モーションコードとは- セキュリティコードが時間毎に変わる新しい安全システムです –

クレジットカードのモーションコード

クレジットカードのセキュリティコードをご存知でしょうか。裏面に印字されている3桁または4桁の番号のことです。

インターネット上での決済では、このセキュリティコードの入力を求められるケースが多いです。ただ、私もそうなのですが、漫然とした不安感を覚えないでしょうか。裏面に書いてある番号なんて、悪意のある人の手に掛かれば、簡単に入手されてしまいそうですよね。

そこで、モーションコードという技術が開発されました。まだ、開発途上ですが、モーションコードを導入すれば、セキュリティコードが一定時間で変更されるのです。

今回の記事では、そんなモーションコードについて解説していきたいと思います。

モーションコードとは

実物としては、タイトルのサムネイルをみて下さい。これが、モーションコードを載せたクレジットカードになります。

モーションコードとはOberthur社というフランス発祥の会社が開発しました。

セキュリティコードが書かれている部分がモーションコードでは、電卓の液晶表示部のようになっています。ここに表示される番号がセキュリティコードとして使えますが、モーションコードでは一定時間毎にセキュリティコードが変更されます。

セキュリティコードの切り替わり時間自体は、30分でも1時間でも好きなように設定できます。

更に、モーションコードでは、あなたがインターネット上で所定の手続きを踏むことで初めてセキュリティコードの表示が更新される機能も付与される予定です。

このサービスを利用できれば、例えクレジットカードが盗まれても、使用可能なセキュリティコードがクレジットカード上には一切表示されないため、不正利用される心配がなくなります。

モーションコードは安全性をきちんと考えたシステムなのです。

そうは言っても、クレジットカード裏面の磁気ストライプ部をカードリーダーに読ませれば、簡単に不正利用されてしまいます。

サムネイル画像もそうですが、磁気ストライプがあると、クレジットカードを盗まれた時の不正利用のリスクを減らせているとはいい難い、と感じています。

モーションコードのような技術を載せたクレジットカードを発行したならば、磁気ストライプ部を無くして欲しいな、と個人的には思っています。

モーションコードの欠点

実は液晶内にセキュリティコードを表示させるために、クレジットカード内にバッテリーを搭載しているのですが、およそ3年でバッテリー切れとなってしまうようです。

ダメじゃんと言いたい所ですが、あくまで現在の技術では3年しか持たないというだけです。省エネ技術やバッテリー容量が増えてくれば、この問題はあっという間に解決します。

そう遠くない将来、あなた自身が使う時が来るかもしれません。

まとめ

クレジットカードのモーションコード@まとめ
いかがでしたか。クレジットカードの安全性に関する最新技術として、モーションコードを紹介しました。

私自身、スマホさえあれば、クレジットカードの不正利用って簡単にできるよな、、とずっと思っていました。クレジットカードの裏面と表面をカメラで撮るだけでインターネット上では使えてしまいますからね。

それが、モーションコードを利用すれば、不正利用のリスクを大きく低減できます。色んな人が安全にクレジットカードを使ってもらう上でも、ぜひ導入してもらいたいサービスの一つですね。

今回は以上になります。

モーションコード以外のサービスとして、近年ではクレジットカードの指紋認証について開発が成されています。こちらの記事にまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*