ポイントカードをアプリでまとめる@まとめ

ポイントカードが多すぎて困った経験はありませんか。私も、持っているポイントカードの枚数が多すぎて、ポイントカード専用のカードケースを持っています。ただ、そのカードケースもこれ以上カードが入り切らないぐらい膨れ上がっています。日常的に持ち歩くポイントカードは少しでも減らしたいと思っています。あなた自身もそうではないでしょうか。

持ち歩くポイントカードを減らそうと思ったら、アプリに管理してもらうのが一番!そこで今回は、ポイントカードをまとめて管理可能なアプリについて紹介します。今回の記事では、「まとめて」がポイントです。一種類しかポイントを管理していないアプリは、今回は記事の対象としていませんので、よろしくお願い致します。

Google Pay

ポイントカードをアプリでまとめる@googlepay

まず、紹介するのがGoogle Payです。そこまで有名ではありませんが、Google Payという名前の通り"支払い"に関するアプリです。実は電子マネー代わりとしても使えるのですが、この機能に関してはお世辞にも良いアプリとは言えません。しかし、ポイントカードをまとめて管理するアプリとして非常に有用です。

特徴1. 様々なポイントカードを登録可能

ポイントカードをアプリでまとめる@googlepay

こちらが、私のスマホ上のGoogle Payのホーム画面です。dポイントカード、楽天ポイントカード、Tポイントカードというメジャーなポイントカードを登録できます。使い方も簡単です。

Google Pay上でポイントカードを一回登録すれば、後はタップするだけで各ポイントカードに対応したバーコードが表示されます。このバーコードを店員さんにみせれば、ポイントを獲得できます。

ポイントカードをアプリでまとめる@googlepayTポイント

すごい簡単ですよね。ちなみに、Google Pay内にてまとめて管理できるポイントカードとしては、以下のものが挙げられます。

  • 楽天ポイントカード
  • dポイント
  • Tポイントカード
  • マツモトキヨシ
  • ドトール
  • スターバックス
  • ニトリ
  • コジマ
  • ヤマダ電機
  • ゲオ

色んな種類のポイントカードをGoogle Payというアプリ内で管理できます。主要な所は大体押さえていると思います。これらのポイントカードをGoogle Payという単一のアプリでまとめられるだけでも、持ち歩くポイントカードの数を減らせると思います。

特徴2: クレジットカード払いにも利用可能

Google Payはポイントカードをまとめて管理すること以外にも、クレジットカード払いとしても使えます。Google Pay上でであなたのクレジットカード情報を登録することで、別のサイトやアプリにおいても、Google Payを用いて支払うことが出来ます。

前提として、支払い先のサイトやアプリでGoogle Payが利用可能なことが前提です。支払う際にGoogle Payを選択し、IDとパスワードを入力すれば、クレジットカード払いが可能です。何が素晴らしいかというと、クレジットカード情報を色んなサイトに登録しなくて良いからですね。

クレジットカードで一番怖いのは、不正利用される点にあります。クレジットカードは不正利用されると、あっという間に数十万単位で使われてしまいます。その点、Googleであれば一定の安心感はあります。

iPhone版もある

GoogleとAppleは、ライバル同士であまり協業しているイメージはないのですが、Google Payに関してはiPhoneからもダウンロードできます。ポイントカードをまとめて管理する機能もちゃんとあります。ぜひ、使ってみて下さい。

尚、競合しているアプリとしてApple Payがあります。Apple PayはGoogle Play上には残念ながらありません。。。
Google Play で手に入れよう
  

Stocard

ポイントカードをアプリでまとめる@stocard

本アプリに関しても、Google Pay同様にポイントカードをまとめて管理することが可能です。こちらに関しては、iPhone版とAndroid版の両方ともあります。また、こちらのアプリに関しては、支払い機能が付いておらずポイントカードをまとめて管理することに特化したアプリです。

ポイントカードの登録方法はGoogle PayもStocardも大差ないので、割愛!

登録可能なポイントカードの種類はGoogle Payと同じぐらい

Google PayとStocardで登録可能なポイントカードについてはStocardの方が多いです。Google Payに登録可能なポイントカードを紹介しましたが、Stocardでも全く同じポイントカードを登録可能です。Stocardの方が先行してアプリをリリースしているので、登録可能なポイントカードの数が多いです。

ただ、マイナーなカードはともかく、メジャーなカードに関しては、両者ともに登録可能となっています。
Google Play で手に入れよう
  

Stocardの方がポイントカードの名前をわかりやすく表示してくれます。そのため、使いやすさはStocardの方が上。

例えば、以下のようなものがありました。

Google Pay: ワンダーコーポレーション
Stocard: ワンダー・グー

Google Payだと、どこの企業のポイントカードなのかわかりづらいです。一方、Stocardは会社を知っていればすぐに判別できます。Stocardはロゴまで表示してくれるので、尚更です。

インターフェースの部分は、Stocardの方が優れていると感じました。

LINE

実は、LINEにもポイントカードをアプリ内に登録する機能が備わっています。最近できたサービスで、LINE上ではマイカードという名前でアプリ内に出てきます。下記の画面上にあります。

ポイントカードのアプリ@LINE

マイカードでは、下記のポイントカードを登録できます。

  • Ponta
  • 無印良品
  • Tカード
  • ドットエスティ
  • ワールドプレミアムクラブカード
  • ディオールビューティー
  • ギャップジャパン
  • ジョンマスターオーガニック
  • サカゼンメンバーズカード

現時点(2018年11月5日)では上記のポイントカードが全てです。2019年時点ではもっと増えました(約30種類)。これからますます増えていくと思いますが、dポイントカードなどは相変わらず未対応です。しかし、LINEのアプリは、ほぼ全員持っているのではないでしょうか。新たにインストールする手間が省ける点が良いです。

LINEで対応していないポイントカードに関しては、各店個別のアプリをインストールする形になると思います。実際、これで問題は起きないでしょう。

スマホサイフ

ポイントカードのアプリ@スマホサイフ

スマホサイフというアプリ内にもポイントカードを管理する機能があります。スマホサイフの特徴の一つとしては、ポイントカード管理以外にクーポンが配信される点にあります。例えば、モスバーガーや一風堂などの割引クーポンを配信しているのです。

現在、スマホサイフが使えるポイントカードとして代表的なものとしては以下の通りです。

  • Tポイントカード
  • マツモトキヨシ
  • モスバーガー
  • Krispykreme
  • 一風堂
  • ガンバ大阪スタンプカード
  • 日比谷花壇

割引クーポンも獲得できるという点では、メリットが大きいですが、登録可能なポイントカードという点ではGoogle Payなどには見劣りします。今後に期待したい所です。

支払い機能付き

スマホサイフの特徴の一つとしては、QUICPayやiD、楽天Edyなど電子マネーでの支払いに対応している点が挙げられます。

使うアプリを選ぶ際は、考慮しておいたほうが良いでしょう。

  
Google Play で手に入れよう

ショプリエ

ポイントカードをまとめて管理@ショプリエ

ポイントカードをまとめて管理可能なアプリとして、最後に紹介するのが「ショプリエ」です。ショプリエはリクルートが運営しており、国内15,000店舗以上で使うことができます。

現在、ショプリエで利用できるポイントカードは下記のとおりです。

チェック

  • Pontaカード
  • hontoカード
  • nano universe Members
  • SHIPS Members club
  • UR CLUB
  • PLAZA PASS

アパレレショップで利用可能なポイントカードが多い印象です。

一方で、dポイントカード・楽天ポイントカードなど主要なポイントカードを管理できません。Pontaカードだけ管理していれば十分で無い方を除いては、使うのが厳しいアプリとなっています。

ポイントカードまとめアプリのビミョーな所

ここまでポイントカードのまとめアプリについて紹介しました。ここからは、ポイントカードのまとめアプリに関して、ビミョーな点について説明していきたいと思います。

ビミョーな点1: 中途半端な対応となってしまう

ポイントカードは実に色んな種類があります。よって、すべてのポイントカードを、紹介したアプリに集約できません。特に、アパレレ・美容院・クリーニングのポイントカードがそうだと思います。色んなお店で色んなポイントカードを出してきます。全ての店舗に対応できないので、どんなに対策してもポイントカードの持ち歩く枚数はゼロにはできません。

ビミョーな点2:各店固有のアプリの方が特典が大きい

ポイントカードまとめアプリ以外にも、そのお店専用のアプリが存在します。コンビニであれば、ローソン・ファミリーマート・(セブン-イレブン)は3社ともあります。また、そのお店で買い物をするのであれば、各店専用のアプリ経由で購入した方が、ポイントが付与されやすいです。

私もファミリーマートのアプリをよく使うのですが、アプリを使用している人限定でクーポンが配信されます。残念ながら、ポイントカードのまとめアプリでは使えません。

普段からよく使うお店であれば、ポイントカードのまとめアプリを使用するのではなく、その各店専用のアプリを使用した方が良いです。使い分けが肝心です。

まとめ

アプリでポイントカードを管理しておくと、本当に楽です。以前は安い名刺入れに持っているポイントカードを全部入れてましたが、普段使わないカードは全然みつからなく困ったことが何度もありました。

その点、アプリなら検索機能が充実しているからポイントカードはすぐに見つかります。LINEのマイカードを使った時は欲しかったものがやっと見つかった感じでした。

Sponsored Link

Twitterでフォローしよう