クレジットカードなのにネット通信が可能になるWallet Cardについて紹介します

WalletCard

クレジットカードは、カード決済端末との通信のみが可能でしたが、これからの時代はクレジットカードがインターネットにつながるようになります。それが、今回紹介するWallet Cardというものです。

気になるのは、どんなことがWallet Cardで出来るか、ですよね。そこで、今回の記事ではWallet Cardでどのようなことが出来るのか、解説しました。

Wallet Cardの特徴

1枚のカードなのに複数のカードとしての役割を果たせる

Wallet Cardには、クレジットカードにも関わらずディスプレイが付いています。このディスプレイはボタンを操作することで切り替えることが可能で、Wallet Cardが今現在、どのようなカードとして機能しているのかを表示してくれているのです。

例えば、クレジットカード・キャッシュカード・ポイントカードなどの機能の他、QRコードやクーポンなどを表示することも可能になります。こちらが、実際にWallet Cardを操作した時の動画になります。

携帯回線との通信が可能に

Wallet Cardでは、Simカードが内蔵されており、携帯回線との通信が可能になります。これにより、クレジットカードの機能停止の他、新しい機能も順次携帯回線から後付けすることが可能になってきます。

例えば、クレジットカードを落としてしまって、機能を即時停止させたい時などは、この機能が特に使えますね。あなた自身のスマホ上のアプリなどからボタン一つ操作すれば、クレジットカード機能を停止させることが可能となります。

発売時期について

現在、Wallet Cardが提唱しているだけで、あなた自身が本カードを使えるわけではありません。Wallet Cardの採用事例はまだほとんどなく、世界中で見てもドバイのEmirates NBD銀行が2019年に導入を予定している程度です。当然、日本で本カードを見掛けることはできません。

一応、2019年度に何らかの形で製品化しようという計画はあるそうです。手元に届くのを楽しみにしたいですね。

まとめ

いかがでしたか。Wallet Cardについてまとめました。携帯回線とクレジットカードを組み合わせた商品は初めてみるものなので、今後でてくる製品が楽しみですね。個人的には、Wallet Cardを端末に挿入すれば、クレジットカード・キャッシュカード・ポイントカードの各機能をディスプレイを操作しなくても勝手に切り替えて読み込んでくれるとありがたいのですが。

今回は以上になります。

参考までに、本Wallet Cardの会社が発行しているカードの中にロック機能付きクレジットカードがあります。こちらの記事にまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*