アメリカ

アメリカ人のチップの相場感について - 支払わない人もいるんです -

アメリカのチップ事情

アメリカに旅行などで訪れた場合、お金の支払う時にチップを払う必要があります。日本ではあまり馴染みがないので、一体いくらチップを渡せば良いのか、わかりますか?

そこで、今回の記事ではその疑問に答えるべく、二つの視点でチップについて調べました。一つはガイドブックやインターネットに載っているチップの相場。もう一つが、アメリカ人が実際に支払っているチップの相場です。

これらをまとめることで本当にあなたが支払った方が良いチップの金額の目安をまとめたいと思います。

アメリカ国内のチップの相場について

ガイドブックに書かれているチップ金額

私が持っているガイドブックに書かれているチップの相場について転載します。

誰に いくらぐらい いつ渡す?
ベルマン・ドアマン 2~3ドル 荷物を最後まで運んでもらったあと
ベルマン・ドアマン 1ドル タクシーをつかまえてくれた時は、乗車前に
ルームサービス 1ドル タオルや毛布を受け取ったあと
ルームメイキング 1ドル 枕の下に置く
コンシェルジュ 10ドル~30ドル レストランやチケットの手配時
ウェイトレス 会計額の15~20% 会計時
バーテンダー 1ドル 飲み物を受け取った時
タクシードライバー 料金の15~20% 最低でも1ドル 支払いの時
シャトルバスのドライバー 1ドル 降車時
ツアーガイド ツアー代金の15~20% ツアー終了後

いかがでしょうか。正直、覚え切れないくらい、人によってチップの渡す金額は変わります。

更にチップを渡さなくても良い人もいるから厄介です。例えば、空港・ホテルの受付の人にチップを支払う必要はありません。また、ファストフードやコンビニ・スーパーの店員にもチップを支払う必要はありません。

しかも、チップの金額を見ると決して安くはないです。普段、チップを支払っていないがゆえに、正しい相場観をアメリカへ渡る前に把握しておきたい所です。

アメリカ人が支払うチップ額

では、現地に住んでいるアメリカ人は一体、チップに幾ら支払っているのでしょうか。実はクレジットカードを発行しているAmerican Expressやホテルを運営しているMarriottなどが調査を行っています。以下はその報告資料の抜粋となります。

飲食店でのチップの支払額

アメリカのチップ事情@レストラン
まずは、アメリカ人が飲食店でいくらチップを支払うか、以下の表にまとめました。

レストランで支払うチップ
チップを渡さない:1%
飲食代の10%以下:16%
飲食代の10~15%:26%
飲食代の15~20%:44%
飲食代の20%以上:13%

ファストフードで支払うチップ
チップを渡さない:32%
飲食代の10%以下:16%
飲食代の10~15%:26%
飲食代の15~20%:24%
飲食代の20%以上:19%

カフェで支払うチップ
チップを渡さない:21%
飲食代の10%以下:27%
飲食代の10~15%:14%
飲食代の15~20%:12%
飲食代の20%以上:4%

先ほど紹介したガイドブックだとレストランではチップを15%支払う旨が記載されていましたが、実はレストランでチップを支払わないアメリカ人もいるのです。驚きですね。私たち、日本人はついつい他国の文化に神経質になりがちですが、チップについてもある程度適当な額で問題ないのです。

気前よくチップを払った方が、給仕してくれた人は喜ぶと思いますが、無理して沢山渡す必要も無いのです。

ガイドブックとの比較

ガイドブックとアメリカ人が実際に支払っている金額を比較してみると、概ね一致することがわかります。当たり前の結論ですが、ガイドブック通りにチップを支払っておけば間違いないです。

ただ、チップを支払い忘れたとしても、そこまで気を揉む必要もないこともわかりましたね。アメリカ人自身ですら、チップを支払っていない人がいるのですから。

ホテルでのチップ

アメリカでのチップ事情@ホテル
次はホテルに関してです。ホテルでも色んな人にチップを渡すよう、ガイドブックには書かれていますが、アメリカ人が実際にチップをホテルマンに支払うのか、調査した結果は以下の通りです。

ホテルで荷物を運ぶ人にチップを渡すか:56%の人が支払うと回答
ホテルの部屋の清掃係にチップを渡すか:48%の人が支払うと回答

思っていた以上に低いと感じませんでしたか。アメリカ人であっても無作為にサービスを受けた人に対してチップを払う訳ではなく、価値のあるサービスを受けた場合にしかチップを支払わないのです。

チップは不公平な制度

レストランであれば給仕する人はお客さんからチップを受け取れますが、厨房にいるコックさんはチップを受け取ることが出来ません。そのため、同じ雇われている人同士であるにも関わらず、チップによって給料に格差が生じてしまっているのです。

この不公正を正すため、アメリカ国内ではチップを廃止する動きがあります。現在、アメリカのレストランのうち、およそ15%がチップを廃止しており、25%がチップを廃止しようと計画中のようです。

チップを廃止しているお店に関しては日本同様、サービス料の名目で私たちからお金を多めに請求し、あとで給仕人・コックに均等に配分するのです。日本人としては大歓迎の方向ですね。

私たちはどうしたら良いのか

アメリカでのチップ事情@考える
チップは日本にない習慣のため、アメリカへ旅行などで滞在している時は最も気になるの制度ではないでしょうか。それゆえ、チップに関して神経質になってしまう方がいるかもしれませんが、そんなことをする必要は全くありません!事実、アメリカ人自身ですら払うべきかの判断、払う額は意見がわかれているのです。

ただ、良いサービスにはありがとうという言葉ではなく、お金で示すのがアメリカ社会です。その点さえ理解すれば、チップに関して間違うことはないでしょう。

他にもアメリカへ渡る前に読んでおきたい記事として以下の2点を紹介します。よかったら参考にしてみて下さい。


今回は以上になります。

関連記事

  1. アメリカで口座を開設したいオススメの銀行を紹介します
  2. アメリカ旅行におけるクレジットカードの使い方 アメリカ旅行でクレジットカードの便利な使い方を紹介します
  3. アメリカ国内でクレジットカードを不正利用されないために アメリカ国内にてクレジットカードが不正利用されないために
  4. アメリカ旅行でオススメのクレジットカード アメリカで発行されているクレジットカードの種類をまとめました
  5. アメリカDISCOVER社の学生カード 成績が良いとキャッシュバック?アメリカ留学者にオススメのDISC…
  6. アメリカで発行されているクレジットカードの作り方!【駐在者必見】…
  7. ラスベガスのカジノのチップ カジノ内におけるチップの払い方【ラスベガス編】
  8. ラスベガスのカジノのチップ クレジットカードがあれば、カジノ内からATM経由でお金を引き出せ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ABOUT ME

 

ブログ執筆者の徳川と言います。

クレジットカードの紹介・便利な使い方・基本的な知識についてまとめています。私の知識を皆さんと共有して、少しでも皆さんの家計の節約に貢献できたらな、と考えています。

ピックアップ記事

  1. master cardの解説
  2. ゴジラが目印のホテルグレイスリー
  3. クレジットカードの使い道
  4. 楽天カードのデメリット

おすすめ記事

クレジットカードの平均枚数 クレジットカードの一人あたりの平均保有枚数は? – 実は最適な枚数でした –

複数のクレジットカードを保有するにあたり、日本人全体で平均して何枚保有しているかは気になる所です。あ…

クレジットカードの必要性 専門家が語る、クレジットカードの必要性について

クレジットカードというと、様々なサイト(当サイト含め)でメリットやお得な使い方が解説されています。そ…

楽天ペイ 楽天ペイとは-どのスマホでも利用可能な新しい支払い方です-

楽天ペイをご存知でしょうか。楽天ペイとは楽天が新しくはじめたQRコードを用いた支払い方法です。気にな…

クレジットカードで投資 クレジットカード経由で投資が可能に!ポイントも付与されます

クレジットカードの使い方としてイメージするのは、スーパーやコンビニ・ネット通販での利用だと思います。…

クレジットカードの株主優待 株主優待とクレジットカードの相性の良い組み合わせまとめ

株主優待というと、何らかの特典を私たちにもたらしてくれるものですが、クレジットカードとは一見全く関係…

PAGE TOP