ゴジラが目印のホテルグレイスリー新宿ってどんな場所?

ゴジラが目印のホテルグレイスリー

みなさんも東京の新宿歌舞伎町の近くまで来ると、ゴジラ像とその裏にもの凄い高い建物があることに気付くと思います。実は、あそこはホテルになっております。ホテルグレイスリーという高級ホテルです。

私も新宿の歌舞伎町近くを通る度にホテルが気になっていたので、思い切って宿泊してみることにしました。そこで今回の記事では、ゴジラが目印のホテルグレイスリーってどんな場所なのかレビュー記事を書いてみたいと思います。

ホテルグレイスリーの特徴

ゴジラの像が目の前に

ゴジラが目印のホテルグレイスリー@ゴジラ

部屋も通常の部屋とゴジラビューの二種類があります。若干ゴジラビューの方が値段が高いですが、ゴジラ像の迫力がありますので、個人的にはお金を払って泊まった価値はあったな、と感じています。

セキュリティ対策は万全

こちらの建物の正面にあるゴジラ像は観光名所にもなっているため、そこそこの人がゴジラ像をみにホテルのフロントまで上がってきます。そこで、気になるのがセキュリティ対策です。

色んな人がホテルの宿泊フロアーに登ってきたら嫌ですもんね。ただ、そこは対策がされています。

ホテルの宿泊フロアーへ通じるエレベーターですが、何とボタンを押しても一切反応しません!代わりに、エレベーター内のセンサーにルームカードをかざすことであなたが宿泊している階にエレベーターが止まる仕掛けとなっています。

これも初めて見たので、ちょっと感動しました。別に宿泊している階以外に用があるわけでもありませんしね。すごく面白いシステムだな、と思いました。

ゴジラが目印のホテルグレイスリー@エレベーター

風呂とトイレが別

個人的に良い意味で驚かされたのがココです。なんとホテルなのに風呂とトイレが別でした。これって結構、珍しいことですよね。

過去、色んなホテルに泊まってきましたが、風呂とトイレが別のホテルはここが初めてでした。ちょっと感動しましたね。

ゴジラが目印のホテルグレイスリー@トイレ

国際色豊か

これは悪い面かもしれませんが、とにかく外国人の滞在者が多いです。エレベーターで一緒になれば、大抵の人は中国語を話しています。もちろん、中には英語を話している方もいますが、日本語を話している人は滅多にいません。

ちなみに、私がチェックインした時の担当のホテルマンはインドネシア人の方でした。

ちなみに、インドネシア人の方は凄い仕事熱心だったことだけは記憶に残っています。汗だくの状態でフロントに行ったら冷えたタオルまで準備してくれましたし。また、身の上話も聞かせてもらって、ちょっと親密さを感じました。(朝食付きプランを申し込んでいるのに、朝食券を渡してくれなかった時はさすがに焦りましたが。。。)

客室内部

一人部屋については写真を撮ってきました。可もなく不可もなくといった所ですね。ルームキーを差し込む所があるのですが、それを抜いてもすぐに室内の電気が消えないのは、さすが高級ホテルだと感じました。

ただ、ルームキーを抜くとエアコンまで切れてしまうのは頂けないですね。外に出掛けてホテルに戻ってくると、蒸し暑くなってしまいます。

ゴジラが目印のホテルグレイスリー@室内1ゴジラが目印のホテルグレイスリー@室内2

朝食

朝食は2箇所から選択することができます。ビュッフェ形式とサンドイッチ等の軽食を食べる所です。私はビュッフェの方に行きましたが、クオリティはさすがの一言です。和洋中のコーナーがあり、バラエティに富んだメニューとなっておりました。しかも、全部美味しかったですね。

朝食が素晴らしいだけで、良い場所に泊まれた気分になれますよね。

まとめ

いかがでしたか。ゴジラが目印のホテルグレイスリーについて評価記事を書かせて頂きました。エアコンの問題はあれど、このレベルがあれば十分他人にも勧められると思いました。

ちょっと高いですが、話題性も抜群です。みなさんも、是非一度宿泊してみてはいかがでしょうか。今回は以上になります。

ホテルの予約はこちらから!

参考までに、東京ドームシティホテルについても同様の評価記事を書かせて頂きました。リンクはこちらになりますので、よかったら参考にしてみてください。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*