カード紹介

無印良品以外でもお得!MUJIカードの特徴まとめ【年会費無料で作成可】

MUJICard

無印良品では、「MUJIカード」というクレジットカードを発行しています。

無印良品へ頻繁に行く方であれば、「MUJIカード」を作ることで全品10%OFFで買い物可能な無印良品週間中に割引料金で買い物できます。更に、西友・リヴィン・サニーなど多くの店舗でお得に使えます。今回の記事では、そんな「MUJIカード」の特徴を解説していきます。

基本スペック

年会費 無料(VISA選択時)
3,000円( American Express選択時)
ブランド VISA, American Express
ポイント還元率 0.5%
貯まるポイント セゾン永久不滅ポイント
追加カード ETCカード
スマホ決済 Apple Pay
Google Pay
LinePayなど
公式サイトはこちら

これ以降、基本スペックに出てこないMUJIカードの特徴を無印良品それ以外で解説します。

無印良品でMUJIカードを利用するメリット

入会時にポイント獲得可能

MUJIカードを作成するだけで、1,000ポイント獲得できます。クレジットカードをあまり作ったことが無いと、本当に付与されるのか心配されるかと思いますが、安心してください。本当に付与されます。

1,000ポイントもタダで獲得できるのは凄い嬉しい話だと思います。こういったポイント目当てでクレジットカードを作りまくる人もいるほどです。積極的に狙いにいきたい所です。

無印良品で使えるボーナスポイントを1年に2回プレゼント

MUJIカード保有者限定で、5月・12月の2回無印良品で使えるショッピングポイントが500円分もプレゼントされます!クレジットカードは、基本的に使わないとポイントを獲得することは出来ません。ところが、MUJIカードでは、クレジットカードを使わなくてもポイントを得られるのです。他のクレジットカードには無い種類の特典です。

ただ、ポイントの有効期限は残念ながら1ヶ月しかありません。ですので、5月または12月中に使い切る必要があります。

誕生月に無印良品で買い物すれば、ボーナスポイント獲得可能

5月・12月以外にもあなたの誕生月に無印良品で買い物を行うことで、翌月に無印良品で使えるショッピングポイントが500円分プレゼントされます。1円でも買い物をすればOKです。これは、凄いオイシイ話だと思いませんか?尚、付与されたポイントの有効期限はこちらも1ヶ月なので、注意してください。

つまり、MUJIカードを持つだけで5・12・誕生月の3回、合計で1,500円相当のボーナスポイントを獲得できるのです。デメリットの一切ない素晴らしい特典だと思います。

無印良品週間中は10%OFF

mujicard@良品週間

無印良品には年に数回、無印良品週間といってメンバー限定で10%OFFとなるキャンペーンを行っています。MUJIカードを持っていれば、10%OFFの対象者になりますので、普段以上にお買い得になります。

無印良品週間は、毎年5回前後も春と秋を中心に開催されます。また、開催期間も1回につき2週間から最大で1ヶ月間と無印良品月間と呼んでよいくらい長期に開催される場合があります。このサービスをMUJIカードを持っているだけで利用できるのは相当お得ですね。積極的に利用していきたい所です。

無印良品内での買い物時に貯まるポイントが3倍

無印良品にてクレジットカードであるMUJIカードで会計を行えば、貯まるポイントが3倍になります。無印良品以外のお店をMUJIカードで支払った場合、ポイントは1000円につき1ポイントしか貯まりません。一方、無印良品にてMUJIカードで支払った場合、1,000円につき3ポイント貯まります。このポイントは、永久不滅ポイントで有効期限はありません。

実は、永久不滅ポイントを無印良品で使えるMUJIショッピングポイントへ交換した場合、1ポイント=6円のレートで交換できます。この特典を使うことで、MUJIカードの無印良品におけるポイント還元率は1.8%にも達します。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%~1%程度です。それに比べれば、十分に高いレートです。

ちなみに、その他のポイントの交換先は以下の通りです。Amazonギフト券などに交換しても良いのですが、出来ればMUJIショッピングポイントに交換したい所です。こちらに、具体的なポイントの交換先に対するポイント還元率をまとめました

交換先 還元率
MUJIショッピングポイント 0.6%
Amazonギフト券 0.5%
WebMoney 0.5%
dポイント 0.5%
au WALLETポイント 0.5%
永久不滅WALLET 0.45%
Tポイント 0.45%
ANAマイル 0.3%
JALマイル 0.25%

永久不滅ポイントの状態で保有していると、ポイントの有効期限はありません。しかし、永久不滅ポイントからMUJIショッピングポイントへ交換した場合、ショッピングポイントの有効期限は6ヶ月しかありませんので、ご注意ください。まー、無印良品へ行くときになったらポイントを交換しましょう、という話です。

アプリとの連携で獲得ポイント大幅UP

MUJIカードだけでも相当な特典が含まれているのですが、もう一種類のポイントも貯めると更なる節約が可能となります。それは、MUJIマイルという独自のポイントを貯めることです。こちらに関しては、MUJI パスポートアプリをインストールする必要があります。MUJIのパスポートアプリとMUJIカードを連携すれば、準備完了です。

