エポスカードをお得に・便利に使う上で知っておきたい15個の特徴

ETCカードのおすすめ@エポスカード

エポスカードをご存知でしょうか。エポスカードとは百貨店のマルイが発行しているクレジットカードです。

こう聞くと、マルイでしかお得に使えない印象を持ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。マルイ以外の場所でも様々な特典があるクレジットカードなのです。

そこで、今回の記事ではエポスカードのお得な使い方に関し、基本スペックを踏まえた上で、解説してきたいと思います。

・エポスカードの公式サイトはこちら

基本スペック

項目
年会費 無料
ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%
付帯保険 海外での保険付き

年会費は永年無料

エポスカードの特徴として、無条件に年会費が無料になる、というのがあります。年会費が掛かってしまう、または条件付きで無料となるクレジットカードが多い中、この条件は私たちにとってはお得ですね。

とりあえず、作っておくか、、程度の軽い気持ちでエポスカードを作ったとしても一切損をすることはありません。

エポスカードのお得な使い方・特典

マルイのキャンペーンを利用可能に

実は、マルイでエポスカードを利用した所でポイント還元率がアップする等の条件はありません。

ただし、マルコとマルオの7日間 期間中にマルイでエポスカードで支払った場合、全品10%OFFになるキャンペーンを年に4回行っています。例年ですと、3・5・9・11月に実施します。

エポスカードを持っていないと、10%OFFになりません。マルイを利用するのであれば、お得なマルコとマルオの7日間目当てで、エポスカードを作るのも十分アリだと思います。

ちなみに、マルイにてエポスカードで支払いした場合、3万円以下の支払いに限り、サイン・暗証番号不要で支払いが可能です。

エポスカードはマルイが発行しているクレジットカードですので、あなた自身の支払い履歴などが全てわかっています。それゆえに本人確認のためのサインや暗証番号を省略出来たのだと思います。

クレジットカードを利用してサインしたり暗証番号を入力するのって結構、手間ではないですか。細かい部分ですが、少しでも私たちが楽に買い物を出来るよう、工夫をしているのです。

マルイ以外の買い物でも割引料金が適用される

エポスカードはマルイ以外でも割引可能な場所が物凄く多いです。ざっと5000店舗以上あります。

大抵のお店では、エポスカードを提示すれば割引が効きます、、などと親切にレジに表示されていないので、見過ごされがちなのが玉に傷ですが。

5000店舗も紹介していると、キリが無いので知名度の高いお店をピックアップしてまとめました。

店舗 特典内容
楽蔵 10%OFF
魚民 ・ 笑笑 エポスポイント 5倍
J’s burgers 10%OFF
ロイヤルホスト 5%OFF
ピザーラ 竜田ミックス プレゼント
イオンシネマ 500円 OFF(エポトクプラザから購入時のみ)
H.I.S. エポスポイント 3倍
APAホテル エポスポイント 5倍
タイムズカー 初期費用 1550円 → 無料
オリックスレンタカー 10%OFF
シダックス ルーム料金30%OFF エポスポイント5倍
ビッグエコー ルーム料金30%OFF
カラオケ館 ルーム料金30%OFF
お部屋探しnet 成約時5000エポスポイントプレゼント
ENEOS電気 エポスポイント 2倍
ノジマ エポスポイント 5倍
コンタクトのアイシティ 優待価格で案内
hp エポスポイント 10倍

エポスカードを利用するだけでお得になるお店が、充実していますね。特にカラオケ関連の充実度は高く、何と一般料金の30%引きで案内してくれます。

実際の所、カラオケ店のキャッチの人と直接交渉すれば30%OFF程度ならば楽々達成できます。ただ、毎回交渉するわけでもないでしょうし、交渉が苦手な方もいると思います。エポスカードを見せるだけで30%OFFにしてくれるのは、私たちとしても手間が省けて嬉しいですね。

