Pay with googleが提供開始!Googleアカウントに登録したクレジットカードで決済可能になります

paywithGoogle

オンライン上でお金を支払う手段は色々ありますが、今回紹介するのはGoogleが提供する”Pay with Google”です。Googleの何らかのサービスに対してクレジットカード情報を登録しておけば、色んなサイトでGoogleに登録したクレジットカードによる支払いが可能となります。

今回の記事では、そんな便利なPay with Googleについて紹介したいと思います。

Pay with Googleとは

Pay with Googleとは、Googleが提供する新しい支払い方の一つで、Google PlayやAndroid Pay上にて登録しているクレジットカード情報で支払いが可能となります。

やり方も凄く簡単で、Pay with Googleにて支払いする際にボタンをタッチするだけです。簡単ですよね。

paywithGoogle@画面

特徴

Google Chromeまたは、Androidアプリ上で支払いが可能となります。一番の特徴は、支払いが楽な所です。

楽天ペイやAmazon Payなどであれば、一度ログインをした上で支払いボタンを押していかなければなりません。

一方、Pay with Googleであれば、そのような手間を掛けることなく、支払いが完了します。

更にセキュリティ上も優れている点も見過ごせません。あなたが普段使用していない端末より、Googleへログインしようとすると、Gmail宛てに通知メールが来ると同時に、スマホへも通知が来ます。これにより、あなたのアカウントガ不正利用されているかどうか、すぐに察知することが可能です。

そのため、万が一Pay with Googleを経由してクレジットカードが不正利用されそうになっても、即座にシャットダウンすることが可能となるのです。

競合サービス

Pay with Googleのように支払い方に関するサービスを提供しているところは他にもあります。代表的なものとしては、以下のとおりです。

  • 楽天ペイ
  • Amazon Pay

いずれも、楽天またはAmazonへ登録されているクレジットカードで支払うことが可能です。わざわざクレジットカード情報を入力しなくて済む分、楽に支払うことが可能となります。

この二つとの比較で見ると、やはり安全性に関しては、Googleの方に軍配が上がるようにも見受けられます。そもそも、Googleが運営しているというだけで一種の安心感がありますよね。また、不正利用の可能性のある情報に関しては、通知してくれるなど、いろんな工夫をしています。

問題点

ただ、Pay with Googleに関してもよい点があるだけではありません。普及する上で、障害になりそうな項目をまとめてみました。

名前が読みづらい

まず、”Pay with Google”というのを日本語読みすると”ペイ ウィズ グーグル”という何とも語感の悪い読み方になってしまいます。日本に上陸するときはもう少しまともな名前になるとは思いますが、このままではネーミングの時点で敬遠されそうです。

Google Playなどへクレジットカード情報を既に登録している人は少ない

Google Playにクレジットカード情報を登録したいと思うきっかけは、”有料アプリを使いたい”であったり”課金したい”の2点がメインだと思います。ただ、これだけ無料アプリがあふれている中、あえて有料アプリを使いたい人もそう多くないのではないでしょうか。無料アプリにて課金したいと思う人も同様です。

恐らく、Google Playにクレジットカード情報を登録している人はそう多くないはずです。この状態で”Pay with Google”という支払い方が導入されたとしても、大半の人はまずGoogleにクレジットカード情報を登録しなければなりません。

最初の一手間って結構、面倒ですよね。個人的に、引っかかるポイントの一つです。

お金の面で特典が無い

今のところ、Pay with Googleを使用した所で特にお金の面でメリットがあるわけではありません。ポイントが貯まるわけでもありません。これだと、クレジットカードで直接支払っちゃおう、と思う人も多いかと思います。

Pay with Googleも支払い方の一つでしかないために、個人的にはメリットが大きくないのかなー、と感じています。

まとめ

いかがでしたか。Pay with Googleについてまとめました。日本ではまだ利用できませんが、近い将来、使えるようになるのは間違いありません。

また、支払い方は私たちが決める話ではなく、大抵の場合は売り手側が決める話です。口座振り替えやクレジットカード払いと並んで”Pay with Google”のような聞きなれない名前の支払い方があったとしても、それは安心して使えるサービスですので、気兼ねなく使っていって下さいね。

今回は以上になります。

参考までにAmazon Payについて紹介します。こちらに関しても、Pay with Googleと似たようなサービスを展開しています。良かったら参考にしてみてください。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*