クレジットカードの暗証番号を忘れた時の対処法をカード会社ごとにまとめました

クレジットカードの暗証番号を忘れた

銀行口座やクレジットカード・ポイントカードなど、私たちが生きていく上で様々な暗証番号を覚えておく必要があります。1枚や2枚であれば、何ら問題なく覚えられても、枚数が増えていくと段々覚えきれなくなると思います。

特に、クレジットカードの暗証番号を忘れてしまうと、決済が出来なくなってしまい、困ったことになります。暗証番号は3回間違えてしまうとロックが掛かってしまい、そのカードは使えなくなってしまいます。そのため、2度間違えたら、何らかの対応を取る必要があります。

そこで、今回の記事では、クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった時の対処法についてまとめていきます。万が一、クレジットカードの番号を忘れても、こちらの記事を読めば解決出来ます。

クレジットカードの暗証番号を忘れた時の対処法

実は、クレジットカードごとに、暗証番号の入力を忘れた時の対処法は異なります。今回の記事では、クレジットカード会社ごとに対処法を解説していきます。

楽天カード

楽天カードの暗証番号を忘れてしまった場合、e-Naviの中で照会することが可能です。こちらの画面をご覧ください。青字で囲んだ部分を押せば、暗証番号を確認できます。電話等が必要なく、すぐに暗証番号を確認できるのはありがたいですね。

クレジットカードの暗証番号を忘れたら@楽天カード

楽天カードの場合、一度e-Navi上で暗証番号を確認したならば、メールで暗証番号を確認した旨が通知されます。これにより、万が一第三者が不正に暗証番号をチェックしたかどうか、判別できる仕組みとなっています。

エポスカード

エポスカードの暗証番号を忘れてしまった場合、暗証番号情報が記載されたハガキを郵送してもらうか、マルイの店頭で確認することが可能です。ハガキを郵送してもらうには、エポスカードが運用しているエポスNetのマイページの中に”暗証番号通知サービス”を利用しましょう。こちらを利用した場合、1週間後に郵送であなたの暗証番号情報が送付されます。

また、すぐに暗証番号を知りたい場合は、マルイ店頭へいきましょう。そこで本人確認書類を持っていけば、新しい暗証番号が設定されたクレジットカードを発行してくれます。急ぎの場合は、こちらのやり方がおすすめです。

セゾンカード

セゾンカードに関しては、インフォメーションセンターへ問い合わせるか店頭で確認するかのいずれかとなります。インフォメーションセンターは、電話での対応となります。クレジットカードを手元に準備しておきましょう。

また、店頭で確認する際は本人確認書類の提示を求められます。必ず、免許証(または、保険証・パスポート)を準備した上で来店するようにしましょう。

暗証番号は大切なものですので、本人確認書類を持っていかないと、絶対に教えてくれません。注意しましょう。

三井住友カード・三菱UFJニコス・ダイナーズクラブカード・JCBカード・アプラス・イオンカード・ビューカード

こちらに挙げたクレジットカードに関してはインターネットまたは電話することで、暗証番号情報が記載された書類を郵送してくれます。一週間程度掛かりますので、気長に待つしかないですね。

クレジットカードを所持した第三者に暗証番号が知られてしまうと、簡単に不正利用されてしまいます。暗証番号の通知を郵送のみでしか受け付けないこれらの会社の対応は、不正利用されるリスクを出来るだけ抑えようとしているだけなのです。

ジャックスカード・YJカード

ジャックスカード・またはYJカードの暗証番号を忘れてしまった場合、コールセンターへ電話する必要があります。電話をした後、一週間後に暗証番号に関しての情報を郵送で知らせてくれます。

インターネット経由で暗証番号の照会は受け付けていないので、サイトを必死に探し回らないようにして下さいね。

アメリカンエクスプレス

アメリカンエクスプレスの暗証番号を忘れてしまった場合、クレジットカード会社から教えてもらうことは出来ません。代わりに、クレジットカードの再発行が必要となります。

結構おおごとですね。再発行されたカードが届くまでの間、クレジットカードが使えなくなってしまうからです。ただ、アメリカンエクスプレスの場合、限度額も他のカードと比べて高い場合が多いです。そのため、第三者があなたのクレジットカードを使われてしまうリスクを少しでも抑えるために、このような面倒な手続きを要求しているのだと思います。

クレジットカード会社の考え方によって対応方法はまちなち

クレジットカードの暗証番号を忘れた@まちまち

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった時の対応方法は各社まちまちです。ただ、どれが良い悪いということはありません。

セキュリティがしっかりしている会社の方が安心だと思いがちですが、何かと不便だと思いませんか。例えば暗証番号を忘れてしまった場面を想像してみて下さい。暗証番号を忘れてしまったら、すぐにでも調べて思い出したいですよね。海外で暗証番号を忘れてクレジットカードを使えなかったら一大事ですしね。

どの方式が優れていると思うかは、あなたの考え方次第だと思います。個人的には、すぐにでも暗証番号を照会できるようにしてもらった方が、私としては楽で助かるのですが。

暗証番号を忘れたら、サインで決済しよう

もし、本当に暗証番号を忘れてしまったけど、クレジットカードで支払わなければならない状況に陥ってしまう前に一つ覚えておいた方が良いことを教えますね。

それは、暗証番号の代わりにサインで決済することも可能だということです。おどおどしていては、店員さんに怪しまれますが、困った表情で毅然と対応していれば、普通に応じてくれると思います。

クレジットカードでの支払いは、暗証番号・サインいずれでも決済できるシステムとなっています。万が一の時のために覚えておいた方が良い豆知識だと思います。

まとめ

クレジットカードの暗証番号を忘れた@まとめ

いかがでしたか。クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった時の対応法についてまとめました。暗証番号の照会は、実は結構大変です。ただ、これも不正利用を防ぐためにこのようなシステムにしているだけで、あなたのためを思っています。

また、万が一暗証番号を忘れてどうにもならなくなったら、サインで決済するようにすると良いでしょう。こうすれば、少なくともその場は しのげると思います。

今回は以上になります。

参考までに、クレジットカードの暗証番号の桁数に関してまとめた記事を紹介します。クレジットカードによって桁数が違ったりするので、一度認識しておくと良いかと思います。

クレジットカードの暗証番号の桁数について – 銀聯カードだけ、ご注意を! –

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*