お金の増やし方 – 5つの考え方を理解しよう –

お金の増やし方について語る前に、お金の流れについて、図解します。

この図が全てといっても過言ではありません。

まず、お金を増やすというのは一体、この図でいうどの部分のお金を増やせばよいのでしょうか。

候補は3つありますね。

1. 収入を増やす
2. 税金を減らす
3. 支出を減らす

更にもう二つ、お金の流れを追加します。

4. ポイント還元
5. 配当金の入手

4. はクレジットカード等のポイントを指します。

本ブログの読者には是非全部やって頂きたいですね。
以下、この投稿では各項目について概略について書いていきたいと思います。

1. 収入を増やす


収入を増やす、、、皆さんもまずはこれを考えるのではないでしょうか。
王道ですね。

収入を増やすといっても色々あります。
一生懸命働いて昇給・昇格を目指す生き方、副業で稼いでゆくゆくは独立する生き方。

ただ、一生懸命働かなければならないことは確かなようです。

収入を増やすメリットは非常に大きいですが、大変な労力が掛かります。
生活レベルを積極的に上げたいならば、まずはこれを目指すべきです。

2. 税金を減らす


税金を減らす、、皆さん考えられたことありますか。

私はつい最近まで全く考えてもいませんでした。

サラリーマンであれば税金を減らすという発想はなかなか出てこないかもしれません。
何せ給料を貰う前に引かれていますからね。

実際は違うのです。
詳細は省きますが、様々な控除制度が日本では定められており、フル活用すれば
そこそこの金額を取り戻せると思います。

税金の世界は下記言葉に集約されます。

よくわかんないから、払わなくていいやはありえません!
ただし、払いすぎていても誰も優しく指摘してはくれません!

フリーランサーの方は言わずもがなという感じでしょうが、
知らない人は是非とも知識を仕入れて下さい。

以上、まとめると税金を減らすことは可能でメリットは普通程度、
ただし、脱税は法律違反ですので法律は熟知する必要があります。

参考までにこちらの本を紹介します。サラリーマンの9割は税金を取り戻せる – あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)

9割取り戻すのは厳しいかもしれませんが、豊富な節税術について書かれており、オススメです。

3. 支出を減らす


これはすぐに思いつくやり方ですね。かつ、簡単です。

酒・タバコ・趣味を辞めるだけでよいのですから。

ただ、支出を減らすと行っても嗜好品(酒・タバコ・趣味のことです)の支出を
減らすと味気ない生活になってしまいますね。

そこで、生活費のうち、固定費を減らすことを推奨します。

固定費とは何でしょう。それは生活をしていく上で欠かせない費用のことです
例えば、家賃(または住宅ローン)・電気代・水道代・ガス代・通信費・保険代等です。

何故、固定費を減らすのでしょうか。それは毎月一定金額支払うお金のため、年間・10年単位
で見るととんでもない金額になるためです。

例えば、みなさん○HKに契約してますよね。契約は一ヶ月1260円です。
さて、一年にいくら掛かると思いますか。
何と、約1万5000円掛かります。
十年間で15万円
一生では?後50年間生きていくとして75万円掛かります。

N○○の一ヶ月1260円というと大したことないように思えますが、そんなこと全然ありませんよね。

さて、先程あげた固定費(家賃(または住宅ローン)・電気代・水道代・ガス代・通信費・保険代等)
この中で生活の質と全然関係なさそうな項目が二つありますね。そう、通信費と保険代です。

通信費抑制のためには格安simを活用する、保険であれば不必要に高い保険には加入しない等
の手段が有効ですね。

以上、まとめると支出を減らすメリットは大きいです。
また、手段も知っていれば比較的簡単です。

4. ポイント還元


言わずと知れた、ポイント還元です。皆さんも財布に入り切らないくらいのポイントを持っているのでは
ないでしょうか。

私もカードケースを一つ財布とは別に持っていますが、それも一杯で家にめったに使わないポイントカードを
別口で保管しています。

ここでのポイントは高還元のクレジットカードを使ってsuicaなりnanacoにチャージすることで二重のポイントが~
という説明をそれこそ山のようなサイトで見てきました。そして、それは重要なテクニックです。

ただ、あえて言いたいのは、ポイントにこだわり過ぎないようにして欲しいということです。

例えば、大手電化製品屋のポイントは10%以上付きますが、実際はインターネット通販の方が安い場合が圧倒的に多いです。
ポイントにこだわりすぎて肝心の支出が減っていないようでは全く意味がありません。
この辺注意が必要です。

また、クレジットカードにはリボ払いという悪魔のような制度が備わっています。
リボ払いは月々の支払いを一定額に抑える代わりにその月の超過請求分は翌月以降に支払うようにする制度なのですが、
翌月払いになった瞬間に年利18%もの利子が付きます。

18%ですよ。クレジットカードのポイントは一般に1%程度だと言われている中、利子は18倍取る。
1万円の延滞を一年間継続すると1800円。酷すぎて涙も出ません。

また、支出が多く、毎月カツカツだという人にはクレジットカードはオススメしません!
お金を実際に手渡しすることでお財布の中のお金の減り方を目視出来るので、注意してお金を使うようになりますので。

以上、まとめるとポイント還元のメリットは小さいです。
自分自身の性格をきちんと考えた上でご利用下さい。

5. 配当金


最後になりました。配当金です。銀行にお金を預けることで得られる利子・株式を持つことで得られる配当金・
外貨の売買(FX)によって得られるお金等を指します。

銀行に預けることで利子が得られると思います。ただ、今は非常に低いですよね。2017年現在、某M銀行の普通口座の
金利は0.001%、100万円預けて10円の利子しかつきません!

そのくせ、時間外でお金を引き出そうとすると平気で100円以上掛かります。もう、この時点で赤字です(怒)。

さて、株についてです。株を何故勧めるかというとまずは株を買うと配当金が出ますよね。配当金は
大体株価の2~3%程度付く場合が多いです。銀行金利の何千倍ありますよね。また、株価が上がれば株を売ってしまえば
よいのです。株価は乱高下しますので、自分の中である基準を作ることをオススメします。その基準を超えたら売る
ようにすればよいだけです。

ただし、株は損する可能性も十分あります。例えば、企業が不祥事を起こすと一気に株価が下がります。倒産された日には
株の価値がなくなってしまいます。

また、リーマンショックのような事態が発生するとどんな株も暴落します。すると、株の価値が下がり、その分損することに
なります。あまりに下がりすぎると夜も眠れない生活になってしまう。

よって、アツくなりすぎないことが望ましいですね。具体的には全財産を株に掛けるのではなく、必要資産を残しておくと良いでしょう。

その他、分散投資が望ましい等々ありますが、それは別の記事に書いていきたいと思います。

また、FXは魔境です。詳細は省略しますが、利益も大きいですが、損失も大きく、あまりオススメしません。

以上、まとめますと配当金還元のメリットは大きいがリスクも大きい。
ご利用は計画的に。

まとめ

上から順に5項目説明しました。

みなさん、全部ご存知でした?

知らない部分があったら是非その知見を広めていって下さいね。

税金の所でも触れましたが、今は知らない人が損をする世の中です。
是非とも知識を広げて、変な所で損をしないようにして下さいね。

では、またノシ

 

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*