【2017~2018年版】クレジットカードのおすすめランキングTOP10を紹介します

クレジットカード

日本ではクレジットカードが1000種類近く、発行されています。CMに出るようなメジャーなものから、ご当地クレジットカードのようなマイナーなものまであります。

これだけ種類があると、どうやって比較したらよいか分からなくなってしまうと思います。私も、1枚目のクレジットカードを決める時は散々悩んで、最後は何となく勢いで作ってしまったのを覚えています。

なぜ、こんな事態になるかといえばクレジットカードがあまりにも多すぎるという点と、比較するポイントがよくわからない点があるためだと思います。

そこで、そんな選びきれない2017~2018年に発行可能なクレジットカードの中から、万人受けするおすすめのクレジットカードをランキング形式で紹介していきます。

おすすめのクレジットカードランキング

第1位:エポスカード

クレジットカードのおすすめランキング第1位として紹介するのがエポスカードです。このクレジットカードはマルイが発行しています。ほぼ全ての百貨店がクレジットカードを発行していますが、エポスカードには一味違う部分があります。

マルイ店舗内での割引は当然のこと、他の様々なお店で割引が適用されるのです。何とエポスカードを提示するだけで7000店舗以上で割引が得られるのです

エポスカードで割引が得られるお店の一例を示します。

・カラオケショップ(ビックエコー・カラオケ館など)・・・30%オフ
・飲食店(ロイヤルホスト・楽蔵など)・・・10%オフ
・アミューズメント施設(富士急・鴨川シーワールドなど)・・・10~30%オフ

アウトドアで様々な施設を利用している方には特にオススメしたいです。

更に、こちらのクレジットカードは利用額が大きくなってくると、ゴールドカード・プラチナカードとグレードアップすることが可能なインビテーションが送付されてくる場合があります。

ステータスの証にもなってきますので、インビテーションが送付されるのを楽しみにして使い続けるのもよいですね。エポスカードの詳細はこちらの記事にて解説しました。


第2位楽天カード

クレジットカードのおすすめランキング第2位として紹介するのが楽天カードです。このクレジットカードの特徴は、楽天市場でポイント還元率が4%付与される点です。楽天市場を頻繁に使用する方には嬉しい話です。

また、楽天系のサービスを利用している人であれば、SPUといってサービスを利用すればするほど、楽天市場での楽天カードのポイント還元率が上がっていきます。何と最大で8%ものポイント還元率を獲得できます。

クレジットカードのおすすめランキング@SPU

実は、楽天市場を経由してふるさと納税を行うことも可能です。

楽天カードのリンクはこちら


JALカード

最後に紹介するのがJALカードです。このカードはJALが発行しているクレジットカードです。名前からもわかるように、JALのマイレージを貯める上で有利です。

JALを利用した場合、通常のマイレージの他にボーナスマイルが10%追加で付与されます。更にJALカードで支払えば、その分のマイルも追加されます。

帰省時に飛行機で実家へ帰る方、頻繁に飛行機を利用する方にオススメしたいですね。

また、マイレージは1マイルあたりの価値が高い所も見逃せないポイントです。

国内線であれば1マイルは3円分の価値まで達します。国際線のビジネスクラスなどであれば1マイル10円の価値まで膨れ上がります。

今、挙げた3枚の中で、使いこなせれば一番お得なのは間違いありません。ただ、飛行機へ定期的に乗る方は少ないだろうということで最後に書きました。

JALカードのリンクはこちら

クレジットカードのオススメJALカード

なぜ、上の3枚のクレジットカードを選択したか

以下の2点に集約されます。

・コストパフォーマンスが高いこと
・ステータス性も追求できる

コストパフォーマンスについて

まず、コストパフォーマンスですが、エポスカードや楽天カードであれば、提携店舗の多さ・年会費無料・ポイント還元率の高さの要素から選択しました。

JALカードはマイレージが貯まる所ですね。上で挙げた通り、1マイルは3円以上の価値がありますのでオススメです。

ステータス性について

各カード一般カードだけでなく、ゴールドカードやプラチナカードまで準備されており、ステータス性の高いカードを容易に取得できます。

特に、エポスカードではインビテーションが届くため、一般カードからゴールド更にプラチナと、あなたのクレジットカード使用額に応じてグレードアップしていくことが可能です。

他人のブログを見ていても、インビテーションが届いたことを自慢している人は多いです。

年間50万円程度でゴールドカードへのインビテーションは届くので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。更に年100万円使うとプラチナカードまで取得できます(色は黒いですが・・・)。

プラチナカードまで到達すれば、コンシェルジュサービスまで付いてきます!オススメですね。

クレジットカードの比較

更に掘り下げていきます。上で挙げた3枚のクレジットカードの主要スペックを比較して表にしてまとめました。

エポスカード 楽天カード JALカード
年会費 無料 無料 4320円
還元率  200円=1ポイント   100円=1ポイント   100円=1マイル 
 ブランド  VISA VISA
Master
JCB
VISA
Master
JCB
American Express
 ETCカード  無料 540円/年 無料
 電子マネー  Edy
モバイルSuica
Edy
nanaco(JCBのみ)
Waon
QuicPay


