マジカルクラブTカードJCBの使いこなし方に関して解説しました

マジカルクラブTカードJCB

マジカルクラブTカードJCBをご存知でしょうか。ファッション通販を運営しているニッセンが発行しているクレジットカードですが、気になるのはどのように使いこなせば良いのか、また本当にお得なクレジットカードなのか、ですよね。

そこで今回の記事では、マジカルクラブTカードJCBの使いこなし方について解説します。

基本スペック

項目
年会費 無料
ブランド JCB
ポイント還元率 0.5%
ニッセン利用時
の還元率
最大2.5%

年会費

マジカルクラブTカードJCBに関しては、初年度も翌年度以降も年会費無料で利用することが可能です。クレジットカードによっては、2年目以降に年会費が発生するケースがあります。

マジカルクラブTカードJCBでは、ずっと年会費無料で利用できる点が大きなメリットです。これにより、あなた自身がクレジットカードを保有していて損をすることは一切ありません。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.5%と一般のクレジットカード並ですが、一ヶ月に3万円以上利用した場合、ボーナスポイントが0.5%追加で加算され、合計1.0%のポイント還元率となります。

中々、お得ですね。更に、マジカルクラブTカードJCBではTポイントが貯まるシステムとなっています。Tポイントであれば、ファミリーマートやツタヤなど全国の店舗で使うことが可能です。

他のクレジットカードだと独自のポイントが貯まるため、わざわざクレジットカードの管理サイトより、ポイントの利用申請などをしなければなりません。ポイントを使いやすいのも、マジカルクラブTカードJCBの特徴となっています。

ブランドはJCBのみ

クレジットカードにはVISAやMasterCardブランドなども存在しますが、マジカルクラブTカードJCBではブランドはJCBのみの選択となります。

JCBは日本発のブランドなため、ある種の安心感はありますね。VISAやMasterCardは海外に強いという評判ですが、JCBも海外の他のブランドと提携を結ぶことで独自のネットワークを築いています(DISCOVERや銀聯カードなど)。

JCBブランドだから困るケースはそこまで多くないと思います。


マジカルクラブTカードJCBのお得な使い方

ニッセンで利用する

マジカルクラブTカードJCB@ニッセン

ニッセンにてマジカルクラブTカードJCBを利用した場合、一ヶ月2万円以上の利用により、翌々月のポイント還元率が5倍の2.5%まで引き上げられます。

更に、Tポイントモールを経由し、月3万円以上利用している場合、ポイント還元率は合計で4.5%分も獲得することが可能です。

ニッセンでは、男女・子供の衣料品の他、インテリアや雑貨、美容・健康用品を販売しています。例えば、子供の服やあなた自身の服・健康用品を頻繁に購入するのであれば、狙ってみたいサービスですね。

Tポイントカードとして利用する

マジカルクラブTカードJCBカード@Tポイント提携先
マジカルクラブTカードJCBの名前の中にTポイントという名前が含まれている点からもわかるように、Tポイントカードとして使うことも可能です。Tポイントは全国のお店で貯めたり使ったりすることが可能です。

具体的には、以下のお店で貯めることが可能です。

・TSUTAYA
・WonderGOO
・Ameba
・カメラのキタムラ
・スポーツデポ
・アルペン
・ファミリーマート
・サークルKサンクス
・スリーエフ
・ウェルシア
・LOHACO
・眼鏡市場

公式ホームページによると、Tポイントが使えるお店の数はなんと68万店舗以上もあります。更につい先日、サークルKサンクスでもTポイントを貯めることが出来るようになりました。

貯めたTポイントをこれだけの数のお店で使えるのは大きなメリットですね。

Tポイントの有効期限は気にしなくて良い

Tポイントの有効期限は最終利用日(貯める、使う、交換する)から1年間と規定されています。Tポイントは全国の様々なお店で貯めたり使ったり出来ます。一度でもマジカルクラブTカードJCBを提示すればポイントを貯めることが可能ですので、Tポイントの有効期限が伸びます。

このようなことを繰り返していけば、実質ポイントの有効期限は無制限として使うことが可能です。他のクレジットカードでは、有効期限1年で失効するものさえあります。マジカルクラブTカードJCBの優れた特徴の一つです。

紙の明細書を無料で郵送

5~6年前と異なり、環境のためとか色んな言い訳を付けて、紙で明細書を無料で郵送してくれるクレジットカードは随分減少している印象です。ただ、紙で明細書を送ってくれた方が、クレジットカードが不正利用されていないか、確認する意味でも有り難いサービスなのです。

ただ、マジカルクラブTカードJCBでは、紙で明細書を郵送してくれるサービスを無料で提供してくれています。紙で郵送する以上、郵便料金が掛かるはずなのですが、それをマジカルクラブTカードJCB側で負担してくれているのです。

紙で明細書が郵送した方が良い理由に関しては、こちらの記事にまとめました。

マジカルクラブTカードJCBのデメリット

ETCカードが無い

クレジットカードによっては、ETCカードを無料で作成可能なものもありますが、マジカルクラブTカードJCBではそもそもETCカードを作成することが出来ません。

ETCカードを作りたい、、という人には向かないクレジットカードとなっています。

公式サイトでリボ払い推奨

公式サイト上の支払い方法について何気なく眺めていると、リボ払いを積極的に使用するような文言が書かれています。

マジカルクラブTカードJCBに限らないのですが、クレジットカードの支払い方の中でリボ払いだけは選択してはいけません。

リボ払いでは、毎月の支払い金額が一定に抑えられるなどのメリットがある反面、年利15%近い手数料が発生してしまいます。詳細はこちらの記事にまとめました。

ただ、どのクレジットカードでもリボ払いは推奨されます。どのクレジットカードを申し込むにせよ、気を付けておきたい項目の一つですね。

私ならこう使う

マジカルクラブTカードJCB@私ならこう使う
マジカルクラブTカードJCBを作る以上、ニッセイでポイント還元率が4.5%台に乗るよう、買い物を行いたいです。

更に、公共料金の支払いなどとあわせて、継続的に毎月3万円以上の支払いが発生するように調整します。こうすれば、最大限ポイント還元率を高められます。

また、年会費無料なため、とりあえず1枚作っておいても何ら損をすることはありません。マジカルクラブTカードJCBは下記のサイトより作成可能です。



申し込みはこちらから

Tポイントが貯まるクレジットカードとしてYJカードがあります。こちらに関してはLOHACOで最大限ポイント還元率を獲得できるクレジットカードとなっています。こちらの記事にまとめましたので、よかったら参考にしてみてください。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*