J’sバーガーでも割引が適用される

エポスカード@JSバーガー

J’sバーガーと言われても、あまり聞いたことがないかもしれませんが、ハンバーガーを販売しているお店です。

マクドナルドなどと異なり、パン生地しかり、中の肉しかり、きちんとした素材を使用しています。食べると、パンと肉がいい具合に口の中で混ざり合って美味しいです。

J’sバーガーの店舗は新宿と原宿にあります。エポスカードを作成すると10%OFFで食べられますので、よかったら一度食べに行かれてはどうでしょう。

インターネット通販でもポイント還元率アップ

エポスカードは、実店舗のみでなく、インターネット通販でもお得な還元率を享受できるサービスを展開しています。

それが、エポスカードの運営している”たまるマーケット”です。たまるマーケットでも、400店舗以上が紹介されています。全部紹介しきれないのですが、代表的なお店のみ、ピックアップしました。

店舗 特典内容
Amazon エポスポイント 2倍
楽天市場 エポスポイント 2倍
ベルメゾンネット エポスポイント 2倍
Yahoo! ショッピング エポスポイント 2倍
ヤフオク エポスポイント 2倍
ユニクロオンライン エポスポイント 2倍
ニッセンオンライン エポスポイント 3倍
じゃらん エポスポイント 3倍
楽天トラベル エポスポイント 2倍
エクスペディア エポスポイント 6倍
DHCオンラインショップ エポスポイント2倍
ファンケル エポスポイント 4倍
LOHACO エポスポイント 3倍

どれも説明不要でしょう。大手通販サイト利用時にて、エポスカードを利用した場合、ポイント還元率は通常よりも高くなるのです。

エポスカードで上に挙げた通販サイトで購入する際は、たまるマーケット経由で購入するとお得に使えます。

お得なエポスポイントの交換先

エポスカードのポイントの交換先としては、第一にエポスVISAプリペイドカードへチャージするという手があります。この場合、1ポイント = 1円のレートで交換できます。ポイント還元率は0.5%相当です。

更に、web明細へ申し込んでいる方限定で、インターネット通販での買い物にエポスカードのポイントを用いることが出来ます。この場合も1ポイント = 1円のレートです。ポイント還元率は0.5%相当です。

代表的なのが上の2つですが、それ以外にも交換先があります。以下にまとめました。

ポイント交換商品 ポイント数 ポイント還元率
モンテローザお買い物券1000円 800エポスポイント 0.625%
シダックス買い物券1000円 800エポスポイント 0.625%
マルイの商品券1000円 1000エポスポイント 0.5%
VJAギフトカード1000円分 1000エポスポイント 0.5%
Quoカード1000円分 1000エポスポイント 0.5%
iTunesギフトコード1000/3000円 1000/3000エポスポイント 0.5%
スターバックスカード3000円 3000エポスポイント 0.5%
アパホテルクーポン券1000円 1000エポスポイント 0.5%
KEYUCAお買い物券500円 500エポスポイント 0.5%
IDC OTSUKAエポスクーポン券1000円 1000エポスポイント 0.5%
dポイント1000円分 1000エポスポイント 0.5%
au wallet 1000円分 1000エポスポイント 0.5%
JALのマイル 500マイル分 1000エポスポイント 0.25%
ANAのマイル 500マイル分 1000エポスポイント 0.25%

モンテローザ(要はワタミ グループ)で飲食をされる方、シダックスでカラオケを頻繁に利用される方であれば、エポスカードのポイント交換先として、商品券へ積極的に交換したい所です。その際のポイント還元率は0.625%となります。非常にお得ですね。

尚、マイルへの交換も可能ですが、残念ながらマイル還元率は0.25%とあまり良くありません。マイルを獲得したいのであれば、素直に航空会社系のクレジットカードを作成したほうが良いでしょう。

電子マネーへのチャージ用としての使い方

電子マネーとしては、楽天edy・モバイルSuica・スターバックスカードへのチャージ用として使用可能です。

残念ながら、モバイルSuicaにエポスカードでチャージしようとすると、年会費1030円掛かってしまいますので、お得ではありません。

そこで、エポスカードを持っている方は、楽天edyを基本的には使っていく方向になるかと思います。電子マネーで最も決済額が多いのも楽天edyです。全国のコンビニの他、マツモトキヨシなど様々な店舗で使用可能です。