エポスカードの還元率が低いですが、全国7000店舗で割引を受けられることを考えれば、妥当な線ではないでしょうか。

更に、インビテーションをもらってゴールドカードへアップグレードすると、ショップの還元率を3店舗限定で3倍の1.5%に引き上げてくれるサービスが展開されています。

クレジットカードを使うお店は基本的に限られていると思うので、このサービスは嬉しいですね。

ただ、上の表をみてもわかる通り、各クレジットカードそれぞれ一長一短あり、どれが良いとは一概に言えません。あなたのライフスタイルに応じてどれが良いかは変わってくるのも事実です。

ただ、基本的にはJALカード→エポスカード→楽天カードの順で検討していけば間違いないと思います。

CMなども出しているだけあって、楽天カードの汎用性は高いです。

クレジットカードのブランドはどれ良いか

ブランドとはVISA、Master、JCBのことを指します。

JALカードの場合はVISAかMasterが良いですね。VISAやMasterはJCBと比べて普及率が高いので、まずはこちらを選んどけば問題無いですね。

エポスカードはVISAしか選択できませんが、VISAで十分ですので何も考える必要はありません。

ただ、楽天カードに限り、JCBが良いです。上で書いたようにnanacoへチャージ出来るためですね。

どういう人向けにクレジットカードをオススメしているのか

クレジットカードのオススメ2017年@誰向け

JALを頻繁に利用している方

この場合はJALカードがオススメです。更に、JALカードを使い込むようにしましょうマイルはお得なのは間違いないのですが、1万、2万溜めないと航空券と交換できないです。

いくらJALカードがお得でも航空券と交換できなければ全く意味がありません。マイルを失効させないためにも、あらゆる支払いをJALカードで済ませるようにしましょう。

そうすれば、マイルは早くたまるので消化もしやすくなりますよね。JALカードを保有する際は、よほどのことが無い限りは他のクレジットカードは持たないほうが良いでしょう。

スーパーやコンビニを頻繁に利用する方

スーパーやコンビニを頻繁に利用する方向けに楽天カードがオススメです。楽天カードでは、nanacoとedyへのチャージでポイント還元率1%得ることが出来ます。

nanacoであればセブンイレブンで、Edyであればマツモトキヨシなど様々な店舗で利用可能です。

このように電子マネーのチャージ用として楽天カードはオススメのクレジットカードです。

カラオケや居酒屋の利用

こちらであれば、エポスカードがオススメです。エポスカードを見せるだけでビックエコーやカラオケ館など10%以上の割引を得ることが出来ます。

日常的に使う店舗で割引を得られるならば、エポスカードは選択肢に入ってくると思います。

クレジットカードの決め方

クレジットカードのオススメ@2017

もっと気楽に決めよう

クレジットカードを選ぶというと、何となく気合いを入れて様々なサイトを見て回って、これは!!という一枚を探し回っていませんか?

私のサイトまで訪れてもらって申し訳ないのですが、クレジットカードに必死になってこだわる必要なんて正直ありません。

実際、クレジットカードは複数持つことも許されています。気に入らなければ、解約すれば良いだけです。

更にエポスカードや楽天カードに関しては年会費無料です。JALカードも初年度に限り、年会費は無料です。契約したからといって、あなた自身が損をするわけではありません。

クレジットカード選びに、そこまで真剣に考える必要なんてないのです。

私の過去持っていたクレジットカードを振り返ると、最初に発行したクレジットカードはわずか1年後に発行停止となりました。

次に発行したクレジットカードも、2~3年でポイント還元率が下げられてしまいました。現在は別のクレジットカードに乗り換えています。

この話から言えることは、クレジットカードは一生モノでは無いということです。あなた自身が使い続けたいと思っても、クレジットカード会社側の意思で止められてしまうケースだってあるのです。

クレジットカードは妥協しないと決められない

クレジットカードを保有する理由は色々あると思いますが、最大の関心事はポイント還元サービスではないでしょうか。確かに、ポイントは大事ですよね。年100万円クレジットカードで支払えば、1万円もポイント還元されます。

ただ、ポイントも結局は妥協するしかありません。本当に申し訳ないのですが、私や他のサイト含めて、あなたに対して、一番良い回答を出してあげられません。

何故かといえば、お店によって一番還元率の高いクレジットカードは異なるからです。

例えば、楽天市場であれば楽天カードが一番オトクですが、AmzonであればAmazonカードの方がお得なのは、調べるまでもなく何となく想像付きますよね。

つまり、最大限ポイントを獲得しようと思ったら、あなたの使うお店の数だけクレジットカードを持つ必要が出てきます。

これって大変ですよね?あなたの財布がクレジットカードだらけになってしまいます。

だからこそ、こちらの記事ではある程度情報を消して、提案しているクレジットカードの数を絞っているのです。

まとめ

クレジットカードのオススメ2017年版@まとめ
いかがでしたか。ちょっと背中を押してみましたが、クレジットカードを決めるのは難しいかもしれません。

ただ、クレジットカードを選ぶ上で基本的な情報は提示出来たと思っています。あなたのクレジットカード選びに少しでも貢献できたら幸いです。

今回は以上になります。

参考リンク
クレジットカードを選んだ後、どのようにクレジットカードを使い込んでいくかの方がより重要です。こちらの記事にまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*