はそこまで時間が掛からないので、空港で時間が余ってしまいます。

そんな時にラウンジでゆったりくつろぐことが出来れば、待ち時間を快適に過ごすことが出来ますよね。ラウンジではあなたが快適に過ごせるよう、飲み物も無料ですし、新聞や雑誌を読むことが可能です。

エポスゴールドカードを取得したなら、ラウンジは活用したいサービスの一つです。

国際線クロークを割引料金で利用可能

クロークとは手荷物一時預かりサービスのことです。日本が寒い季節に暖かいハワイやグアム・シンガポールなどへ出掛ける際、コートが邪魔になりますよね。

そんな時に空港では、防寒着などを預かってくれるサービスを展開しているのですが、エポスゴールドカードを保有している場合、通常料金よりも15%オフで預かってくれるのです。

国際線での出張や旅行となるとだたでさえ荷物がかさばっているのに、コートなんて外国へ持っていきたくないですよね。そんな時に国際線クロークを割安に利用できるのは有り難いですね。

ちなみに、コートなどの小物であれば、通常料金は一日310円です。この15%OFFの値段で実際には預かってくれます。

空港までの荷物の宅配も割引料金で利用可能

荷物とはスーツケースなどのことですね。空港まで荷物を運ぶのは結構大変ですよね。そんな時でもエポスゴールドカードがあれば、荷物の宅配も15%オフで割安料金で運んでくれるようになります。

スーツケースの宅配は一個2800円掛かりますが、15%オフされれば、利用したくなるのでは?・・・ごめんなさい、ならないかもしれませんが、特典の一つとして覚えておいて損しないでしょう。

ポイントの有効期限が無期限となる

エポスカードのポイントの有効期限は2年ですが、エポスゴールドカードに関しては有効期限がありません。

クレジットカードのポイントは、毎月の獲得ポイントが大きくないため、ついつい忘れがちです。有効期限が無期限となり、ポイントの使い忘れが無くなる点はありがたいですね。

選べるポイントアップショップ登録でポイント3倍

これが一番、メリットの大きいサービスではないでしょうか。エポスカードのゴールドカードを取得した場合、特定の3社分の支払いに限り、ポイントを3倍で支払い可能となります。

エポスカードのポイント還元率は0.5%ですので、3倍された場合、還元率は1.5%にも達します。

中々、お得ですよね。ちなみに、3倍ポイントが付くよう指定しているサイトのランキングは以下のようになります。

1位:東京電力
2位:ユニクロ
3位:東京ガス
4位:JR東日本
5位:イオン

どれも日常的に使う場所ばかりですね。東京電力などは日常的にお金を支払う必要がありますので、このポイントが1.5%も付与されるのは非常にお得ですよね。

これらを参考に、あなた自身の支払い状況に応じた3社を指定してみては良いのではないかと思います。

ボーナスポイントも付与される

エポスゴールドカードに関しては、利用金額に応じてボーナスポイントを付与してくれます。具体的には年間利用額が50万円以上なら2500ポイント、100万円以上の利用ならば、1万ポイント付与されます。

年間100万円ぴったり利用した場合、ボーナスポイントと通常のポイント還元率と合わせ、1.5%の還元率を誇るクレジットカードとなります。

ゴールドカードなのに他のどのクレジットカードよりも、お得に活用できるのです。

エポスゴールドカードのデメリット

エポスゴールドカードのラウンジ@デメリット
一度、年会費無料になりさえすれば、デメリットらしいデメリットは無いです。ただ、年会費無料になるための条件が人によっては厳しいかもしれません。年間50万円分もクレジットカードを使えと言われても困ってしまうのではないでしょうか。

こちらの記事にクレジットカードの使い道についてまとめましたので、50万円達成できそうもない、、という方は是非参考にしてみて下さい。

また、ゴールドカードですので、当然審査は厳しくなります。クレジットカードの延滞歴のある方などは、まず作れないと思って下さい。作るためのハードルが高いのがエポスゴールドカードの特徴ですね。

エポスカードとゴールドカード、最初に作るならどっちが良いの?

エポスゴールドカードに関しては、直接申し込むことも可能ですが、エポスカードを利用し続けることでエポスゴールドカードを作ることが可能になるインビテーションを受け取れれば作成可能です。では、直接申し込むのとインビテーションを受け取るの、どちらが良いかと言われれば、断然エポスカードを作ってインビテーションを受け取ったほうが良いです。

確かに、エポスゴールドカードの方が特典も良いのですが、入会時にポイントが付与されるわけではありません。一方、エポスカードに関しては、入会時にポイントを獲得できます。それも相当な量を・・・。こちらの広告をみて頂ければ分かるかと思います。



凄い量のポイントですよね。エポスゴールドカードを申し込んでしまうと、この特典を得ることが出来ません。しかも、エポスカードをきちんと使い続けていれば、比較的かんたんにゴールドカードへランクアップ可能です。

すぐにラウンジを使いたい、、などの要望が無ければ、エポスカードを申し込むようにしましょう。

まとめ

エポスゴールドカードのラウンジ@まとめ
いかがでしたか。エポスゴールドカードについて紹介しました。ラウンジの利用以外にも、ポイント還元率の高さなど大変優秀なクレジットカードです。みなさんも、是非取得を検討してみてはいかがでしょうか。

今回は以上になります。

参考までに、エポスゴールドカードを取得する手段として最もオススメなインビテーションについて解説した記事を紹介します。インビテーションというとそう簡単に受け取れないかな、と不安になりがちですが、そんなことは全くありません。是非、参考にしてみて下さい。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*