エポスカードを利用した場合、チャージ時にポイントが0.5%分、edy利用時に0.5%分、合計1.0%のポイント還元率を獲得できます。

この1.0%という数字、実は楽天カードと同水準のポイント還元率となるのです。中々お得ですので、積極的に使っていきたいですね。

ETCカードの発行・年会費が無料

ETCカードの発行時・また年会費が有料のクレジットカードが多い中で、エポスカードのETCカードは、いずれも無料で作成可能です。

自動車で高速道路へ年に何度も乗らないけど、ETCカードは欲しい、という人にとってはオススメです。

私は、自家用車を持たず、カーシェアリングなどの自分の車以外で運転をするのですが、やはりETCは便利です。料金所でわざわざお金を取り出さなくて済みますし、支払いも一瞬です。また料金の割引制度まであります。

カーシェアリングやレンタカーであれば、当然ETC車載器も取り付いています。車を実際に保有していない人でも、ETCカードを気にかけておいた方が良いのでは、と思います。

海外に強い

エポスカード@海外
エポスカードは、今まで説明してきた国内での利用だけでなく、海外での利用にも強いです。

まずは、エポスカードのブランドはVISAである点が挙げられます。海外のクレジットカードブランドの主流はVISAとMasterCardです。私も海外に何度か行きましたが、VISAブランドのクレジットカードを持っていて、困ったことは一度もありませんでした。

VISA世界の200カ国以上で普及しており、決済総額は100兆円にも上ります。長いものには巻かれよではありませんが、VISAブランドのクレジットカードというだけで、一つ大きなメリットとなり得ます。

また、エポスカードに付いている海外旅行保険は自動付帯となっています。どういうことかと言うと、ただエポスカードを持っているだけで、あなた自身にクレジットカードの保険が適用されるのです。

年会費無料のクレジットカードは、そもそも保険が付いていなかったり、利用付帯といって一度でもクレジットカードを旅行中に使わないと保険が適用されないものもあります。

わかりづらい部分ではありますが、エポスカードの海外保険は手厚いのです。

マルイの株主優待券でポイント獲得

マルイの株主になることで、実はエポスカードのポイントを獲得できます。マルイの株主優待券は以下の内容になります。

特典1:マルイの買い物券1000円分商品券(年2回)
特典2:マルイのネット通販1000円分クーポン(年2回)
特典3:エポスポイント1000円分(年1回、ゴールド以上ならば、2000円分のポイント獲得)
(丸井グループの株を100株購入時の特典)

1000円分のエポスカードのポイントを獲得できるのは嬉しい話ですね。上で挙げた内容だけで、年間5000円分にもなります。

エポスカードと併せ、マルイの株主になることも検討してみてはどうでしょうか。

インビテーションを受け取り可能

エポスカードを継続的に使用し続けていくと、エポスゴールドカードへランクアップするためのインビテーションを受け取れる場合があります。

インビテーションを受け取れた場合、年会費無料でゴールドカードを作成することが出来ます。

万が一、ゴールドカードのインビテーションを受け取れた場合、以下の特典を無条件に受けることが可能です。

・日本国内および韓国・ハワイにある全21ヶ所の主要空港のラウンジを利用可能
・対象ショップの中からよく利用するショップを最大3つまでポイント還元率が1.5%へアップする

年会費無料でこれらの特典を受け取れるのは嬉しい話ですね。特にポイント還元率が1.5%というと、全クレジットカードの中でも最高クラスの還元率になります。

エポスカードを積極的に使い込んで、お得なインビテーションを受け取りたいですね。

インビテーションを受け取る条件に関しては、こちらの記事にまとめました。



エポスカードの便利な使い方

エポスカードがお得@便利

プリペイドカードを作成可能

エポスカードを作成しておくと、プリペイドカードも作成することが出来ます。プリペイドカードはチャージ式のクレジットカードであり、VISAブランドを取り扱っているお店であれば使用することが出来ます。

プリペイドカードはチャージ方式なのですが、エポスカードから直接チャージするだけでなく、エポスカードで貯めたポイントもチャージ可能なのです。中々、便利な機能ですね。

更に、エポスカードのプリペイドカードを利用した場合、ポイントは貯まるのではなく、キャッシュバックされるようになります。そのため、ポイントを使い忘れて失効させてしまうリスクも低減できます。

詳細はこちらの記事にまとめました。

バーチャルカードを利用可能

エポスカードを作ることでエポスカードが発行しているバーチャルカードも一緒に保有することが出来ます。

バーチャルカードとはクレジットカードにも関わらず、カード本体が存在しないタイプのものを指します。

実際の店舗で使うことは出来ませんが、インターネット通販などで利用可能です。

エポスカードのバーチャルカードでは、いつでも有効化・無効化を切り替えられる点、カード番号を何度でも変更可能な点に特徴があります。

価格.comなどで開拓した普段使わないお店でクレジットカードを使うのは少し抵抗感がありませんか。特に安全性の面で。

その点、バーチャルカードでお金を支払ってカード番号を変更してしまえば、カード番号が流出しても、その番号は使うことが出来ないため、不正利用される心配はありません。

エポスカードのバーチャルカードは非常に便利なのでオススメです。

詳細はこちらの記事にまとめました。

エポスカードのアプリを利用可能

エポスカードを保有していると、エポスカード会員専用のアプリを利用することが出来ます。 アプリを利用することで、以下のサービスを受けることが出来ます。

・エポスカードの利用明細の確認
・獲得したエポスポイント / プリペイドカード残高の確認
・お得な情報の展開

エポスカードでは、紙で明細書を送付するのに、86円(税込み)掛かります。基本的にweb明細を利用する形になるのですが、アプリ上から通知さえ来れば、確認しよう、という気になりますよね。

エポスカードを作成したならば、インストールしておきたいアプリです。

エポスカードのアプリ内で簡単なゲームを行うことが出来ます。勝つと、エポスカードのポイントが3ポイント分獲得できます。

あるトランプを見せられ、隣のトランプの数字が 見せられたカードの数字より、大きいか小さいかを3回連続で当てるゲームです。ドラクエのカジノ内にあるダブルアップゲームと全く同じ仕組みです。

結構、お得ですので、時間がある方はチャレンジしてみては!?

エポスカード利用時に通知が来る

通常、クレジットカードを使っただけでメールが来ることはありませんが、エポスカードに関しては、実際にクレジットカードで支払いがあった場合、メールがあなた宛に送信される仕組みになっています。

クレジットカード利用時に怖いのが不正利用ですよね。知らないところで使われていたら大変です。その点、エポスカードであれば利用時にメールが届きますので、本当にあなたの支払いなのか、すぐに確認できる点が嬉しいです。

本当に不正利用されたならば、エポスカード裏面に書かれている電話番号まで電話すれば、その支払いがあなたへ請求されることはありませんので。

エポスカードのその他の特徴

選べるデザイン

クレジットカードの柄は選べて数種類しかないケースが多いと思います。ただし、エポスカードは違います。

何と400種類近くあるデザインの中からあなたのお気に入りのエポスカードの柄を選択することができます。

ちなみに、エポスカードのデザインは私たちの投票によって決まります。2016年10月より、実際に採用されたデザインのうち、上位2つの絵柄はこちらの通りです。

エポスカード@デザインカード

まとめ

いかがでしたか。エポスカードのお得な使い方・特徴についてまとめました。

正直、書き切れないくらい沢山のメリットがあります。当サイトでもオススメのクレジットカードの一枚として挙げています。

皆さんも取得を検討してみてはどうでしょうか。今回は以上となります。




エポスカードの申し込みはこちらから
参考までに、当サイトでオススメのクレジットカードをこちらの記事にまとめました。良かったら参考にしてみて下さい。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*