会計をする際、MUJIカードを店員さんに見せることで1円につき1マイル貯めることができます。これを積み上げていくと、あるマイルを超えた段階でMUJIショッピングポイントを獲得できます。具体的には以下の通りです。

ステージ 必要なマイル数 獲得できるポイント
シルバー 2万マイル 200ポイント
ゴールド 5万マイル 300ポイント
プラチナ 10万マイル 500ポイント
ダイヤモンド 20万マイル 1000ポイント

MUJIマイルの還元率を計算すると、大体1%程度となります。MUJIカード利用時のポイント還元率1.8%とあわせれば、MUJIカードの還元率は2.8%にも達するのです。MUJIカードを作った後は、買った後のポイント・マイルも積極的に獲得していきたいですね。

色んな種類のポイントが出てきて、サッパリだと思います。担当者出てこい。ここで一旦、整理します。

  • 永久不滅ポイント・・・MUJIカードを使うことで貯まるポイント。このままでは、使えない。MUJIショッピングポイントへ交換可能。
  • MUJIマイル・・・無印良品のアプリ(MUJIパスポート)を提示することで貯まるマイル。このままでは、使えない。MUJIショッピングポイントへ交換可能。
  • MUJIショッピングポイント・・・無印良品で実際に使うことのできるポイント。本文章内で単にポイントと表現していたら、MUJIショッピングポイントのことを指します。

無印良品以外でのメリット

永久不滅ポイントが貯まる

MUJIカード、セゾンカードとの共同発行になりますので、ポイントはセゾンカードの特徴である”永久不滅ポイント”として貯まります。通常、クレジットカードは、ポイントに有効期限があるのが普通です。有名な所でいえば、エポスカードの有効期限は2年間ですし、楽天カードも有効期限は1年間しかありません。

その点、セゾンカードの系列であるMUJIカードは有効期限がありません。クレジットカードのポイントは結構忘れがちなため、有効期限を過ぎてガッカリしてしまうケースも多いですよね。そんな人にこそ、MUJIカードはオススメしたいです。

セゾンポイントモールも使える

MUJIカードを持っている場合、セゾンポイントモールも利用することが可能です。Amazonや楽天市場など、大抵はそのサイトへ直接アクセスするかgoogleを経由して欲しい物を買いますよね。ただ、この場合ボーナスポイントなどの特典は一切ありません。

一方、セゾンポイントモールなどを経由して欲しい物を買えば、通常の2倍~3倍ものポイントを獲得することが出来ます。ほんのちょっと手間は増えますが、Amazonや楽天市場であれば数千円以上の買い物をする場合が多いですよね。セゾンポイントモールを経由すれば、数千円しはらった際のポイントが2倍に増えるわけですから、相当お得になります。

セゾンポイントモールでは、以下のサイトでボーナスポイントを獲得できます。

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo ショッピング
  • 楽天トラベル
  • ヤフオク
  • ベルメゾンネット

どれも有名な所ばかりです。楽天カードなどであれば、楽天市場ではお得に使えますが、Amazonではボーナスポイントが貯まりません。その点、MUJIカードであれば、セゾンポイントモールを経由することで、楽天市場・Amazon, Yahooショッピングの3つ全てにおいて、ボーナスポイントを獲得できます。MUJIカードの良い所ですね。

西友・リヴィン・サニーでも割引サービスあり

セゾンカードでは上に挙げた西友・リヴィン・サニーの3店舗で毎月5日と20日は、5%OFFで買い物が可能です。西友が近くにある人はそう多くないかもしれませんが、5%OFFは大きいですよね。無印良品とは、全く関係ないのですが、そんな所でも割引料金で利用できるのです。

近くに西友・リヴィン・サニーがある方は、積極的にMUJI Cardの割引サービスを利用したいですね。

ETCカードも無料で作成可能

ETCカードは高速道路などの料金所をスムーズに通過する際に使うもので、一般的にクレジットカードを作れば、クレジットカードの追加カードの一つとしてETCカードも作ることが出来ます。

ETCカードに関しては、年会費/発行手数料 両方とも有料・一方が無料・両方とも無料という3種類があります。MUJI Cardに関してはこの中で最もお得な両方とも無料でETCカードを作ることが出来ます。

ETCカードはレンタカーやカーシェアリングなどでも使うことが出来ます。中々、便利ですので、MUJIカードを作ったのであれば、ETCカードも作ることをオススメします。

MUJI Cardのデメリット

ここまでMUJIカードのメリットについて説明してきました。当然、デメリットもありますので、解説していきます。

無印良品を頻繁に使わない人には不要

MUJIカードを保有しているだけで、毎年3回ボーナスポイントを獲得できると説明しました。ただ、無印良品へ行かないとポイントを使えません。つまり、よく無印良品へ行く人でないと、メリットをうまく活かせないと思います。

