エポスプラチナカードがインビテーション無しで作成可能に!特徴を解説しました

エポスプラチナカード

エポスプラチナカードをご存知でしょうか。エポスカードが発行しているクレジットカードのうち、最上位に位置しており、空港ラウンジの利用など、様々な特典があります。

ただ、これまでエポスプラチナカードに関しては、エポスゴールドカードを作成後、インビテーションを受け取らないと作ることが出来ませんでした。ところが、今現在では、エポスプラチナカードを直接申し込むことが可能となりました。ただ、気になるのはエポスプラチナカードの特徴と本当に申し込んで良いものなのか、ですよね。

そこで、今回の記事では、そんなエポスプラチナカードの特徴を説明した上で、本当に作った方が良いクレジットカードなのか検証しました。

基本スペック

項目
年会費 3万円
ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%
付帯保険 国内・海外での保険付き

年会費

エポスプラチナカードへ直接申し込んだ場合、年会費が3万円(税込)掛かります。ただし、年間利用額が一度でも100万円以上を超えた場合、またはエポスプラチナカードへのインビテーションを受け取った場合、年会費が2万円(税込)となります。プラチナカードということで、この程度の年会費は残念ながら掛かってしまいます。

ただ、他のプラチナカードと比べても割安な年会費となっています。例えば、アメリカン・エキスプレスのプラチナカードは年会費が13万円(税別)も掛かります!これに比べれば、随分と割安な年会費ですね。

エポスプラチナカードの特典

コンシェルジュサービスを利用可能

エポスプラチナカード最大の特典はこちらではないでしょうか。コンシェルジュとは、美味しいレストランを予約したり、旅行のプランニングまで行う、一部ホテルにいた人のことを指します。

実はエポスプラチナカードでもでも同様のサービスがあり、これをコンシェルジュと読んでいます。コンシェルジュへ電話で相談すると、旅行の計画・ホテルの予約・航空券の予約・レンタカー予約など、あなたの要望に応えてくれます。あなた自身が、ちょっと偉くなった気分になりますよね。

更に、日本国内にいる時だけでなく、海外へ出掛けた際も現地にあるコンシェルジュを利用することが出来ます。旅先でこそ、オイシイお店やオススメの観光スポットなどの情報が欲しいですよね。そんな時こそコンシェルジュの人に相談すれば、色んなことを教えてくれると思います。

しかも、以下の国であれば、日本語スタッフが対応してくれます。

  • アメリカ
  • カナダ
  • 中国(香港, マカオも含む)
  • 台湾
  • 韓国
  • インド
  • インドネシア
  • シンガポール
  • フィリピン
  • マレーシア
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • オーストリア
  • ハンガリー
  • イタリア
  • オランダ
  • ポルトガル
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • タイ

日本人が旅行で行きそうな国は一通り抑えている印象です。色んな国で日本語の話せるコンシェルジュと相談できる点が良いですね。

コンシェルジュを実際に利用した声を別サイトより抜粋しました。コンシェルジュを利用した場合、色んなルートからチケットが取れないか・ホテルを予約できないか探してくれます。

VPCC(筆者注:コンシェルジュのこと)は料亭の検索とホテルの検索で2回使用。両方とも満足のいく返答を得られました。特にイベントと重なって予約サイトでは見つからなかったホテルの空室を見つけてもらえたのは感激でした。メールでやり取りが可能なので大変使いやすく、利用する人にはこれだけで所持する意味があると思います。
https://crefan.jp/review-3022.html より抜粋

お盆やクリスマス・正月・ゴールデンウィークなどチケットの取りづらい時こそエポスプラチナカードのコンシェルジュは活躍すると思います(あなた自身がチケットを予約するのは大変なので)。一度、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

プライオリティ・パスに無料で登録可能

プライオリティ・パスをご存知でしょうか。世界中にある400以上の都市にある900以上の空港ラウンジを利用することができるようになる会員専用のカードです。

通常であれば、年会費が399ドル(約4万円)もかかってしまいますが、エポスプラチナカードを保有している方であれば無料で作ることが可能です。

特に海外の空港を利用する場合、出国審査をする際の時間を見越して大分前から行かなければなりません(90分~120分前)。ただ、その割に出国審査がすんなり終わってしまうと、もの凄く暇ですよね。そんな時でもプライオリティ・パスを用いて、空港内で待っていれば、リラックスして時間を過ごすことが可能ですし、仕事をすることも可能です。

また、空港内に一般開放されているものよりも、高速なwi-fiも利用可能となります。時間を潰す上ではもってこいですね。

ゴールドカードを持っていても、ラウンジは利用可能です。では何が、プラチナカードと違うかというと、入れるラウンジの数と質が上がります。

例えば、エポスゴールドカードであれば、国内の空港と韓国・ハワイの空港のラウンジしか利用することが出来ません。一方、エポスプラチナカードであれば、世界中の都市にあるラウンジを利用可能です。

また、成田空港であれば、ゴールドカードを持っている際に入れる一般ラウンジより、ワンランク上の大韓航空・またはユナイテッド航空が運営しているラウンジに入ることができます。航空会社が運営しているラウンジは、一般のラウンジよりも質が良く、食事やシャワーなどを取れる所もあるくらいです。

海外にある空港でも絶対にラウンジを利用したい!などの理由があるのであれば、エポスプラチナカードを持つことをオススメします。

高級レストランを優待料金で利用可能

エポスプラチナカードでは、VISAが提供している優待サービスの他に、エポスプラチナカードが独自に提供している優待サービスまで利用することが出来ます。他の、プラチナカードよりも幅広いお店を利用できる点が嬉しいですね。

しかも、エポスプラチナカードが独自に出しているサービスに関しては、特定のレストランを二人以上で利用した際、コース料理が無料となるクーポン券を配布しています。

高級レストランのコース料理は、一人あたり1万円以上するものばかりです。1万円お得になると考えると、相当な金額ですよね。

参考までに、実際に割引可能なお店を紹介します。

・IL PINOLO 銀座/イタリア料理

エポスプラチナカード@ILPINOLO

こちらに関してはコース料理が1万2100円掛かります。二人以上でこちらのレストランに行けば、1万2100円分、お得に料理を楽しめます。そう考えると凄い割引ですね。

年に1回ぐらいは高級レストランを利用する、またはしてみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。その時の支出を抑える意味でもエポスプラチナカードは非常にお得なクレジットカードとなっています。

手厚い保険サービス

海外

海外へ行った際に気になるのは、万が一ケガや病気などの予想しなかった事態になってしまった際のお金の問題ですよね。海外の医療費は高額請求される場合が多いですので。

そんな時でもエポスプラチナカードであれば、安心です。海外における保険サービスが充実しています。具体的には以下の通りです。

保険の種類 エポスプラチナカード エポスゴールドカード
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1000万円
傷害治療費用 300万円 300万円
疾病治療費用 300万円 300万円
賠償責任(免責なし) 1億円 2000万円
携行品損害 100万円 20万円
救援者費用 200万円 100万円
航空機遅延費用 2万円 なし
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 なし

エポスゴールドカードと比べると補償してもらえる金額が多くなっていますね。万が一の備えとしてエポスプラチナカードを取得しておくのは、悪くない選択だと思います。

更に、旅行へ行く際に一緒に行く家族に関しても保険が適用されます。エポスゴールドカードであれば、本人にしか保険は適用されません。旅行などであれば、家族と一緒に行くケースも多いかと思います。家族にまで保険が適用されるのは、嬉しい話ですね。

日本国内

日本国内へ旅行に行くこともあるかと思います。エポスプラチナカードでは、エポスゴールドカードと異なり、保険サービスを受けることが可能です。

ただし、旅行代金をエポスプラチナカードで支払うことが条件となっています。死亡・後遺障害に関しては最大で1億円も保険金が出る可能性があります。万が一の備えとして、有用ですね。

旅行代金の一部を割引料金で購入可能

エポスプラチナカードでは、VISAプラチナトラベルを利用できます。こちらのサービスを利用することで、以下のキャッシュバックを得ることが出来ます。

保険の種類 割引率 割引上限額
国内宿泊 10% 3万円
国内パッケージツアー 10% 3万円
海外航空券 5% 3万円
海外パッケージツアー 5% 3万円

しかも、エポスプラチナカードの場合はコンシェルジュに泊まりたい地域やホテルを指定すれば、予約まで行ってくれます。中々、お得ですので、是非利用してみて下さいね。

海外旅行時に利用可能なその他のサービス

海外旅行へ行く際は、以下にまとめた便利なサービスを利用することが可能です。エポスゴールドカードと共通ですが、どれもお得かつ便利なサービスばかりです。

海外旅行時にスーツケースを自宅から優待料金で宅配可能

エポスプラチナカードでは、VISAプラチナ空港宅配を利用できます。こちらのサービスは、国際空港である成田空港、羽田国際線ターミナル、中部国際空港、関西国際空港へスーツケースを1個につき500円で宅配してくれます。

家族旅行となると大きなスーツケースを、頑張って空港まで運ばなければなりません。その点、宅配で届けてしまえばもの凄く楽です。一般的に、自宅から空港まで大きいスーツケースを宅配すると2000円以上掛かります。これが500円で済むのはありがたいですね。

エポスプラチナカードは、海外旅行へ行った際は、大きな力を発揮すると思います。

VISAゴールド国際線クローク

冬にハワイやグアム、オーストラリアなど暖かい場所へ旅行に行く際はコートが邪魔になりますよね。そんな時に、エポスプラチナカードを持っていれば、クロークにてコートを預かってくれます。

対象となるのは成田空港、羽田空港国際線ターミナル、中部国際空港、関西国際空港です。エポスプラチナカードを見せるだけで、所定の料金の15%OFFで利用することが可能です。

エポスプラチナカードを持っていなくても使うことは可能ですが、割引料金で利用できるのは私たちとしては嬉しいですね。(MasterCardでも同様のサービスがありますが、こちらは10%OFFでの利用となります。)

海外のモバイル通信用ルーターのデータ通信料金が20%OFF

海外へ行くと、まず困るのがインターネットに繋げられる場所が少ない所ですよね。本よりもインターネット経由の方が情報が多いのは間違いありませんので、色んな情報を入手したい所です。

そんな時に利用したいのが、こちらのサービスです。例えば、アメリカなどであれば1日1000円掛かる所を800円で利用することが可能です。韓国・中国などであれば通常、一日700円掛かる所が560円で利用できます。

エポスプラチナカードを持っておくと、あると便利なサービスを優待料金で利用できるようになるのです。

カード紛失時の緊急カード発行が無料

エポスプラチナカードに限らず、クレジットカードを海外で紛失するリスクは常にあります。万が一、紛失してしまった場合、クレジットカードを止めると同時に代わりとなるクレジットカードがほしいですよね。

それが緊急カードとなります。こちらは、一般カードだと1万800円掛かるのですが、エポスプラチナカードであれば無料で作ることが出来ます。万が一の際の出費が発生しないのは、私たちとしては嬉しい話ですね。

エポスプラチナカードのポイントサービス

エポスプラチナカードに関しては、エポスゴールドカードや一般エポスカードよりもお得なプログラムがありますので、紹介します。

通常のポイント還元率は0.5%

エポスプラチナカードのポイント還元率は0.5%となっており、こちらは一般エポスカードやエポスゴールドカードと変わりません。

他のプラチナカードと変わらない還元率となっています。

年間利用額に応じてボーナスポイントが貯まる

こちらに関しては、エポスプラチナカードにしかないサービスです。エポスプラチナカードでは、利用額が100万円を超えるとボーナスポイントを獲得することが出来ます。こちらの表にまとめました。尚、最大ポイント還元率では、通常の支払い時に貯まるポイントの他に年会費の支払い分も計算されています。

年間の利用金額 ボーナスポイント 最大ポイント還元率
100万円以上 2万ポイント 0.5%
200万円以上 3万ポイント 1.0%
300万円以上 4万ポイント 1.3%
500万円以上 5万ポイント 1.1%
700万円以上 6万ポイント 1.1%
900万円以上 7万ポイント 1.1%
1100万円以上 8万ポイント 1.0%
1300万円以上 9万ポイント 1.0%
1500万円以上 10万ポイント 1.0%

100万円以上利用した時点で、年会費分のボーナスポイントを獲得できるのです。そう考えると、結構ありがたい制度です。

更に、年間300万円以上エポスプラチナカードを利用した場合、年会費を差し引いてもポイント還元率が最大で1.3%相当にも達します。他のクレジットカードと比べても、最大級のポイント還元率となります。

こちらの表からみるに、エポスプラチナカードを作る以上は最低でも年間100万円以上、出来れば200万円は使いたい所です。これだけで、年会費分の元は取れますので。

クレジットカードの使い道としてはこちらの記事にまとめてありますので、よかったら参考にしてみて下さい。

ゴールドカードを持っていても、ラウンジは利用可能です。では何が、プラチナカードと違うかというと、入れるラウンジの数と質が上がります。

例えば、ちなみに、エポスプラチナカードを利用していて、年間の利用金額があと一歩で100万円に届かないケースでは、エポスVISAプリペイドカードへチャージすると良いです。エポスVISAプリペイドカードへのチャージ分に関しても、年間の利用額へはカウントされるためです。

ただし、エポスVISAプリペイドカードへは最大で10万円分しかチャージ出来ないのでご注意下さい。詳細はこちらの記事にまとめました。

誕生月はポイント還元率2倍

エポスプラチナカードでは、誕生月に関しては通常のポイント還元率の2倍のポイントを獲得できます。こちらのサービスですが、ゴールドカードや一般カードにも付いていると思いきや、エポスプラチナカード限定のサービスとなっています。

ちょっと意外な感じもしますが、エポスプラチナカードの大きなメリットの一つです。マルイ内でエポスプラチナカードを利用した場合、ポイント還元率は通常の1%の倍である2%に、マルイ以外での買い物の場合は、通常の0.5%の倍にあたる1.0%の還元率となります。

ポイントの有効期限はない

これだけ、ポイントが貯まると相当な額となってしまうため、結構ポイントの使い道に困ってしまうかもしれません。ただ、安心して下さい。エポスプラチナカードでは、ポイントの有効期限がありません。目一杯ポイントを貯めて、旅行へ行くもよし、家電を買うもよしです。

エポスゴールドカードも有効期限は設けられていませんが、一般のエポスカードではポイントの有効期限は2年と定められています。エポスプラチナカードの良いポイントの一つです。

選べるポイントアップショップでポイント最大3倍に

エポスゴールドカードと同じ特典ですが、非常にオトクなので紹介します。

エポスプラチナカードでは、選べるポイントアップショップといって、エポスカード側が選んだショップの中から、よく利用するショップを登録するだけで、ポイント還元率が3倍となるサービス(1.5%相当の還元率)を受けられます。

300もあるショップの中から3つだけ選ぶことが出来ます。登録数の多いショップとしては以下の通りです。

1位:東京電力
2位:ユニクロ
3位:東京ガス
4位:JR東日本
5位:イオン

どれも、日常的に支払いの発生する所ばかりですね。このような所でポイント還元率が1.5%相当にランクアップするのは私たちとしてもメリットが大きいです。

エポスプラチナカードの申し込み方法

エポスプラチナカード@申し込み

直接、申し込む

エポスプラチナカードは数少ない、直接カード会社へ発行を申し込めるプラチナカードとなっています。例えば、アメリカン・エキスプレスのプラチナカードなどは直接申し込むことは出来ません。

ただし、直接申し込んだ場合、年会費は3万円掛かりますのでご注意下さい。また、直接、申し込めるとはいえ、申し込めば作れるようなものでもありません。所定の審査が必要です。

この審査が厄介で、審査が通る基準が公開されていないため、よくわかっていません。私としては、以下の条件さえ満たせば、十分作れると思っています。

0. 20歳以上の社会人であり、エポスカードを持っていること
1. クレジットカードを過去5年以上利用しており、延滞歴が無いこと
2. 少なくとも300万円以上の年収があること

0.に関しては、公開されている条件ですので、こちらの条件を満たしていない方が作れることはありません。1. 2.に関しては推測でしかありません。ただし、延滞歴があるということは、エポスプラチナカードを作ったとして本当に支払ってくれるのか、カード会社側が不安に思ってしまいます。

また、年収に関しても、支払い能力から見ても300万円はほしい所です。やはり、カード会社側からみて、一番重要なのは支払い能力についてです。これが弱いと、プラチナカードの審査には通らないと思います。

とはいえ、ここで挙げた条件は決して厳しいものではありません。一昔前は、プラチナカードに希少性を持たせるために、カードの発行枚数を絞るようなことをしていました。

ただ、今はプラチナカードを作りたいと思う人もそう多くないです。ゆえに、審査もめちゃくちゃ厳しいわけではないのです。

インビテーションを受け取る

エポスゴールドカードを利用している場合、利用額によってはエポスプラチナカードへのインビテーションを受け取れる場合があります。こちらを受け取った場合、無条件で、エポスプラチナカードを作ることが可能です。インビテーションを受け取った場合、エポスプラチナカードの年会費は2万円となります。

インビテーションを受け取る条件は残念ながら公開されていません。ただ、インターネット上の情報を見る限り、エポスゴールドカードを年間100万円以上、利用するというのが条件のようです。

もっとも、インビテーションを受け取ったとして、エポスプラチナカードへ申し込む必要はありません。拒否しても良いです。

エポスプラチナカードって本当に作った方が良い?

ここまでエポスプラチナカードについてまとめました。色んな特典があり、どれか一つでもピンと来るものがあったら、申し込んでも良いと思います。

ただ、ピンと来なかったのであれば、もしかしたらエポスゴールドカードで十分なのかもしれません。

年間200万円以上の利用であれば、エポスプラチナカードの方がお得

実は、エポスゴールドカードでもボーナスポイントを獲得することが出来ます。

エポスゴールドカードの場合、年間100万円利用した際のポイント還元率は1.0%となります。(エポスプラチナカードであれば、0.5%相当)

年間200万円使った場合は、エポスゴールドカードではポイント還元率が0.75%相当となりますが、エポスプラチナカードでは1.0%相当となります。

年間200万円でお得度が逆転します。個人的には200万円以上使うのであればエポスプラチナカードを、そんなに使わないのであれば、エポスゴールドカードを使うのが良いと思います。

エポスゴールドカードでも十分な特典は付いている

エポスゴールドカードは、年会費無料で使える数少ないカードなのですが、エポスプラチナカードと異なり、コンシェルジュも利用できませんし、高級レストランにて1名無料で使えるプランもありません。

ただし、日本国内であればラウンジも利用できます。一部高級レストランでも、割引料金で利用することも可能です。エポスプラチナカードから、サービスを少し割り引いたようなクレジットカードなのです。

こちらの記事にて紹介したエポスプラチナカードは年会費2万円も掛かりますので、申し込むのに勇気がいりますが、エポスゴールドカードであれば年会費無料で利用できます。

ピンと来ないのであれば、エポスゴールドカードを使い続ける、または作ると良いと思います。

詳細はこちらの記事にまとめました。

まとめ

エポスプラチナカード@まとめ

いかがでしたか。エポスプラチナカードについて紹介しました。

どれも素敵な特典ですね。海外へ頻繁に行かれるのでしたら、是非作成を検討してみてはいかがでしょう。今なら、エポスカードを持っているだけでプラチナカードを作ることも可能となりました!エポスカード、およびエポスプラチナカードへの申し込みはこちら

・エポスプラチナカードの公式サイトはこちら

参考までに、一般エポスカードについて紹介します。エポスゴールドカードとの比較でこちらの記事を構成しましたが、実は一般エポスカードについている特典も利用できるのです。

一般エポスカードも、非常に優秀なクレジットカードですので、よかったら参考にしてみて下さい。



SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*