アメリカで発行されているクレジットカードを分類してみた

アメリカ旅行でオススメのクレジットカード

今回の記事では、アメリカで発行されているクレジットカードを細かくに分類した上で、日本と比較していきます。

アメリカ独自のクレジットカード

Balance Transfer Credit Card

Balance Transfer Credit Cardといって複数のクレジットカードより発生した借金を一枚に統合する際、掛かる手数料が低いクレジットカードのことを指します。このカードをひきつける魅力とは何かといえば、借金を統合した後、一定期間は利子が発生しないことです。しかもその期間が比較的長く、約1年半程度あります。

ただ、借金を一枚のクレジットカードにまとめる際、3%程度の手数料が掛かります。また、1年半の期間が経過後は正規の金利(年利12%以上)が発生します。正規の金利が発生する前に再度クレジットカードを乗り換えれば利子は発生しないので、お得なのかもしれません。

アメリカ人は借金好きという話も聞きますが、この種のカードこそ、まさにアメリカ人の借金好きを支えている種類のカードに他なりませんね。日本には無い分類のクレジットカードです。

Credit card with a 0% intro purchase APR

Credit card with a 0% intro purchase APRといって、支払い回数が一定回数以下であれば、金利が発生しないタイプのクレジットカードのことです。ただ、日本と違い金利の発生しない支払い回数が半端なく多いです。何と18回払いでも金利が発生しないのです!(APRとはAnnual percent rateといって年利のこことです。)

使い方によっては、家計に負担を掛けない支払い方が可能になってきます。反面、複数回払いを頻繁に使うと借金地獄に陥ってしまいます。そのために一番上で紹介したBalance transfer credit cardがあるのでしょうか。

クレジットカードがアメリカの借金を増長している側面がありそうですね。日本では、ボーナス払い時限定で金利が掛からないカードはあっても、それ以外の複数回払いの場合は必ず金利がかかります。

Low Interest Credit Cards

Low Interest Credit Cardといって、金利が低いクレジットカードのことです。ただし、実は違います。よく読むと、金利が低いわけではなく、金利の発生しない期間が長いため、トータルで見ると低金利だと謳っているだけです。

また宣伝方法もひどく、24ヶ月後時点の年利が低いということだけを広告しており、36ヶ月後となると金利が跳ね上がるはずなのに、その点については一切触れられていません。

情報弱者をだますための、悪質な分類のカードです。

Prepaid Credit Cards

Prepaid Credit Cardsといって、ある一定金額をカード会社に支払うことで、その金額分だけカード払いが可能となるクレジットカードです。日本で言う電子マネーに近いシステムです。

クレジットカード破産してしまった方、または信用度の低い方だとクレジットカードは基本的に作れませんが、Prepaid Credit Cardsであれば、作成可能です。便利だととても言えませんが、信用度を一から積み上げるためには、この分類のカードを使うしかありません。

Secured Credit Cards

Secured Credit Cardsといって、一般的なクレジットカードと同じ機能は有しているのですが、事前に一定金額をカード会社に収める必要があるクレジットカードです。

Prepaid Credit Cardsは、一定金額分の支払いが完了した場合、カードとして使えなくなるのに対し、Secured Credit Cardsでは、特に制約はなく、通常のクレジットカードを使い続けられます。

日本・アメリカ両方に存在するクレジットカード

学生カード

学生カードですが、日本・アメリカ両国で発行されています。クレヒスを重視するアメリカですが、学生だけは関係ないようです。先行投資的な意味合いが強いのでしょう。

ただ、そのサービスは日本と異なります。例えば、GPA(日本で言う成績表)の点数が3.0点以上取れ続けた場合、20ドルの報奨金をもらえますカードがあったりします。学生の勉強を積極的にバックアップしているのです!

日本の学生カードにこのような機能は付いていません。是非とも日本でも導入してもらいたいですね。

参考までに、Discover社が発行している学生カードの例を解説しました。

旅行者向けクレジットカード

旅行を頻繁に行う方向けに完全にカスタマイズされた形でアメリカではクレジットカードが発行されています。

例えば、日常生活におけるポイント還元率が1%があったとして、旅先での飛行機代・ホテル代・タクシー代等に対してはポイントが2倍付与されます。更に、海外でカード払いした際の両替手数料は無料、各種海外保険完備、入会時から数ヶ月の間に一定の条件を満たす事で5万ポイント付いたりと至れり尽くせりです。

ゴールドカード

アメリカにもゴールドカードはあります。日本と同じように、富裕層を意識した作りとなっています。一点違う点は、飛行機やホテルのアップグレードにかけてよい金額の上限がはっきりと書かれていることです。無理な要求を飲まされないための防衛策なのでしょう。

ただ、ステータスという面を考えると、アメリカのゴールドカードは相当なものです。日本では、お金さえ払えばすぐにでも取得出来るのに対し、アメリカでは良いクレヒスを何年もかけて構築する必要があるのですから。

また、ステータス性の高いカードがゆえか、カード本体も豪華なクレジットカードが発行されています
何と本物の金でカード表面をコーティングしたクレジットカードが発行されています!ぜひとも、一度見てみたいですね。

高還元率クレジットカード

アメリカでは日本をはるかに上回る還元率の高いクレジットカードが発行されています。なんと5%まで達するクレジットカードもあるくらいです。

以前、記事にしましたので、良かったらのぞいてみて下さい。

なぜ、こんなに高い還元率を達成可能出来るのかというと、要は一番上に挙げたクレジットカードの金利で得た利益を還元しているだけなのです。そのためか、日本よりも圧倒的に優れたカードが多いです。

まとめ

いかがでしょうか。アメリカで発行しているカードを8種類に分類して比較してみました。日本以上に多様なクレジットカードが発行されていますが、発行をためらう種類のカードも日本以上です。

アメリカで十分なクレヒスを積んだとしても浮足立たず、きちんと比較してクレジットカードの発行を検討して下さいね。

今回は以上になります。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*