アメリカのクレジットカードを作るための事前準備・心構え

アメリカで生活していく上でクレジットカードは無くてはならない物です。例えば、現地の携帯電話を契約する際にも必要となります。

日本のクレジットカードでもよいじゃないか、と思われるかもしれませんが、日本の銀行口座からの支払いとなるため、円払いとなってしまいます。アメリカの使用通貨はドルですので、円からドルへの為替手数料を取られてしまいます。そのため、アメリカ現地のクレジットカードはお得なカードとなるのです。

ただ、現地に行ってから、無策でクレジットカードを取得しようとしても、きっと無理だと思います。アメリカ社会は日本社会とは別のルールで動いてるため、ある程度向こうの社会について知っておく必要があります。

そこで、今回の記事ではアメリカに駐在・留学予定のある方 / 又は駐在・留学する可能性のある方向けに何を準備する必要があるのか記事にしました。

事前準備編

住む場所を決めよう

アメリカへ移動してすぐはホテル暮らしかもしれませんが、お金も掛かりますし長居は無用です。クレジットカードを取得する上でも住所を記入する必要がありますので、早めに決めましょう。

SSNを取得しよう

SSNとはマイナンバーのアメリカ版です。Social Security Numberの略語であり、アメリカではこの数字で納税の管理を行っています。ただそれ以外にも銀行口座開設時、電話等の契約時、運転免許発行時等多岐に渡って番号を使う場面があるでしょう。現地に着いてから10日後以降にソーシャルセキュリティオフィスに行き、申請書類に必要事項を記入すれば発行してもらえます。

オフィスの場所は、以下のサイトSocial security officeの検索サイト(現地サイト)より検索して下さい。Zipコード(日本でいう郵便番号)を入力すれば近くのオフィスを案内してくれます。

アメリカ国内の銀行口座を開設しよう

給料の振込・クレジットカードの引き落とし用に銀行口座を準備する必要があります。もしかすると、給料の振込銀行を会社で指定されている場合もありますので、無闇に申し込まないようにしましょう。書類としてはパスポート・SSN・現住所・初回入金費用をおよそ50ドル(銀行によって異なります)を持っていれば問題ありません。

詳細は、記事にしましたので、よかったら参考にして下さい。

クレジットカードを発行する前に

簡単には作れないアメリカのクレジットカード

みなさん、クレヒスという用語をご存知でしょうか。クレヒスとは”クレジットヒストリー”のことで直訳すると”クレジットカードの歴史”となります。ここでいう歴史とは、あなたのカード使用歴のことで、記録を信用会社に保管されています。これをクレジットカード会社は常に照会しており、みなさんがクレジットカードを発行するに足る人物なのかチェックされるのです。

ここで落とし穴があるのは、各国別でクレヒスは管理されているということです。日本であれば日本のクレヒスが、アメリカであればアメリカのクレヒスが要必要です。

最初のアメリカへの駐在 / 留学となると”初”アメリカとなる方が大半だと思いますのでアメリカのクレヒスは文字通り”ゼロ”です。よって、まともなカードは発行してもらえません。ましてや、以前紹介した高還元率のクレジットカードを発行してもらおうなど最初から思わないことです。

では、どうしたら良いのでしょう。

日本のクレジットカードでは駄目なのか

これも選択肢の一つです。両替手数料は掛かりますが、何一つ不自由しないと思います。VISAカードであれば日本国内よりもアメリカの方が強いくらいです。また今後使い続けるかもわからないアメリカのクレヒスは積まないという考え方もあります。

デビットカードでは駄目なのか

銀行口座を開設したならば、デビットカードは簡単に取得出来ます。デビットカードで支払った場合、銀行口座から即お金が引き落とされます。デビットカードを持っていれば、現金を持たずに決済可能ですのでこれはこれで便利なカードです。

参考までにciti銀行のデビットカード紹介サイトのリンクを貼り付けておきます。

citi銀行のデビットカード紹介サイトです

そうはいっても・・

とはいえ、アメリカのクレジットカードを可能であれば発行したいと思っている方が大半だと思います。還元率の高さは日本の比ではありません。そこで、次回よりアメリカ現地用のクレジットカードについて紹介したいと思います。

今回は以上になります。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*