たまにしか、無印良品に行かない人であれば、獲得したポイントを使えません。これだとMUJIカードを作った意味が無くなってしまいます。

逆に言えば、無印良品へ頻繁に行く人であれば、MUJIカードを使いこなせると思います。あなたが、無印良品をどの程度使うかでMUJIカードを作るかどうかが重要です。作る基準となる目安ですが、2ヶ月に1回以上行っている、または今後行く気があるのであれば、MUJIカードは、あなたにぴったりのクレジットカードです。

海外用としては微妙

MUJIカードには付帯保険が無いので、海外で使うには少し弱い印象を受けます。クレジットカードによっては、あなたが怪我した時に医療費を補償してくれるものがあります。それが、MUJIカードには残念ながら補償するサービスは付いていません。American Expressを選べばよいのですが、それだと年会費が掛かってしまいます。海外へ頻繁に行くのであれば、別のクレジットカードも準備することをオススメします。

・公式サイトはこちら

他クレジットカードとの比較

では、MUJIカード以外のクレジットカードとの比較を行っていきます。ここでは、クレジットカード発行枚数の最も多い楽天カードとの比較を行っていきます。

項目 MUJIカード 楽天カード
基本還元率 0.5%~1.2% 1.0%
無印良品利用時 1.8% 1.0%
楽天市場買い物時 1.0%~2.4% 4%

(※赤字は、無印良品にてポイント消化時)

MUJIカードを利用した場合、無印良品でポイントを利用すれば、ポイント還元率は1.2%となり、楽天カードのポイント還元率1.0%を上回ることが出来ます。反対に無印良品以外でポイントを使った場合は0.5%となり、MUJIカードは楽天カード以下のポイント還元率となってしまいます。

また、楽天市場で買い物をする場合、楽天カードはMUJIカード以上のポイント還元率となります。そのため、楽天市場を頻繁に使うのであれば楽天カードの方が良いクレジットカードとなります。

要は、あなたがどこで最も買い物をするかによって作るべきクレジットカードは変わってくるのです。

楽天カードの公式サイトはこちら

MUJIカードを申し込む上での注意点

店頭かインターネットか

MUJIカードの申し込み方法としては、必要事項を記入して郵送するパターンとインターネット経由で申し込むパターンがあります。

現状ではどちらでも良いと思います。特典に差があるわけではありません。ただ、MUJIカードはインターネット経由で申し込んだ方が楽に作れると思います。

クレジットカードを作る際に記入する箇所は相当多いですが、インターネット経由であれば、記入漏れをweb上で指摘してくれます。郵送だと、あなた自身のセルフチェックのみとなってしまいます。

ブランド

MUJIカードでは、VISAかAmerican Expressのいずれかのブランドを選ぶことが出来ます。ブランドに関しては、必ずVISAを選ぶようにしましょう。American Expressで申し込んでしまうと、年会費が3,000円かかりますので、注意してください。

ETCカード

車を運転する機会のありそうな人は作りましょう。作成時に手数料を取られるわけではありません。デメリットはありませんし、高速道路の料金所をスムーズに通過できるようになります。あまり使う機会がなくても持っておくことをおすすめします。

まとめ

MUJICard@まとめ

いかがでしたか。MUJIカードには、以下の特徴があります。

  • 無印良品で使えば、最大2.8%のポイント還元率となる
  • 無印週間で10%OFFで買い物できること
  • MUJIカードを作るのであれば、2ヶ月に1回は無印良品を利用したい所

あなたはどのように感じましたか。クレジットカードを作っても、デメリットがある訳ではありません。ぜひ、MUJIカードを作ってみてはいかがでしょうか。

今回は以上になります。

・公式サイトはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ABOUT ME

 

ブログ執筆者の徳川と言います。

クレジットカードの紹介・便利な使い方・基本的な知識についてまとめています。私の知識を皆さんと共有して、少しでも皆さんの家計の節約に貢献できたらな、と考えています。

ピックアップ記事

  1. エポスカードのアプリ
  2. クレジットカードの雑誌
  3. カプコンエポスカード

おすすめ記事

バーチャルカード比較@オリコバーチャルカード オリコバーチャルカードは、年会費無料/かつ単独で取得可能な唯一のクレジットカードです

オリコのバーチャルカードをご存知でしょうか。バーチャルカードは大抵、その会社のクレジットカードを…

エポスカードの作り方@基本デザイン エポスカードの学生向けに嬉しい特典とは?解説しました

エポスカードは学生向けとしても発行することが可能です。ただ、気になるのはエポスカードにどんな特典があ…

ポイントを貯めるか使うか あなたはポイントを貯める派?使う派?ポイントを貯めることで得られる節約効果について

色んな人がポイントにはお世話になっていると思います。スーパー・コンビニ・薬局はもちろんのこと、クレジ…

クレディセゾンのポイント投資 お得感が小さいクレディセゾンのポイント投資サービス

クレジットカードのポイントは通常、1%程度しか付きません。このポイントをいかに活用するかで悶々とする…

マルイ内の無印良品@まとめ マルイ内の無印良品で年2回の大バーゲン!「無印良品週間」と 「マルコとマルオの7日間」が重なる日を狙おう

無印良品で一番安く買い物ができる方法を紹介します。無印良品の数多くある店舗の一部は、マルイの中にあり…

PAGE TOP