リクルートカード

じゃらんやホットペッパーBeautyなどのサービスが人気のリクルートで提供するクレジットカードがリクルートカードです。

ポイント還元率が他のクレジットカードより高いのが一番の特徴です。この記事ではリクルートカードについて詳しく解説していきます。

リクルートカードの基本情報

リクルートカード@券面

リクルートカードの基本情報を表にまとめてみました。

年会費永年無料
ポイント還元率1.2%
国際ブランドMasterCard、VISA、JCB
旅行損害保険海外旅行最高2,000万円、国内旅行最高1,000万円
ショッピング保険年間200万円
ETCカード年会費無料(Mastercard、Visaは新規カード発行手数料¥1,000)
カード発行会社 三菱UFJニコス株式会社(Mastercard、Visa)、株式会社JCB(JCB)

年会費永年無料でありながらポイント還元率が高いのが特徴と言えるでしょう。特に、ポイント還元率は非常に高く、ポイント還元率が高いと言われている楽天カードなどでさえ1.0%です。リクルートカードのポイント還元率は1.2%ですので、0.2%分上回っています。

クレジットカードは使い続けるものですので、この0.2%が結構大きいのです。

リクルートポイントについて

リクルートポイントとはリクルートカード独自のポイントプログラムです。

リクルートポイントの貯め方・使い方について説明します。

リクルートポイントの貯め方

リクルートポイントはリクルートカードに新規入会で1,000円分、発行日から60日以内にリクルートカードを初めて使用すると1,000円分、またNTTdocomo、au、SoftBank、Y!mobileの携帯電話料金を自動振替で支払うと4,000円分プレゼントされます。

その後はリクルートカードでカードショッピング・電子マネーチャージ・ETCカード利用などの決済を行うと加算されていく仕組みです。

基本のポイント還元率は1.2%なので、10,000円分の決済で120円分のポイントが貯まります。

リクルートカードはリクルートで行っているサービスを利用するとポイント還元率がさらにUPするのでその内容をご紹介します。

じゃらんnetで予約・宿泊をする

日本最大級の宿・ホテル宿泊サイトと言われるリクルートのじゃらんnetですが、これを使って宿泊先の予約をすること、宿泊の決済をリクルートカードで行うことでpontaポイント1%、じゃらん限定ポイント1%、リクルートポイント1.2%で合計3.2%のポイント還元を受けられるのです。

旅行や出張の多い方はじゃらんnetの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ポンパレモールでお買い物をする

ポンパレモールはリクルートが提供するネットショッピングサイトですが、ここでお買い物をするとpontaポイント3%、リクルートポイント1.2%で合計4.2%のポイント還元を受けられます。

日用品からリクルートらしい通信講座までさまざまな商品やサービスが揃っているので、一度目を通してみるとよいかもしれません。

Hot Pepper Beautyで予約・来店してリクルートカードで決済する

Hot Pepper Beautyはリクルートが提供する国内最大級のサロン検索・予約サイトですが、ここで予約してサロンに来店し、リクルートカードで決済するとpontaポイント2%、リクルートポイント1.2%で合計3.2%のポイント還元を受けられます。

サロンの料金はどこでもそれなりの金額となるので、まとめてポイントを貯めたい方におすすめです。

Hot Pepper グルメで予約・来店してリクルートカードで決済する

Hot Pepper グルメはネット予約可能店舗数NO.1のレストラン・居酒屋予約サイトですが、ポイントを貯める方法が2種類あるのです。

1つめはリクルートIDでログインし、Hot Pepper グルメでネット予約&来店する方法で予約人数1人につきPontaポイント50ポイントが加算されます。

2つめはHot Pepper グルメで購入できるホットペッパーお食事券を購入する方法で、画面上で表示される販売価格の2~10%がPontaポイントとして加算されるのです。

飲み会の幹事を多く務める方は利用を検討してみるのもよいでしょう。

電子マネーへチャージする

リクルートカードは、電子マネーへのチャージ用としても使えます。チャージ可能な電子マネーは下記の通りです。

チェック

  • モバイルSuica
  • 楽天Edy(VISA、Mastercardブランドのみ)
  • ICOCA(VISA、Mastercardブランドのみ)

特におすすめなのが、楽天Edyの活用です。リクルートカードのチャージによるポイント(1.2%)および楽天Edy利用によるポイント(0.5%)を獲得でき、ポイント還元率が1.7%にも達します。楽天Edyを利用する上では、最もお得な活用法となっています。

ただし、リクルートカードの電子マネーへのチャージによってポイントが貯まるのは、月3万円までです。それ以上は、ポイントが付与されないので注意が必要です。

リクルートポイントの使い方

リクルートポイントはリクルートで行っているじゃらんnet、Hot Pepper グルメなどのサービスで使える他、pontaポイントに交換することができます。

pontaポイントへの交換を行えばpontaポイントの提携店やサービスでポイントを使うことができるので、より使い道の選択肢を増やすことができるのです。

ポイント交換レートはリクルートポイント1ポイントに対しPontaポイント1ポイントで、交換単位が全ポイント一括であることに注意しましょう。

リクルートカードのキャンペーンについて

リクルートカードをお得に活用するためには、キャンペーンのチェックをまめに行うのが望ましいと言えます。

なぜならリクルートカードではリクルートカード独自のキャンペーンだけではなく、国際ブランドのキャンペーン、リクルートで運営しているじゃらんnetやHot Pepper Beautyのキャンペーンなど期間や内容もさまざまなキャンペーンが多数行われているからです。

じゃらんnetで予約・宿泊を2018年03月15日~2021年03月31日までの期間に行うと10%ポイント還元を受けられるキャンペーン、ポンパレモールで対象商品を期間内にリクルートカードで決済すると21.2%還元されるキャンペーンなどポイント還元率をUPする内容のものが多いのがリクルートカードのキャンペーンの特徴と言えるでしょう。

キャンペーンをチェックする場合はリクルートカードのHPだけではなく、リクルートが運営するサービスのサイトもひととおり回ってみることをおすすめします。

まとめ

リクルートカード@まとめ

リクルートカードはポイント還元率に力を入れていて、リクルートのサービスを使用することやキャンペーンを定期的にチェックすることによってさらに獲得できるポイントが増やせるのがわかりました。

クレジットカードでたくさんポイントを貯め、お得に活用したいという方は、ぜひリクルートカードを作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう