ポイントカードをまとめて管理可能なアプリを紹介します【あまり、知られていない】

ポイントカードをアプリでまとめる@まとめ

ポイントカードが多すぎて困った経験はありませんか。かくいう私も、ポイントカードの保有枚数が多すぎて、ポイントカード専用のカードケースを持っています。ただ、そのカードケースもこれ以上カードが入らないのではないか、と思えるほど膨らんでしまっています。少しでも、日常的に持っておくポイントカードを減らしておきたい所です。

そこで、今回の記事では、ポイントカードをまとめて管理可能なアプリについてまとめました。また、私が、ざっと調べた限り、ポイントカード管理アプリとしてStocardしか検索に引っ掛かからなかったので、Stocard以外にもう1種類紹介したいと思います。

Google Pay

ポイントカードをアプリでまとめる@googlepay

まず、紹介するのがGoogle Payです。Google Payという名前の通り”支払い”に関するアプリかと思いきや、そんなことはありません。むしろ、ポイントカードをまとめて管理可能なアプリとして非常に有用です。

ポイントカードをアプリでまとめる@googlepay

こちらが、私のスマホ上のGoogle Payのホーム画面ですが、この中でみるだけでもdポイントカード、楽天ポイントカード、Tポイントカードというメジャーなカードをまとめて管理しています。使い方もとっても簡単です。

登録さえしておけば、後はタップするだけで、以下のようにバーコードが表示されるようになります。このバーコードを店員さんにみせれば、ポイントを獲得することが可能です。

ポイントカードをアプリでまとめる@googlepayTポイント

すごい簡単ですよね。ちなみに、Google Pay内にてまとめて管理できるポイントカードとしては、以下のものが挙げられます。

  • 楽天ポイントカード
  • dポイント
  • Tポイントカード
  • マツモトキヨシ
  • ドトール
  • スターバックス
  • ニトリ
  • コジマ
  • ヤマダ電機
  • ゲオ

結構、色んな種類がGoogle Payというアプリ内で管理することが出来ます。主要な所のポイントカードは大体押さえていると思います。これらのポイントカードをGoogle Payという単一のアプリでまとめられるだけでも、持ち歩くポイントカードの数を減らせると思います。

支払いにも利用可能

Google Payはポイントカードをまとめて管理するという機能以外に、支払いにも利用することが可能です。Google Pay内でクレジットカード情報を登録することで、別アプリ内でも、Google Payに登録したクレジットカードで支払えます。

やり方は簡単で、支払う際にGoogle Payを選択し、IDとパスワードを入力するだけで支払うことが出来ます。何が素晴らしいかというと、クレジットカード情報を色んなサイトに登録しなくて良いからですね。

クレジットカードで一番怖いのは、不正利用される点にあります。クレジットカードは不正利用されると、あっという間に数十万単位で使われてしまいますので。その点、Googleにクレジットカード情報を管理してもらえれば、一定の安心感はあります。何せ、IT業界の王者ですからね。

そういった意味でも、Google Payの支払い機能も素晴らしい機能です。

iPhone版もある

GoogleとAppleというと、ライバル同士であまり協業しているイメージはないのですが、Google Payに関してはiPhoneからもダウンロードすることが可能です。ポイントカードをまとめて管理する機能もちゃんとあります。

競合しているアプリとしてApple Payもありますが、Google Payも利用は可能です。ですので、是非一度は使ってみてはいかがでしょうか。

Stocard

ポイントカードをアプリでまとめる@stocard

Stocardというアプリに関しても、Google Pay同様にアプリにてポイントカードをまとめて管理することが可能です。こちらに関しても、iPhone版とAndroid版の両方がちゃんとあります。また、こちらのアプリに関しては、ポイントカード専用のアプリです。

ポイントカードの登録方法はGoogle PayもStocardも似たいような感じなので、割愛させて頂きます。

登録可能なポイントカードの種類はGoogle Payと同じぐらい

Google PayとStocardで登録可能なポイントカードについては似たような感じです。さきほど、Google Payに登録可能なポイントカードを紹介しましたが、Stocardでも全く同じポイントカードを登録可能です。ある意味当然で、Stocardの方が先行してアプリをリリースしているので、Stocardの方が登録可能なポイントカードの数は多いと思います。

ただ、マイナーなカードはともかく、メジャーなカードに関しては、両者ともに登録可能だと思って差し支えありません。

ただし、Stocardの方が名前をわかりやすく表示してくれます。例えば、以下のようなものがありました。

Google Pay: ワンダーコーポレーション
Stocard: ワンダー・グー

Google Payだと、どこの企業のポイントカードなのかさっぱりわかりません。一方、Stocardであれば、わかりやすいですね。Stocardの方だとロゴまで表示してくれるので、尚更です。

こういった細かい部分は、Stocardの方が優れているなー、と感じました。

ポイントカードまとめアプリの使用上の注意点について

さて、ここまでポイントカードのまとめアプリについて紹介しました。ここからは、簡単にポイントカードのまとめアプリの使用上の注意点について説明していきたいと思います。

万能ではない

ポイントカードも多種多様にありますが、必ずしもすべてのポイントカードを紹介したアプリに集約出来るわけではありません。特に、服屋のポイントカードがそうでしょうか。大きいお店のポイントカードから登録していますので、小さいお店のポイントカードを扱っていないのです。また、当然ですが、紙ベースのポイントカードも取り扱っていません。

ある意味仕方がないといえば、仕方がないのですが、紹介したアプリさえあれば、一気に持ち歩いていたポイントカードをゼロにできる訳ではない点に注意が必要です。

そのお店固有のアプリの方が特典が大きい

ポイントカードまとめアプリ以外にもそのお店のみで使えるアプリが存在します。コンビニであれば、セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマートは3社ともあります。また、そのお店で買い物をするのであれば、これらのアプリ経由で購入した方がポイントは多く付与されます。

私もファミリーマートのアプリをよく使うのですが、アプリを使用している人限定でクーポンが配信されます。残念ながら、こういった話は、ポイントカードのまとめアプリには届きません。

当たり前といえば、当たり前なのですが、普段からよく使うお店があるのであれば、こういったポイントカードのまとめアプリを使用するのではなく、そのお店専用のアプリを使用した方が良いかと思います。

まとめ

ポイントカードをアプリでまとめる

いかがでしたか。ポイントカードをまとめて管理できるアプリとして、Google PayとStocardについて紹介しました。

個人的には、Google Payを使用してGoogleに情報を一元管理してもらった方が楽だと思います。支払いも可能ですしね。ただ、Googleに全情報を渡すのが嫌な人もいるかと思いますので、そういった方はStocardを使用するのが良いと思います。

ただ、いずれにせよ、ポイントカードをまとめてアプリで管理できると凄く楽です。コンビニなどであれば、ポイントカードをスマホ上からバーコードを表示させて、Suicaなどの電子マネーで支払えば、それこそ財布を出すこと無く支払いを完了させられますので。

そういった意味でも、ぜひ紹介したアプリをインストールしてみてはいかがでしょうか。

今回は以上になります。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*