東京電力の電気代の支払い方の中で最もお得な方法は?

東京電力の電気代の支払い方

関東にお住まいの方であれば、大多数の人が東京電力へ電気代を収めていると思います。毎月掛かってしまう費用のため、少しでも支払い額を減らしたいですよね。

そこで今回の記事では、そんな東京電力に掛かる電気代をどう支払ったら良いのか、解説しました。本記事では、特に支払い方の観点から解説していきたいと思います。

東京電力の電気代の支払い方

東京電力の電気料金の支払い方としては、3種類あります。それは、口座振替・クレジットカード払い・振り込み です。では、どの支払い方がお得なのでしょうか。以下、詳しくみていくことにします。

振り込み

東京電力の電気代の支払い方として振り込みを選択した場合、あなた自身が銀行・郵便局・またはコンビニで東京電力の料金を支払うこととなります。自ら振り込む必要があるため、少々手間が掛かりますが、最もスタンダードな支払いです。

銀行にせよ郵便局にせよ、東京電力では、振り込むことで特別な割引があるわけではありませんので、よほどのことがない限り、選択する必要のない支払い方です。

ただし、セブン-イレブンが近くにある場合、nanacoで東京電力の料金を支払うことで高いポイント還元率を獲得できる方法があります。詳細は以下の記事にまとめました。

口座振替

口座振替では、あなた自身の銀行または郵便局の口座から自動的に引き落とされる支払い方です。勝手に引き落とされていくので、便利な反面、いくら掛かっているのか、実感が沸かない所に欠点があります。

特に東京電力で口座振替を選択した場合、毎月の電気料金が54円引きになります。結構、割引率が大きいので、おすすめの支払い方の一つです。特に一人暮らしなどで電気料金の支払い額が少ない場合、クレジットカード払いよりもお得になる場合もあります。

東京電力の電気代を支払う上で、頭に入れておきたい方法です。

クレジットカード払い

クレジットカード払いでは、東京電力の電気代をクレジットカードで支払うことが可能です。クレジットカードのポイントを獲得できるのでお得な反面、いくら電気代の支払いに掛かっているのか実感の沸かない所に欠点があります。

ただ、クレジットカードごとに獲得できるポイントは変わってきます。東京電力の電気代を支払う上でおすすめだと思う(または思われている)クレジットカードを紹介していきます。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードというエポスカードが発行しているクレジットカードがあります。こちらのクレジットカードで東京電力の電気代を支払う方法が、最もお得だと私は思っています。エポスゴールドカードで電気代を支払った場合、やり方次第でポイント還元率1.5%達成できるためです。

そのやり方とは、選べるポイントアップショップにて東京電力を選択することです。エポスゴールドカードの通常の還元率は0.5%なのですが、指定の三箇所に限ってポイント還元率を1.5%に引き上げてくれるのです。

公共料金の支払いでポイント還元率を1.5%も獲得できるカードはほとんどありません。エポスゴールドカードは、東京電力の電気代の支払いに最適なのです。

尚、ゴールドカードと言うとついつい年会費が掛かってしまうように聞こえてしまいますが、実はエポスゴールドカードは数少ない年会費無料で使えるクレジットカードの一つなのです。ただ、条件はあります。まずエポスカードを作成した後、エポスゴールドカードへのインビテーションを受け取ってランクアップした場合に限り、年会費無料となるのです。

インビテーションを受け取れる条件も実際の所、そこまで高くないので一度作成を検討してみてはどうでしょうか。詳細はこちらの記事にまとめました。



楽天カード

楽天カードでは、楽天市場以外の支払いでもポイント1%還元してくれるクレジットカードです。年会費も無料でかつ、ポイント還元率も1.0%獲得できるため、悪くない条件だと思います。

エポスゴールドカードよりも還元率は低いですが、楽天カードに関しては、インビテーションを受け取らなくてもポイント還元1.0%獲得可能です。東京電力の電気代を支払う上で、ポイント還元率の高いクレジットカードをすぐにでも作りたいのであれば、楽天カードの方がおすすめです。

TEPCOカード

東京電力と三菱UFJニコスが共同で発行しているTEPCOカードというクレジットカードがあります。こちらの特徴としては、クレジットカードで東京電力の電気代を支払う際、最大でポイント2.0%も獲得できる所にあります。結構なポイント還元率ですね。

確かに東京電力の電気代の支払いにお得ではあるのですが、年会費が1350円(税込み)掛かってしまうため、上の二つのクレジットカードをおしのけるほどの魅力がありません。ちょっと、残念なクレジットカードでもあります。

どの支払い方がお得なのか

東京電力の電気代の支払い方@有用な支払い方

基本的には、口座振替かクレジットカード払いを選択するかのいずれかになります。口座振替を選択した場合、年間で648円の節約が可能となります。結構な節約額ですね。一方でクレジットカード払いを選択した場合、エポスゴールドカードであれば、年間43,200円(月間3,600円)以上支払った場合に口座振替よりも還元額が高くなります。尚、楽天カードであれば、年間64,800円(月間5,400円)以上支払った場合に口座振替よりも還元額が高くなります。

一人暮らしなどであれば、月間5,400円以下しか支払っていない場合もあるのではないでしょうか。そういった場合、口座振替の方がお得となるケースもあります。クレジットカード払いの方がお得だとついつい考えがちですが、東京電力の電気代に関しては、その限りでないことを覚えておくと良いかもしれません。

私はどう支払っているのか

ちなみに、私は東京電力の電気代を支払い方としては、エポスゴールドカードを使ってます。エポスゴールドカードのインビテーションを受け取るのはちょっと大変でしたが、それでもポイント還元率1.5%は魅力的です。

東京電力の電気代に関しては生きている限りずっと払い続けることになると思います。また、家族ができたりすれば、自ずと掛かる電気代はどんどん上がっています。エポスゴールドカードをいまのうちに作っておけば、一生分で考えれば結構な節約になるんじゃないかなー、と思っています。

私のことを例にとって考えると、大体年間で50,000円程度電気代を支払っています。この先、50年間、毎年50,000円の電気代を東京電力へ支払ったとして、獲得できるポイントは37,500円相当です。個人的には悪くないかな、、と思っています。

まとめ

東京電力の電気代の支払い方@まとめ

いかがでしたか。東京電力の電気代の支払い方に関して解説しました。クレジットカード払いだけでなく、口座振替も実はお得であり、どの支払い方が最も良いかはあなたの普段から支払っている電気代によっても変わってきます。

東京電力に限らないのですが、電気代はあなた自身が生きていく上で、支払い続けなければなりません。少しでもお得な支払い方を覚えて、お金を節約していきたいですね。

今回は以上になります。

上の記事で紹介したエポスゴールドカードですが、公共料金の支払いに最適なクレジットカードとなっています。こちらの記事にもまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。



SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*