エポスカード

エポスゴールドカードのインビテーションを頑張らずに獲得する方法!

エポスカードを利用していて気になる要素の一つとしてインビテーションがあります。インビテーションを受け取ることで、エポスカードからエポスゴールドカードへワンランクアップすることが可能です。

しかし、エポスゴールドカードのインビテーションを受け取るための条件は非公開です。公式ホームページ上でそのように表現されているのだから、どうにもならないです。ただし、多くの人がエポスゴールドカードのインビテーションを受け取れていますし、私も受け取っています。そのため、どういった条件でエポスゴールドカードのインビテーションを受け取れるのかは、予想が出来ます。

そこで、今回の記事では、エポスゴールドカードのインビテーションを受け取れる条件に関して、様々な事例を紹介していきます。これらを通じて、どうすればインビテーションを受け取れるのか、また一番楽に獲得できる方法についても考えました。

エポスゴールドカードのインビテーションを受け取るための条件とは

結論から言います。分割払い・リボ払い・支払い遅延等を行っていない状態で下記を満足させてください。

  • 年間50万円以上の利用額となるよう、エポスカードを利用する(※短時間で獲得可)
  • 公共料金の支払のみにエポスカードを利用する(※長時間で獲得可)

エポスゴールドカードのインビテーションがすぐにでも欲しい場合は、年間50万円以上の利用額となるよう、エポスカードを使い続けて下さい。このペースでエポスカードを使い続けていれば、だいたい半年でインビテーションが届くと思います。

また、エポスゴールドカードのインビテーションをいつか取れれば良いと考えているのであれば、公共料金の支払いのみにエポスカードを使う手もあります。数年間掛かってしまいますが、確実に獲得できます。こちらの方法であれば、あまり頑張らずにインビテーションを受け取れると思います。

どちらの方法であっても、比較的かんたんにインビテーションを受け取れますね。エポスゴールドカードに関しては、こちらの記事にまとめました。


エポスカードの作成はこちらから

年間50万円以上エポスカードを使えば、インビテーションが届くとネット上では言われていることが多いです。これは、明確な根拠があるわけではありません。ただし、年間50万円以上使用したら、インビテーションが届いたとの報告が多数あったため、何となく定着したのだと思います。大切なのは、年間50万円使えるよう、日々の支払いにエポスカードを利用する点にあります。毎月数万円、エポスカードを利用し続けていれば、インビテーションは50万円使う前に受け取れます。頑張ってみてください。

インビテーションが届いた事例紹介

ここから先は、多くの人がどうやってインビテーションを受け取ったのか、さまざまな事例を紹介します。

事例1

こちらの事例は、インターネット上に記載されていた別サイトの情報です。

大学2年生でエポスカード発行。大学卒業するまではエポスカードを使っていた。社会人になった年の7月頃からレックスカードを使い始めて、エポスカードを使わなくなった。社会人2年目になって、ゴールドカードの招待が来た。
https://nomad-saving.com/11899/ より

事例2

こちらの事例も、インターネット上に記載されていた別サイトの情報です。

半年に19万円使うだけで年会費無料のエポスゴールドカードに招待された話
http://sibu2.com/nennkaihi-muryou-gold-cards より

事例3

私がエポスゴールドカードのインビテーションを受け取れた事例を紹介します。エポスカードを作成したのが2017年4月です。インビテーションを受け取ったのが2017年11月です。結果的に、7ヶ月でインビテーションを受け取れました。この時のエポスカードの利用金額は下記の通りです。

利用額
4月 13,656円
5月 19,841円
6月 100,085円
7月 45,286円
8月 23,432円
9月 32,286円
10月 32,771円
11月
(途中まで)
13,707円
合計 281,064円

6ヶ月でおよそ28万円分使ったら、インビテーションを受け取れました。

事例4

私の身近な友人もエポスカードのインビテーションを受け取っていたので、それを紹介します。

その方は、エポスカードをスマホ代でしか使っていなかったそうです。スマホ代ですので、月々8,000円相当、年間で約10万円のみの使用にとどめていました。にもかかわらず、エポスカードを数年使い続けていたら、インビテーションが無事に届いたようです。

50万円には遠く及ばない使い方をしていたとしても、エポスゴールドカードのインビテーションが届くのです。

インビテーションが届くまで

インビテーションが届くまでは、結構つらいです。気長に待ちましょう。何故かといえば、一体自分が前進しているのか後退しているのか全くわからないからです。インビテーションを送付するのはカード会社の判断です。あまり、インビテーションは意識せずに日常を過ごした方が心の健康のためには良いです。

少しでも早くインビテーションを受け取りたい場合、エポスカードのアプリを使うことをおすすめします。インビテーションは封筒で送付されるのですが、その前にアプリへ通知されるのです。アプリ経由でエポスゴールドカードへアップグレードすることも可能なので、インストールすることをおすすめします。

インビテーションが届いたら

もし、インビテーションが届いたならば、ぜひ申し込みましょう。何故かといえば、デメリットがほぼ無いからです。

インビテーション経由でエポスゴールドカードに申し込んだ場合、通常5,000(税別)円の年会費がかかるところが、無料となります。更に、エポスゴールドカードにアップグレードしただけで以下の特典を受け取ることが可能です。

3社分の支払いに限り、ポイント還元率3倍

エポスカードのインビテーション@ポイント3倍

エポスゴールドカードを取得した場合、あなたが指定した3社分の支払いに限り、ポイント還元率が3倍となります。

エポスゴールドカードのポイント還元率は0.5%です。なので、指定した3社のポイント還元率は1.5%になります。ただ、指定した3社といっても、何でも良いわけではなく、エポスゴールドカードが定めた所定の会社の中から選ぶ形です。とはいえ、選べる会社の中には、東京電力や東京ガス・JR東日本なども含まれております。(人気ランキングトップ3もこの3社です。JR西日本や関西電力なども含まれていますので、どの地域に住んでいても全有用です。)

すごく使える特典だと思っています。

空港のラウンジを利用可能となる

エポスゴールドカードを保有することで、空港のラウンジを使うことができます。エポスカードのインビテーションを受け取ってゴールドカードを取得したならば、以下の空港のラウンジを利用可能となります。

具体的には、以下の空港のラウンジを利用可能となります。

・羽田空港
・成田国際空港
・新千歳空港
・函館空港
・仙台空港
・小松空港
・中部国際空港
・伊丹空港
・関西国際空港
・神戸空港
・広島空港
・松山空港
・福岡空港
・北九州空港
・長崎空港
・熊本空港
・大分空港
・鹿児島空港
・那覇空港
・ホノルル空港(ハワイ)
・仁川空港(韓国)

国内であれば、かなり多くの空港のラウンジを利用可能となります。

インビテーションを受け取りエポスゴールドカードへランクアップすれば、これだけの空港のラウンジを利用できるのです。

年会費も無料!

実は、エポスゴールドカードはインビテーションを受け取らずとも、取得することが出来ます。ただし、年会費が5,000円も掛かります。ところが、インビテーションを受け取ってエポスゴールドカードを取得した場合は、年会費無料となります。

また、エポスゴールドカードに乗り換えた際に発生する費用も一切ありません。インビテーションは絶対に受けるべきです。

インビテーションに申し込むデメリット

エポスゴールドカードのインビテーションに申し込むとデメリットも発生します。それは、クレジットカード番号が変わってしまう点です。

インビテーションに申し込むと、新しくエポスゴールドカードが発行され、これまで使ってきたエポスカードが使えなくなります。これにより、公共料金の支払いなどに登録したクレジットカード番号を変更しなければなりません。

登録している数が多ければ多いほど面倒です。これだけは、私もやりたくない作業です。クレジットカード番号変えないでくれよ、、と言いたい所ですが、仕方がない。一度対応すれば、それでOKなので、めげずに頑張ってください。

豆知識です。クレジットカードの最初の6桁でカードの種類を分類しています。エポスカードの場合は、4897-83からスタートしています。エポスゴールドカードの場合は、4897-88からスタートしています。クレジットカード番号のルールはISO/IEC 7812(国際標準規格)に定められている全世界共通のルールのため、エポスカードに文句を言っても仕方がないのです。

まとめ

エポスカードのインビテーション@まとめ
いかがでしたか。エポスカードのインビテーションを頑張らずに受け取る方法についてまとめました。

エポスゴールドカードへのインビテーションは、年間50万円ペースで使うか、毎月1万円ずつで良いので、公共料金の支払い用として使っていけばいずれは獲得できます。無理は禁物です。あなた自身にあったやり方を試してみてください。

尚、インビテーションを受け取った状態でエポスゴールドカードに申し込むと、年会費が通常5,000円かかるところが、無料となります。多少面倒なところもありますが、インビテーションを受け取ったら申し込むようにすると良いかと思います。

今回は以上となります。

参考までに、エポスゴールドカードのインビテーションを受けるには、エポスカードをお得に使いこなせれば、楽ちんです。こちらの記事に内容をまとめましたので、よかったら参考にしてみて下さい。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ABOUT ME

 

ブログ執筆者の徳川と言います。

クレジットカードの紹介・便利な使い方・基本的な知識についてまとめています。私の知識を皆さんと共有して、少しでも皆さんの家計の節約に貢献できたらな、と考えています。

ピックアップ記事

  1. 楽天カードの公共料金の支払い
  2. ETCカードのおすすめ
  3. ゴジラが目印のホテルグレイスリー
  4. 楽天カードで投資信託が購入可能に

おすすめ記事

ゴールドカードとは 【豆知識】ゴールドカードとは、どんなカードなのか。

ゴールドカードという名前を聞いたことのある方は多いと思います。ただ、ゴールドカードという名前は聞いた…

バーチャルカードとは安全性を追求している バーチャルカードとは - インターネット決済に強いカードです –

バーチャルカードをご存知でしょうか。バーチャルカードとは、モノとして発行されないクレジットカードのこ…

楽天edyのストラップ@リラックマ ストラップ付き楽天edy全3種類を紹介します

楽天edyは電子マネーの一つで、全国のコンビニやスーパー・マツモトキヨシなどで利用可能です。楽天ed…

楽天カードで投資信託が購入可能に 楽天カードで獲得したポイントを2000種類もの投資信託の中から運用可能になります

楽天証券が今年の夏より、楽天カードなどで獲得したポイントを投資信託で運用可能なサービスを開始します。…

Amazon Payの安全性について Amazon Payの安全性について

Amazon Payを利用する上で、安全性というのは気になるテーマの一つです。特に、クレジットカード…

PAGE TOP