エポスバーチャルカード

エポスバーチャルカードをご存知でしたか。恐らく、エポスカードの公式ホームページや紹介記事を読んでこのカードの存在を知った方も多いのではないでしょうか。私もそうです。

ただ、エポスバーチャルカードとはどんなカードなのか、またどういった場面で使ったら良いのか、分かりづらいと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回の記事ではそんな疑問に答えるべく、エポスバーチャルカードの特徴や使い道について解説しました。

エポスバーチャルカードの特徴

そもそも、エポスバーチャルカードとは、一体どんなカードなのでしょう。エポスバーチャルカードは、バーチャルカードの一つで、あなたのエポスカードに追加される形で発行されます。ただ、バーチャルカードに申し込むと、手にとって触れるカードが届くわけではなく、カード番号だけが発行されます。

通販であれば、カード番号さえあれば商品を購入できると思います。そのため、エポスバーチャルカードは、特に通販で商品を購入することに特化しているのです。

また、エポスバーチャルカードを発行したとしても、その利用分の金額は全額エポスカードと一括で請求されます。そのため、追加の手続きは不要となっています。

バーチャルカードは好きなタイミングで有効・無効を切り替えられる

エポスバーチャルカードは、カード番号だけが発行されるため、申し込めば即日発行されます。同時に、申請すれば即日無効にできます。そのため、いつでもエポスバーチャルカードの有効・無効を切り替えられるのです。

しかも、一度切り替えると、カード番号まで変わるのです。

そのため、決済するたびにカード番号を変えれば、世の中に出回っているあなたのカード情報を全て無効にできます。そのため、万が一カード情報が流出してもカードを不正利用されるリスクをゼロにすることさえ出来ます。

利用限度額を自分自身で設定可

エポスバーチャルカードでは、有効・向こうだけでなく、利用限度額まで自分自身で設定することが出来ます。そのため、バーチャルカードで使う予定の金額を少し上回る程度の利用限度額を設定しておけば、万が一、カード番号が流出しても、被害を最小限に留めることができます。

尚、利用限度額はエポスカードで設定されている利用限度額を上回らせることは出来ないので、注意する必要があります。

エポスバーチャルカードの使い道

通販サイトでの利用

基本的な使い道です。特に、英語などの外国語で表示されているサイトの商品を、購入する際にメインとなるクレジットカード情報を登録するのは、かなり勇気がいります。

ただ、エポスバーチャルカードであれば、カード番号を登録して商品を購入したとしてもすぐに無効にすれば、不正リスクの影響を最小限に留めることができます。エポスバーチャルカードの主な使い道になるかと思います。

エポスカードの利用限度額を下げる

エポスカードとエポスバーチャルカードの利用限度額の合計は決まっています。そのため、エポスバーチャルカードの利用限度額を引き上げることでエポスカードの利用限度額を引き下げられるのです。

そのため、エポスバーチャルカードの利用可能額をあえて高額に設定すると、日常的に使用するエポスカード自身の利用可能額を意図的に下げることが可能になります。これにより、日常的に利用するエポスカード側の番号がスキミングなどにより不正流出したとしても、被害を最小限に留められます。

特に海外ではクレジットカード番号が不正流出してしまうリスクが高まります。

もし、エポスカード自身の利用額が不足しそうなら、インターネットを通じてエポスバーチャルカードの利用額を差し引くことで、エポスカードの利用額を増やせるのです。

エポスカード・エポスバーチャルカードどちらを安全にしたいかによって、利用限度額を調整すれば良いのです。面白い特徴だと思います。

エポスバーチャルカードが使えない場所

エポスバーチャルカードの安全性@使えない
エポスバーチャルカードは通常のエポスカードと異なり、使えない状況というものが存在します。

面白い特徴を持っているエポスバーチャルカードですが、すべての買い物で使えるわけではありません。残念ながら使えない所があります。

チェック
  • インターヘットショッピングサイト以外でのご利用
  • Visaがつ会えないインターネットショッピングサイト
  • 公共料金、電話料金、インターネットプロバイダー使用量、保険料など、クレジットカードを登録し継続的にお支払いが発生するお取り引き
  • 航空券やコンサートのチケットなど、お受け取り時にクレジットカードの提示が必要となるお取り引き
  • マルイウェブチャネルでのご利用
  • Yahoo!ウォレットでのお支払い方法の登録
  • その他、インターネットショッピングサイトでも一部エポスバーチャルがご利用いただけないショップがございます。

ネット通販以外ではエポスバーチャルカードが使えない設定となっているようです。こういった場所では、エポスカードの方を利用した方が良いでしょう。

他社が発行しているバーチャルカードとの比較

バーチャルカードの競合として挙げられるのは、三井住友バーチャルカードのみです。

スペック比較表を作成しました。

 エポスバーチャルカード 三井住友バーチャルカード
 年会費 無料 316円
 利用限度額 エポスカードの上限利用額まで 10万円
 ポイント還元率 0.5% 0.5%

年会費は無料

エポスバーチャルカードは年会費が無料です。

三井住友カードが発行しているバーチャルカードは月々324円掛かってしまいますので、この点だけみてもエポスバーチャルカードの方が優れています。

利用額の設定

エポスバーチャルカードでは、利用限度額を1万円単位で、エポスカードの上限利用額まで自由に設定できます。

安全性を意識している方にとっては、嬉しい話ですね。

対して、三井住友バーチャルカードは限度額が10万円固定です。この点に関してもエポスバーチャルカードの方が優れています。

エポスバーチャルカードを取得しよう

エポスバーチャルカードの安全性@まとめ
エポスバーチャルカードが安全性を高めるサービスを無料で提供してくれていることが理解できたと思います。

ただ、エポスバーチャルカードを取得するにはエポスカードを取得する必要があります。エポスカード自身も無料で作成可能なお得なクレジットカードです。

このの記事を機に取得を検討してみてはどうでしょうか。

エポスカードVisa
マルイ以外でもお得に活用できる!
・全国10,000店舗以上を優待料金で利用可
・マルイも年4回、10%OFFで買い物できる
・年会費無料、選べるデザイン
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう