クレジットカードのタッチ決済

クレジットカードのタッチ決済をご存知でしょうか。

電子マネーのようにクレジットカードを使用することなのかとぼんやりイメージされる方もいらっしゃるでしょう。

まだ日本ではあまりなじみのないクレジットカードのタッチ決済について解説します。

クレジットカードのタッチ決済とは?

タッチ決済とはNFC(Near Field Communication)、近距離無線通信の技術を利用した非接触決済方法のことを言います。

クレジットカードを利用する方法と、モバイル端末を利用する方法があるのです。

店頭での利用方法と、対応している国際ブランドをご紹介します。

クレジットカードのタッチ決済を利用する方法

クレジットカードのタッチ決済を利用するためには、下記の図のようなマークが印字してあるクレジットカードを準備しましょう。

クレジットカードのタッチ決済@マーク

このマークはタッチ決済の対応マークと呼ばれ、このマークがクレジットカードの表面や裏面に入っていればタッチ決済が可能であることを示すのです。

タッチ決済の対応マークのあるお店で、カードリーダーに端末をかざすと決済完了となります。

タッチ決済が使用できる国際ブランドとは?

各国際ブランドにおいてクレジットカードのタッチ決済への対応状況が異なるので表にまとめてみました。

国際ブランド利用可否タッチ決済の名称
VisaVisa payWave
MasterCardMastercard®コンタクトレス
JCBJCB Contactless
American ExpressAmericanExpress Contactless
Diners Club×-

タッチ決済の使用を考えている方は、国際ブランドがタッチ決済に対応しているかを確認しておくようにしましょう。

タッチ決済可能な店舗について

クレジットカードのタッチ決済が利用できるお店は地下鉄などでも利用できる海外と比較すると、国内ではあまり多いとは言えません。

Visa、 MasterCard 、JCB 、American Express全てのタッチ決済が可能なお店を抜粋してご紹介します。

チェック
  • ローソン
  • マクドナルド
  • すき家
  • 関西国際空港
  • 表参道ヒルズ
  • 文教堂

クレジットカードのタッチ決済を使用するメリットとデメリットについて

クレジットカードのタッチ決済@メリット

クレジットカードのタッチ決済とは何かおわかりいただいたところで、次はタッチ決済を使用するメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

クレジットカードのタッチ決済を使用するデメリットとは?

クレジットカードのタッチ決済を使用するデメリットは2つあります。

1つめは使い過ぎる可能性があることです。

チャージ式の電子マネーならばチャージした分しか使えないようにキャッシュレス決済には上限金額が設けられていますが、クレジットカードのタッチ決済の場合、上限金額がクレジットカードの限度額となってしまうところに注意が必要だと言えるでしょう。

2つめはまだ国内においてはクレジットカードのタッチ決済を使用できるお店が少ないことです。

少しずつ利用できるお店は増加しているようなので、各国際ブランドのHPで利用できるお店を定期的に確認するのもよいでしょう。

クレジットカードのタッチ決済を使用するメリットとは?

クレジットカードのタッチ決済を使用するメリットは2つあります。

1つめは素早い決済が可能になることです。

現在普及しているキャッシュレス決済ではバーコードを表示させたり、アプリを起動させたりと決済までに何段階かの操作が必要ですが、クレジットカードのタッチ決済においてはそれすら必要ありません。

決済に時間をかけたくない方にとっては理想的な決済方法と言えるでしょう。

一定金額以上の決済には本人確認が必要な場合があるのに注意が必要です。

2つめは世界統一規格「EMV」に基づいたICカードの設計でセキュリティが高いということです。

EMVとは国際ブランドであるVisaとMasterCardがクレジットカードの不正使用問題を背景に1998年に策定したICカードの統一規格です。

VisaとMasterCardに加え、規格策定当時ヨーロッパでMasterCardブランドを運営していたEuropay International(ユーロペイ・インターナショナル)の「E」を加えて「EMV」と名付けられました。

その後EMVには、JCB・American Express・中国銀聯・ディスカバーカードも加入し、EMV仕様のICカードが世界標準となったのです。

3つめは海外で利用できるお店が多いということです。

コンビニやスーパーのチェーン、ドラッグストアや百貨店、地下鉄にまで普及しているので海外出張や海外旅行に行く機会の多い方にとっては使い勝手がよいでしょう。

タッチ決済可能なクレジットカード

最後にタッチ決済可能なクレジットカードを紹介します。

現在では、比較的多くのクレジットカードがタッチ決済に対応しており、あなたが持っているクレジットカードがタッチ決済に対応しているかどうかは、各クレジットカードの公式ホームページを見たほうが良いです。

ここでは、対応しているクレジットカードの例を紹介します。

American Expressカード

アメリカン・エキスプレス・カードに関しては、各クレジットカードにタッチ決済機能が標準搭載されています。基本スペックが非常に高いクレジットカードなので、タッチ決済のような先進的な機能も付けたんだと思いますが、私達としてはありがたい話ですね。

・American Expressカードの作成はこちらから

楽天カード

楽天カードに関しても、タッチ決済機能が付いてきます。ただし、タッチ決済可能なのは、楽天カードの中でもVISAおよびMasterCardブランドのみですので、ご注意ください。

楽天カード
人気クレジットカードの定番!
・ポイント還元率1%, 楽天サービス利用時は更にup
・累計発行ポイント数は1兆ポイント突破
・入会費・年会費ともに無料

まとめ

クレジットカードのタッチ決済は対応するクレジットカードを準備すればカードリーダーにかざすだけで決済が可能なため、使用できるお店さえ増えれば便利に活用できるのがおわかりいただけたのではないでしょうか。

クレジットカードを作る際にタッチ決済のできるカードを作っておき、普及が進んだら徐々に使用を試してみるのもよいかもしれません。

参考までに、同じ先端技術を使用したロック機能が使えるクレジットカードについて紹介します。

興味があればぜひこちらの記事もお読みください。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう