MUJI Card(MUJIカード)は、無印良品を頻繁に利用する人必須のクレジットカードです

MUJICard

MUJI Cardをご存知でしょうか。無印良品とセゾンカードが共同で発行しているクレジットカードで、無印良品でお得に使うことが可能です。

そこで、気になるのはMUJI Cardの特徴やメリット・デメリットですよね。そこで今回の記事では、MUJI Cardの特徴を説明した上でどのような人向けのクレジットカードなのか、解説していきます。

基本スペック

項目
年会費 無料(VISA選択時)
ブランド VISA, American Express
ポイント還元率 0.5%

MUJI Cardに関しては、VISAブランドとAmerican Expressのいずれかを選ぶことが出来ます。このうち、オススメはVISAブランドです。

VISAブランドに関しては年会費無料ですが、American Expressに関しては年会費が3240円(税込み)で掛かってしまうためです。MUJI Cardは無印良品でどんなにお得に使えても、これだけ年会費が掛かってしまうと、元を取るのは相当厳しいです。

また、VISAブランドはMasterCardと並んで、最も普及しているクレジットカードブランドの一つです。MUJI CardのVISAさえ持っていれば、世界中で使うことが出来ますので、この点でもオススメです。

無印良品でMUJI Cardを利用するメリット

では、具体的にMUJI Cardに一体どのようなメリットがあるのか、という観点で解説していきます。

無印良品で使えるボーナスポイントをプレゼント

クレジットカードは、基本的に使わないとポイントを獲得することは出来ません。ところが、MUJI Cardに関しては、クレジットカードを使わなくてもポイントを貯められます。

具体的には、5月・12月・誕生月に関しては無印良品で使えるショッピングポイントを500円分もプレゼントされます。あわせると、1年間に1500円相当のポイントを何もしなくても獲得できるのです。

残念ながら、使い道は無印良品での買い物に限られますが、これらのポイントを使って買い物できるのは大きなメリットです。無印良品であれば、小物の品揃えが良いですよね。500円でも色んな商品が買えると思います。

無印良品週間にて10%OFF

mujicard@良品週間

無印良品には年に数回、無印良品週間といって、メンバー限定で10%OFFとなるキャンペーンを行っています。MUJI Cardを持っていれば、10%OFFの対象者になりますので、普段以上にお買い得になります。

無印良品週間は、毎年5回前後も春と秋を中心に開催されます。また、期間も一回につき二週間から最大で一ヶ月間と無印良品月間と呼んでよいくらい、長期にわたって開催される場合があります。このサービスをMUJI Cardを持っているだけで利用できるのは相当お得ですね。積極的に利用していきたい所です。

買い物時に貯まるポイントが3倍に

上記に加え、無印良品にてクレジットカードであるMUJI Cardで会計を行えば、貯まるポイントが3倍になります。

無印良品以外のお店をMUJI Cardで支払った場合、ポイントは1000円につき1ポイントしか貯まりません。一方、無印良品にてMUJI Cardで支払った場合、ポイントは1000円につき3ポイント貯まります。何と3倍も効率よくポイントが貯められるのです。

また、ポイントの交換先を無印良品で使えるMUJIショッピングポイントへ交換した場合、1ポイント=6円のレートで交換できます。この特典を使うことで、MUJI Cardの無印良品におけるポイント還元率は1.8%にも達します。MUJI Cardの還元率を考えれば、相当お得ですね。

ちなみに、その他のポイントの交換先は以下の通りです。Amazonギフト券などに交換しても良いのですが、出来ればMUJIショッピングポイントに交換したい所です。こちらに、具体的なポイントの交換先に対するポイント還元率をまとめました

ポイント交換先 ポイント還元率
MUJIショッピングポイント 0.6%
Amazonギフト券 0.5%
WebMoney 0.5%
dポイント 0.5%
au WALLETポイント 0.5%
永久不滅WALLET 0.45%
Tポイント 0.45%
ANAマイル 0.3%
JALマイル 0.25%

MUJI のパスポートアプリとの連携で獲得ポイント大幅UP

これだけでも、相当お得ですが、実は更にもう一種類のポイントをMUJI Cardで貯めることができます。それがMUJIマイルという独自のポイントです。こちらに関しては、MUJI のパスポートアプリをインストールする必要があります。MUJIのパスポートアプリとMUJI Cardを連携すれば、準備完了です。

会計をする際、MUJI Cardを店員さんに見せることで1円につき1マイル貯めることができます。これを積み上げていくと、あるマイルを超えた段階で数百円分のポイントを獲得できます。具体的には以下の通りです。

ステージ 必要なマイル数  獲得できるポイント
シルバー 2万マイル 200ポイント
ゴールド 5万マイル 300ポイント
プラチナ 10万マイル 500ポイント
ダイヤモンド 20万マイル 1000ポイント

MUJIマイルの還元率を計算すると、大体1%程度となります。買い物時のポイント還元率1.8%とあわせれば、MUJI Cardの還元率は2.8%にも達するのです。MUJI Cardを作った後は、買った後のポイント・マイルも積極的に獲得していきたいですね。

MUJIマイルに関しては、MUJI Cardで支払うだけでなく、無印良品のある近くにあるお店まで立ち寄った際に、チェックインすることでマイルを貯めることも可能です。(1回につき、10マイル)また、無印良品の通販サイトで口コミ投稿することでもマイルが貯まります(1投稿につき、10マイル)

あとちょっとマイルが貯まれば、ランクアップするのになー、という時に口コミでマイルを稼ぐのが良いと思います。

無印良品以外での買い物

永久不滅ポイントが貯まる

MUJI Cardに関しては、セゾンカードとの共同発行になりますので、ポイントはセゾンカードの特徴である”永久不滅ポイント”として貯まります。通常、クレジットカードは、ポイントに有効期限があるのが普通です。有名な所でいえば、エポスカードの有効期限は2年間ですし、楽天カードも有効期限は1年間しかありません。

その点、セゾンカードの系列であるMUJI Cardでは有効期限はないため、いつまでもポイントをため続けることが可能です。クレジットカードのポイントは結構忘れがちなため、有効期限を過ぎてガッカリしてしまうケースも多いですよね。そんな人にこそ、MUJI Cardはオススメしたいです。他には、シネマイレージカードなどもポイントに有効期限がありませんね。

ただ、そうはいっても、MUJI Cardを解約した場合はポイントが無くなってしまいますので、ご注意下さい(当たり前といえば当たり前ですが)。無印良品以外にお気に入りのお店ができて、MUJI Cardを解約したいな、となったらポイントを消化してからにして下さいね。

セゾンポイントモールも使える

MUJI Cardを持っている場合、セゾンポイントモールも利用することが可能です。Amazonや楽天市場など、大抵はそのサイトへ直接アクセスするかgoogleを経由して欲しい物を買いますよね。ただ、この場合ボーナスポイントなどの特典は一切ありません。

一方、セゾンポイントモールなどを経由して欲しい物を買えば、通常の2倍~3倍ものポイントを獲得することが出来ます。ほんのちょっと手間は増えますが、Amazonや楽天市場であれば数千円以上の買い物をする場合が多いですよね。セゾンポイントモールを経由すれば、数千円しはらった際のポイントが2倍に増えるわけですから、相当お得になります。

セゾンポイントモールでは、以下のサイトでボーナスポイントを獲得できます。

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo ショッピング
  • 楽天トラベル
  • ヤフオク
  • ベルメゾンネット

どれも有名な所ばかりですね。楽天カードなどであれば、楽天市場ではお得に使えますが、Amazonではボーナスポイントが貯まらない、なんていうものもあります。その点、MUJI Cardであれば、セゾンポイントモールを経由すれば楽天市場・Amazon, Yahooショッピングの3つ全てでボーナスポイントを獲得できます。MUJI Cardの良い所ですね。

西友・リヴィン・サニーでも割引サービスあり

セゾンカードでは上に挙げた西友・リヴィン・サニーの3店舗で毎月5日と20日は、5%OFFで買い物が可能です。西友が近くにある人はそう多くないかもしれませんが、5%OFFは大きいですよね。無印良品とは、全く関係ないのですが、そんな所でも割引料金で利用できるのです。

近くに西友・リヴィン・サニーがある方は、積極的にMUJI Cardの割引サービスを利用したいですね。

ETCカードも無料で作成可能

ETCカードは高速道路などの料金所をスムーズに通過する際に使うもので、一般的にクレジットカードを作れば、クレジットカードの追加カードの一つとしてETCカードも作ることが出来ます。

ETCカードに関しては、年会費/発行手数料 両方とも有料・一方が無料・両方とも無料という3種類があります。MUJI Cardに関してはこの中で最もお得な両方とも無料でETCカードを作ることが出来ます。

ETCカードはレンタカーやカーシェアリングなどでも使うことが出来ます。中々、便利ですので、MUJI Cardを作ったのであれば、ETCカードも作ることをオススメします。

MUJI Cardのデメリット

ここまでMUJI Cardのメリットについて説明してきましたが、デメリットは何になるのでしょうか。

一番のネックは無印良品を頻繁に利用する人に特化してしまっている所だと思います。MUJI Cardを作る以上、無印良品を最低でも三ヶ月に一回は利用する人でないとうまくMUJI Cardの良さを引き出せないと思います。

MUJI Cardで貯めたポイントはオトクなのがMUJIショッピングポイントなのだと説明しましたが、このポイントは無印良品でしか使うことが出来ません。そのため、無印良品へよく行く人でないと、ポイントを使えない、、なんていう事態となってしまいます。

逆に言えば、無印良品へ頻繁に行く人であれば、MUJI Cardのスペックを効率よく活かすことが出来ると思います。あなたが、無印良品をどの程度使うかでMUJI Cardを作るかどうかの判断をしても良いと思います。

MUJI Cardの申し込み方法としては、無印良品へ実際に行って書類に必要事項を記入するパターンとインターネット経由で申し込むパターンがあります。

どちらが良いかと言われると、現状ではどちらでも良いと思います。特典として差があるわけではありませんしね。ただ、クレジットカードはインターネット経由で申し込んだ方が楽に作れると思います。

クレジットカードを作る際に記入する箇所は相当多いですが、インターネット経由であれば、記入漏れをweb上で指摘してくれます。郵送だと、あなた自身のセルフチェックのみとなってしまいます。

基本的にはインターネット経由でMUJI Cardを申し込むことをオススメします。

まとめ

MUJICard@まとめ

いかがでしたか。MUJI Cardについて、特徴は以下の通りとなります。

  • 無印良品で使う分にはポイント・マイル含め2.8%のポイント還元率を獲得できること
  • 無印週間で10%OFFで買い物できること
  • MUJI Cardを作るのであれば、最低でも三ヶ月に一回は無印良品を利用したいこと

あなたはどのように感じましたか。三ヶ月に一回、できれば月イチ以上の頻度で無印良品を利用するのであれば、ぜひMUJI Cardを作ってみてはいかがでしょうか。

今回は以上になります。

参考までに、当サイトがオススメするクレジットカードに関してこちらの記事にまとめました。よかったら参考にしてみて下さい。

・公式サイトはこちら

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*