クレジットカードのタッチ決済の特徴・メリットを解説!【使用者拡大中】

クレジットカードのタッチ決済

クレジットカードのタッチ決済をご存知でしょうか。クレジットカードをSuicaや楽天Edyのように端末にタッチするだけで支払いが完了する日本にはあまり馴染みのない支払い方です。

気になるのは、タッチ決済の特徴やメリットてですよね。そこで、今回の記事では、そんなクレジットカードのタッチ決済について解説しました。

タッチ決済の特徴

タッチ決済の利用方法

こちらに関しては、電子マネーと同様の感覚で使用することが可能です。ただし、通常のクレジットカードはタッチ決済には対応していません。必ず、タッチ決済可能なクレジットカードを準備して下さい。タッチ決済可能なクレジットカードは下記の図のようなマークが印字してあります。

クレジットカードのタッチ決済@マーク

あとは、専用端末にクレジットカードをかざせばOKです。電子マネーのように、かざして決済完了する場合もありますが、金額が多い場合はサインまたは暗証番号の入力を求められます。

タッチ決済の対応状況

各クレジットカードブランド会社すべてにおいて、タッチ決済普及に向けてサービスを展開しています。

  • Visa: Visa payWave
  • Master Card: Mastercard®コンタクトレス
  • JCB: JCB Contactless
  • American Express: American Express Contactless

ダイナーズクラブカードのみ、未対応ですが概ねタッチ決済可能な機能がすでに提供されています。あとは、あなた自身のクレジットカードにタッチ決済機能が普及するのを待つばかり、という状況です。

タッチ決済可能な店舗について

タッチ決済自体、電子マネーと異なる日本では普及していない規格が用いられているため、あまり利用可能な店舗が多くないというのが現状です。それでも、昨今の国を挙げてのキャッシュレス化推進に向けて、利用可能な店舗が徐々に増えて来ています。具体的には、以下の店舗で利用可能です。

  • ローソン
  • ツタヤ
  • マクドナルド
  • メガネスーパー
  • イオン
  • 表参道ヒルズ
  • 関西国際空港
  • Airport Limousine

利用可能な店舗がそこまで多くないとはいえ、大手企業の店舗でもタッチ決済を使うことが出来ます。もし、タッチ決済可能なクレジットカードを既にお持ちの方がいれば、これらの店舗で使ってみてはいかがでしょうか。

タッチ決済のメリット

クレジットカードのタッチ決済@メリット

すばやい決済が可能に

タッチ決済のような現金を介さない支払い方全般に言える話ですが、ただクレジットカードをかざすだけで支払いを完了させることが可能です。

そのため、現金を数える手間を削減することが可能なため、すばやい決済が可能になります。

大きな金額の支払いが可能に

タッチ決済は、要はクレジットカードでの支払いとなります。そのため、クレジットカードを利用可能な金額までであれば、タッチ決済で支払い可能となります。クレジットカードの利用限度額は大抵の場合10万円から多いと数十万円近くあります。そのため、この金額の範囲内であればタッチ決済で支払うことが可能になるのです。

電子マネーでの支払いではそうはいきません。チャージした金額内でのみの支払いとなりますし、限度額も数万円までです。クレジットカードのタッチ決済自体、電子マネーの上位互換となっているのです。

セキュリティ体制もタッチ決済の方がしっかりしています。ある程度以上の金額の支払いとなると、タッチ決済を利用したとしても暗証番号またはサインを求められます。そのため、不正利用されにくいです。

便利な技術ほどセキュリティが甘かったりしますが、クレジットカードのタッチ決済に関してはそんなことはありませんね。

海外でも普及済み

日本ではSuica等の電子マネーが、中国ではAliPay等のQRコード決済が普及しています。ただし、所詮は各国内での使用を想定して作られています。一方で、クレジットカードのタッチ決済は全世界に普及することを目指して作られており、すでに世界57カ国以上で使用可能です。特に、オーストラリアで普及が進んでおり、持っておくと電子マネーと同様の感覚でクレジットカードを使用することが出来ます。

もちろん、各国がタッチ決済に対応することが前提ではありますが、全世界どこでも使える点がメリットですね。

タッチ決済のデメリット

タッチ決済の一番のデメリットは、日本で使える店舗が限られている点にあります。まだ、数えるほどの店舗しか対応しておらず、タッチ決済が普及するのはまだ先だと思います。

ただ、2020年のオリンピックで日本を訪れる外国人はタッチ決済可能なクレジットカードを持ってくる可能性大です。そのタイミングで、タッチ決済可能な店舗数は爆発的に増えるのではないかな、と思っています。今後に期待ですね。

クレジットカードすら不要になる

タッチ決済可能になるということは、専用端末が何らかの認証さえ行えれば良いということになります。そのため、クレジットカードというカードの形態で決済する必要が無くなるのです。

最近では、スマホでもクレジットカードのタッチ決済が可能になってきています。更には、Visaと三井住友カードがタッチ決済対応の「リストバンド型プリペイドカード」をお台場で披露しました。

今後の行方が楽しみですね。

クレジットカードのタッチ決済@リストバンド

タッチ決済可能なクレジットカード

最後にタッチ決済可能なクレジットカードを紹介しますね。

American Expressカード

アメリカン・エキスプレス・カードに関しては、各クレジットカードにタッチ決済機能が標準搭載されています。基本スペックが非常に高いクレジットカードなので、タッチ決済のような先進的な機能も付けたんだと思いますが、私達としてはありがたい話ですね。

・American Expressカードの作成はこちらから

イオンカード

イオンカードに関しても、タッチ決済機能が付いてきます。イオン内でタッチ決済が使えるので、自社のクレジットカードに関してもタッチ決済機能を付けたのだと思います。

・イオンカードの作成はこちらから

まとめ

いかがでしたか。クレジットカードのタッチ決済についてまとめました。今後、クレジットカードのタッチ決済が普及するかどうか不明ですが、それでもQRコード決済や電子マネーには無い特徴を持っていることも事実ではあります。

今後共、クレジットカードの新技術に関して定期的にまとめてブログ内に掲載したいと思いますので、今後共よろしくおお願いいたします。

今回は以上になります。

参考までに、ロック機能が使えるクレジットカードについて紹介します。こちらも面白い先端のクレジットカードの記事となっています。良かったら参考にしてみて下さい。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*