クレジットカードのインビテーション

クレジットカードにはインビテーション制度が設けられているものがあります。俗に、「インビ」と省略されて表現されることもありますが、どんなものなのか、いまいちピント来ないと思います。

そこで、今回の記事では、そんなインビテーションについて解説しました。

インビテーションとは

クレジットカードのインビテーションとは、ある程度限られた人にだけ送付される、クレジットカードのランクアップの案内状のことです。 クレジットカードには様々なランクがあります。ランクの最上位はブラックカードであり、以下プラチナカード、ゴールドカード、一般カードの順番になっています。インビテーションを受け取ると、基本的には1ランク上のクレジットカードを使えるようになるのです。

一般カードを保有している人であれば、ゴールドカードにランクアップできますし、プラチナカードを保有している人であればブラックカードへランクアップできます。名前の通り、上位のクレジットカードほど色んなサービスを受けることが可能です。インビテーションがあなたの手元に届いたら、本当に申し込むべきなのか、一度検討することをおすすめします。

インビテーションを受け取るには

ただ、クレジットカードのインビテーションは黙っていれば、受け取れるようなものではありません。条件があります。具体的な条件は、クレジットカード会社の方で開示されていませんが、実際にインビテーションを受け取った私の経験や口コミよりある程度のことがわかっています。

インビテーションを受け取る条件
  • 支払いを延滞していない
  • 長年、利用している
  • クレジットカードの利用金額が多い

これらの中で、一番守りづらいのが クレジットカードの利用金額が多い という点です。特に、条件が明らかにされていないので、一体いくら使えば利用金額が多いと認定してくれるのか、クレジットカード会社の人以外わからないのです。

ただ、目安となる金額はある程度わかっています。カードによって異なるのですが、一般カードからゴールドカードへのインビテーションを受け取るには年間100万円程度のクレジットカードの利用が必要です。ゴールドカードからプラチナカードへのインビテーションの受け取りには年間100万円程度の利用を複数年続ける必要があります。

プラチナカードからブラックカードへのインビテーションの受け取りについては、最低でも年間300万円以上は利用しないといけないと考えられています。元々、ブラックカードは社会的ステータスの高い方向けのクレジットカードですので、高い条件が設定されているのです。

インビテーションを受けるメリット

クレジットカードのインビテーションを受け取ったとして、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。クレジットカード会社によって特典は様々なため、一概にこうだとは言えないのですが、代表的なものを紹介します。

空港のラウンジを利用可能

空港に一度でも行ったことがあれば、会員制のラウンジがあることに気付いた人もいるのではないでしょうか。実は、クレジットカードのインビテーションを受け取ってゴールドカード以上のクレジットカードを提示すれば、大抵の ラウンジの中に入ることができる のです。

ラウンジ内には軽食を取れるコーナーや無料のWi-Fiを使える他、仕事ができるコンセント付きの机を備えられている場所が多いです。そのため、空港内の最高の環境なのです。飛行機を利用する場合、乗り遅れるのを防止するために、数十分前から空港内で待機している方も多いのではないでしょうか。そういった方向けにラウンジは最高の環境を提供してくれるのです。

コンシェルジュサービスを利用可能

仕事などをしていて、自分専用の秘書のような存在がいたらな、と思う方も多いのではないでしょうか。そのような雑務を淡々とこなしてくれるサービスを実はクレジットカード会社が提供しているのです。それが コンシェルジュと呼ばれるサービスで、レストランの予約や飛行機のチケットなどを電話やメールなどであなたの代わりに予約してくれるのです。コンシェルジュは和訳すると執事という意味ですが、まさにあなたの執事として様々なことをあなたの代わりに行ってくれるのです。

コンシェルジュはプラチナカード以上で行われているサービスで、多忙な人向けのサービスとなっています。

電話はつながりやすくなる

一般カード・ゴールドカード・プラチナカードとかける電話番号が異なります。当然、ランクが上のクレジットカードほどサービスは良いです。そのため、上位のクレジットカードほど電話にもつながりやすくなります。

万が一の時にクレジットカード会社へ電話したにも関わらず、つながらなかったら意味がありません。そういった意味で、上位のクレジットカードほど安心感があると言えると思います。

ポイント還元率が上がる

一般カード・ゴールドカード・プラチナカードとインビテーションを受け取ってランクアップしていく毎にポイント還元率は上がっていくものが多いです。そのため、ポイント目当てでランクアップする人が相当数います。

ただし、クレジットカードによってはゴールドカードへ上がった途端に年会費がかかるものも多いです。もらえるポイントと払う年会費に関しては、事前に考えておいたほうが良いでしょう。

インビテーションを受けるデメリット

クレジットカードのインビテーション@デメリット

年会費が高くなる

インビテーションを受けるデメリットの1番目は、単純に クレジットカードの年会費が高くなってしまう点に尽きます。一般カードでは1,000円以下で済んでいた年会費がゴールドカードでは10,000円程度、プラチナカードでは50,000円程度、ブラックカードともなると100,000円以上してしまいます。

インビテーションを喜んで受けてクレジットカードをランクアップしたにも関わらず、あまりに年会費が高額になってくると、支払うことがバカらしくなってきてしまいます。そのため、インビテーションを受ける時は各クレジットカード毎のメリットと年会費を把握して本当に見合った価値があるのか、吟味した方が良いでしょう。

利用限度額が大きくなる

一般的にランクが高いクレジットカードほど、利用限度額が高額になります。ゴールドカードですと、最低でも60万円程度は確保されており、高額な人は300万円以上あります。こんなに要りません!不正利用された時の被害額が大きくなるだけです。

クレジットカード会社へ電話すれば、利用限度額は下げてくれますので、気になる方は電話してみても良いと思います。

インビテーションを受け取り可能なクレジットカード

インビテーションは多くのクレジットカードで設けられていますが、ここでは一部を紹介します。

アメリカン・エキスプレス・カード

インビテーションといえば、アメリカン・エキスプレス・カードを挙げないわけにはいかないでしょう。アメリカン・エキスプレス・カードでは、一般カード→ゴールドカード→プラチナカード→ブラックカードの4ランク全て設けられています。

特に有名なのがブラックカードで、センチュリオンカードの呼称で呼ばれており、戦車が買えるクレジットカードという噂もあるとか。保有者として有名なのが錦織圭さんや堀江貴文さんなどで、日本では7,500枚程度しか発行されていないようです。

インビテーションなしでもプラチナカードまでは直接申し込み可能ですが、その分審査は厳しくなります。また、プラチナカードは年会費100,000円しますし、ブラックカードに至っては300,000円(!)も掛かります。相応の覚悟が必要なクレジットカードです。

JCB一般カード

JCB一般カード@比較用の券面画像
JCB一般カードでもインビテーションを受け取ることが可能です。一般カード→ゴールドカード→プラチナカード→ザ・クラスの4ランク全て設けられています。ザ・クラスでは年会費が55,000円かかります。アメリカン・エクスプレスに比べれば、だいぶ安いです。

ザ・クラスではJCB専用の東京ディズニーリゾート内のラウンジを利用できるようになります。これは、ザ・クラスの会員専用であり、希少性の高いサービスとなっています。

エポスカード

エポスゴールドカードのラウンジ

比較的手頃なところでインビテーションを受け取ることが可能なクレジットカードとしてエポスカードがあります。エポスカードでも一般カード、ゴールドカード、プラチナカードがあり、それぞれインビテーションを受け取ることでランクアップ可能です。

特徴としては、インビテーションを受け取ってランクアップした場合、直接申し込む場合と比べて年会費を優遇してくれる点が挙げられます。特に、インビテーションを受け取った上でゴールドカードへ申し込めば、年会費は無料となるため、本当にゴールドカードなのか疑いたくなってしまいます。

インビテーションを受け取る審査基準に合格すると、それなりに豪華な封筒が送られてきて、「おめでとうございます。あなたは当社が定める審査基準に合格しましたので、インビテーションを送付させて頂きます~」といった文言であなたの満足度を高めてくれます。

結構、嬉しいものなので、ぜひインビテーションを受け取れるように日々の支払いにクレジットカードを利用すると良いでしょう。

まとめ

・インビテーションとは、クレジットカード会社が送付してくれる特別な招待状のこと

・インビテーションを受け取ってクレジットカードをランクアップすると、ラウンジ・コンシェルジュサービスなど特別な特典を利用可能

・クレジットカードをランクアップすると、年会費が高額になる傾向があるので、インビテーションを受けるかどうかはよく考えて

今回は以上になります。

JCB一般カード
・JCBが発行している数少ないクレジットカード
・約40年の歴史に裏付けられた高い信頼感
・インビテーションにより上位のクレカを作成可
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう