賢い使い方

クレジットカードを複数申し込みたい場合に気を付けること – 下手するとクレジットカードを作れなくなります! –

クレジットカードの通知

クレジットカードは複数、所有することが可能です。様々な目的でクレジットカードを複数枚、所有しようとしている方がいるかと思います。具体的には以下のようなものが考えられます。

1. クレジットカードを使い分けるため
2. 複数のブランド(VISA, Master, JCBなど)を持っておきたいため
3. キャンペーンの特典目当て

3. は意外でしたか?クレジットカードは”今なら◯◯ポイント還元”というサービスを日々行っているゆえ、入会時のキャンペーン目的で複数のクレジットカードを取得する方もいるのです。また、クレジットカードの入会特典の金額は結構大きいです。

例えば、以下のクレジットカードが該当するでしょうか。相当なポイントがキャンペーンでたまりますよね。


今回の記事では、主にキャンペーン目的でクレジットカードを複数申し込みたいと思っている方向けに、注意すべきポイントをまとめました。一ヶ月以内に何枚もクレジットカードを申し込んで、即解約なんてしているとブラックリストに載りかねません。以下の注意点を守ってクレジットカードに申し込んで下さいね。

クレジットカードを複数、申し込むデメリット

クレヒスが傷ついてしまう

クレヒスをご存知ですか。一言でいうと、クレジットカードを作る上で参考にされる、あなたの信頼度のことです。クレヒスは全てのクレジットカード会社が参照できるものでして、そこにはあなたの返済歴・クレジットカードの保有状況・限度額など様々な情報が載っています。

実はクレヒスを図る上で、あなたの保有している全てのクレジットカードの総限度額はあなた自身の借金とみなされてしまいます。クレジットカードを複数申し込んでしまうと、クレヒス上は借金も多いものとみなされてしまうのです。

そのため、クレジットカードを持てば持つほど、申し込み時の審査に通りづらくなってしまいます。(無論、申し込み時の審査は各クレジットカード会社の裁量による点も多いので、全てのカードを作れないわけではありません。あくまで一般論です。)

キャンペーン時の特典目的だと思われる

クレジットカードを保有している方のうち一定数はキャンペーン時の特典目的でクレジットカードを取得したいと考えています。

上の広告で紹介した通り、最大2万円分ものポイントがもらえる等、お小遣い稼ぎに最適なのです。ただし、あまり短期間に複数のクレジットカードに申し込んでしまうと、カード会社にキャンペーン目的でクレジットカードを申し込んでいることがバレてしまいます

ここまでならまだ良いのですが、更に数ヶ月以内に解約してしまうと、入会特典を目当てとしたとしか思えないクレヒスが出来上がってしまいます。すると、他のクレジットカード会社もあなたのことを警戒してしまい、申し込みをしても拒否されてしまいます。

クレジットカードを複数申し込む際に気を付けたいこと

クレジットカードを複数持つ際の申し込み@気を付ける点

あまり複数のクレジットカードに申し込まない

上の裏返しですね。クレヒスを傷つけないためには、クレジットカードをあまり持ち過ぎないことです。また、クレヒス以外にも管理面でも面倒でしかありません。クレジットカードを複数持つ意味については別の記事でまとめています。

キャンペーンの特典目的だと思わせない

クレジットカードを複数一度に申し込むこと自体は問題ないと思っています。そもそも、クレヒスを管理している会社へあなたが所有しているクレジットカード情報がすぐに伝わる訳ではありません。一気に申し込めば、恐らく全てのクレジットカードで審査が通ると思います。

ただ、解約は慎重に行いましょう。クレジットカード会社もあなたにカードを使って欲しくてキャンペーンを開催しているのです。一般的には、半年程度は保有しておいた方が良いと言われていますし、私もこれに関しては賛成です。

半年程度使ったクレジットカードが解約された場合、特典目的というより、クレジットカードが使いづらかったが故に解約したのではないか、と少しは思ってもらえます

そうなれば、こちらのモノです。クレジットカードの申し込み時の審査でも落とされないでしょう。

まとめ

クレジットカードを複数持つ際の申し込み@まとめ
いかがでしたか。クレジットカードを複数枚申し込むといっても、一気に申し込んで一気に解約なんて真似は辞めた方が良いです。これさえ、気を付ければ大きな問題は起きないでしょう。

また、半年スパン程度でクレジットカードの申し込み・解約をしていくのが良いと思います。クレジットカードのキャンペーンは毎年ずっと行っています。焦って申し込む必要は何もないのです。

参考までにキャンペーン時のポイント還元率の高いクレジットカードを並べてみました。この中から一枚申し込んでみては?

今回は以上になります。








関連記事

  1. クレジットカードの利用限度額の減額 クレジットカードの利用限度額は「あえて」下げるべし 節約・不正利…
  2. クレジットカードのタッチ決済 クレジットカードのタッチ決済の特徴・メリットを解説!【使用者拡大…
  3. クレジットカードの平均枚数 クレジットカードの一人あたりの平均保有枚数は? –…
  4. クレジットカードで投資 クレジットカード経由で投資が可能に!ポイントも付与されます
  5. クレジットカードを複数枚、持ち方 クレジットカードの理想的な持ち方 ー 複数ある場合こそ重要です …
  6. クレジットカードの株主優待 株主優待とクレジットカードの相性の良い組み合わせまとめ
  7. クレジットカードの年会費有料のコスパ クレジットカードの年会費は有料な方がコスパが良いの?徹底解説しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ABOUT ME

 

ブログ執筆者の徳川と言います。

クレジットカードの紹介・便利な使い方・基本的な知識についてまとめています。私の知識を皆さんと共有して、少しでも皆さんの家計の節約に貢献できたらな、と考えています。

ピックアップ記事

  1. ラスベガスのカジノのチップ
  2. アパエポスVISAカード
  3. MUJICard

おすすめ記事

クレジットカードを不正に入手される クレジットカード番号を不正に入手する手段として、スーパーマリオランが使われた件について

つい最近、Android版でも配信開始となったスーパーマリオランですが、さっそく偽アプリが登場したよ…

クレジットカードの暗証番号を忘れた クレジットカードの暗証番号を忘れた時の対処法をカード会社ごとにまとめました

銀行口座やクレジットカード・ポイントカードなど、私たちが生きていく上で様々な暗証番号を覚えておく必要…

エポスVISAプリペイドカードは作るべき エポスVISAプリペイドカードって本当に作って良いの?

エポスVISAプリペイドカードは、エポスカードを持っている人限定で使えるプリペイド式のクレジットカー…

実際にhttpsに対応して感じたメリットについてまとめました

最近、httpsに対応したサイトが多くなってきました。googleの調査結果によると、およそ5割もの…

移住前に知っておきたい、アメリカのクレジットカード事情

アメリカのAmazonが発行しているクレジットカードのポイント還元率が5%もあると一時期話題になった…

PAGE TOP