「ファミペイ」アプリを損せずに使いこなすための完全ガイド!

キャッシュレス決済が続々とリリースされる中、2019年7月1日にファミリーマートから生まれた独自のバーコード決済がファミペイです。

ファミペイとは何か、その特徴やメリット・デメリットについてまとめてみました。

ファミペイとは?

ファミペイとは全国のファミリーマート店舗とファミペイオンライン決済が使えるサイトで利用できるキャッシュレス決済です。

ファミペイを利用するための事前設定のやり方から利用方法までをご紹介します。

使えるお店ファミリーマート・ラクマなど
貯まるポイントファミペイポイント
アプリの主な用途決済用アプリ(要:残高チャージ)
ポイント還元率0.5%

ファミペイを利用するための事前設定とは?

ファミペイを利用するためには、以下の準備が必要です。

①App storeかGoogle Playでファミペイアプリをダウンロードする

②ホーム画面よりファミペイアプリに会員登録を行う

③ファミペイアプリの暗証番号を4桁~6桁で設定する

ファミペイ暗証番号はオンライン決済時などに入力が必要ですが、何度も間違えるとロックがかかりサポートセンターに電話連絡が必要となるので注意しましょう。

ファミペイにチャージする方法とは?

ファミペイを利用するためにはチャージが必要です。

チャージ方法は下記の5種類で、チャージ上限は10万円となります。

チェック

  • ファミリーマート店舗での現金チャージ
  • クレジットカードチャージ(ファミマTカードクレジットカードのみ)
  • オートチャージ
  • 銀行口座チャージ(銀行口座の登録要)
  • ファミペイボーナスチャージ

ファミリーマートでの支払い方法とは?

ファミペイを使ってファミリーマートで支払いをするには以下の2ステップで行ってください。

①事前にファミペイアプリ内の「ファミペイを使う」をONにしレジにてファミペイで支払う旨を伝えた後、バーコードを提示する

②バーコードを読み取ってもらう

全国のファミリーマート店舗で使用できますが一部店舗では支払いができないこと、支払いできない商品があること(一部の代行収納、一部のFamiポート取扱い商品・サービス、電子マネーチャージ、コピー、FAX)に注意が必要です。

またファミペイを利用すると200円ごとに、ファミペイボーナスが1ボーナス貯まります。(Famiポート、公共料金などの支払いでは、1件につき10ボーナス)

ファミペイボーナスはファミペイにチャージする(1ボーナス=1円)ことで使用できますが、有効期限が加算月を含めた6か月後の月末までなので早めに使うようにしましょう。

ファミリーマート以外の支払い場所は?

ファミペイをファミリーマートでしか使えないと思っていませんか?実店舗ではファミリーマートだけなのですが、オンライン上では何か所か支払いに使うことができます。

2020年5月現在、ファミペイを使って支払いができるサイトは以下の通りです。

チェック
  • Kaema
  • ラクマ
  • Amebaコイン
  • GREE
  • CAMPFIRE
  • サブカレ!
  • Subyshare保管サービス
  • ムビチケ
  • Mellowtrill

またファミペイを利用するとファミペイボーナスが貯まるのはファミリーマートでの支払いと同じです。

ファミペイを使ってECサイトで支払いをするには以下の手順で行ってください。

①支払いの際に決済方法としてファミペイを選択する

②ファミペイに登録済みの電話番号・パスワードでログインを行う

③金額を確認し、ファミペイ暗証番号を入力して確定する

ファミペイのポイントカード連携とは?

ファミペイはdポイントカード・Tポイントカード・楽天ポイントカードの3種類のポイントカードを登録して連携させることができます。

登録するにはポイント各社のアカウントが必要です。

ポイントカードの連携手順

ファミペイにポイントカードを連携する手順は以下の通りです。

①ファミペイのアプリを起動し、ホーム画面の「ポイントを登録する」をタップする

②登録したいポイントを選択し、ポイント各社の手続き画面に移動

③各社の手続きフローに従って登録を完了する

④登録完了後ポイントカード設定画面に戻った後ファミペイで使用したいポイントにチェックを入れ、次の画面でポイントマークとポイント残高が表示されるか確認する

一部店舗では取扱いができないことに注意が必要です。

ファミペイにポイントカードを連携させることで、ファミペイで支払うだけで、ポイントカードへのポイントも貯めることが出来ます。そのため、ファミペイのポイントも含めたポイントの2重取りが可能となります。必ず、利用するようにしましょう。

ファミペイでポイントを貯める方法

ポイントカードを登録すると、ファミリーマート店頭での支払い200円ごとに1ポイント貯まります。

ポイントが貯まる商品の一覧表はこちらです。

ためる
食品
日用品
雑誌・書籍・新聞
ゲーム・Blu-ray・CD・DVD
ギフト・年賀状印刷代(はがき代は除く)
ギフト・年賀状印刷代(はがき代は除く)
タバコ×
切手・はがき・印紙×
代行収納(電気代・ガス代・水道料金等)×
代行収納(税金等)×
代行収納(上記以外 クレジット返済・寄付等)×
宅急便・宅急便コンパクト送料
カード類(QUOカード)×
カード類(POSAカード・テレフォンカード)×
ゴミ処理券(粗大ゴミ券・事業ゴミ券)×
チケット現券(東京ディズニーランド地域券等)×
ギフト券(ハーゲンダッツ等)×
チャージ代金:Tマネー/楽天Edy/WAON/交通系マネー
(Suica・Pasmo・ICOCA・TOICA・Kitaca・SUGOCA・nimoca・はやかけん)
×
Famiポート・サービス下表参照 

Famiポート・サービス早見表(たまる)

ためる
ネットギフトサービス
上記以外のFamiポートサービス×

ファミペイの支払い・ポイントサービス以外の機能とは?

ファミペイの支払いとポイントサービス以外の機能を3つご紹介します。

クーポンを設定できる

ファミペイ@クーポン

ファミペイではファミリーマートで使うと無料や割引になるクーポン券をもらうことができます。

このクーポン券は登録してあるユーザー情報によってもらえる種類が異なるのが特徴です。

使い方は以下の手順で行いましょう。

①ホーム画面で「クーポン」をタップする

②利用可能なクーポンが一覧表示されるので使用したいクーポンを選択して「クーポンを使う」をタップ

③再度ホーム画面にて表示されたバーコードをレジにて読み取ってもらう

同じ手順でクーポン券だけを使用することも可能です。

回数券を購入できる

ファミペイ@回数券

回数券とは、ファミペイでのみ購入できる、特定商品における複数枚つづりの電子クーポンのことです。

使い方は次の通りです。

①クーポンメニューから利用する回数券を選択し「つかう枚数」を指定する

②ホーム画面を表示

③バーコードをレジにて読み取ってもらう

回数券はプレゼントをすることも可能なので、手軽なギフトとしても役に立つでしょう。

※2020年5月現在、緊急事態宣言に伴う回数券の払い戻し対応がファミリーマートのホームページでアナウンスされています。

ゲーム・スタンプで特典をもらえる

ファミペイ内では当たりが出ると特典がもらえるミニゲームや、対象商品を買うと貯められるスタンプでさまざまな特典がもらえます。

時間のある時にチェックすると、よりファミリーマートでお得な買い物が楽しめるでしょう。一日一回、引くことが出来ます。ただ、残念ながら、当たる確率はそこまで高くありません。

キャンペーンについて

ファミリーマートではファミペイ限定でさまざまなキャンペーンを行っています。

ゲームに参加すると無料のクーポン券がもらえたり、ポイントをプレゼントしてもらえたりするのです。

ファミリーマートの公式ホームページで、キャンペーンを積極的にチェックしてみるのもよいでしょう。

電子レシートが発行される

ファミペイアプリを使って支払うと、電子レシートが発行されます。これにより、あなた自身がファミリーマートで支払ったお金がわかるようになります。節約を意識するためにも、時々確認しておくと良いと思います。

まとめ

ファミペイはファミリーマートでの買い物や支払いの多い方にはおすすめのキャッシュレス決済と言えます。

大手ポイントサービスとの連携が簡単にできることや、公共料金の支払いをファミペイで行うとファミペイボーナスが10ボーナス加算されることなど、現金なしで買い物ができる以外にもさまざまなメリットがあるためです。

ファミリーマートが近くにあり、利用頻度の高い方はぜひファミペイの利用を検討してみてください。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう