楽天ふるさと納税を利用すると、ポイントがザクザク貯まります

楽天ふるさと納税のポイント

楽天市場では、通常の様々な買い物の他に、ふるさと納税用のサイトも運営しています。私も、ふるさと納税を行いはじめて2年目ですが、以前使っていたサイトと比べて、楽天ふるさと納税はポイントの獲得できる量が多いため、非常に満足しています。

そこで、今回の記事では、そんなお得な楽天ふるさと納税のポイントシステムについて解説していきたいと思います。この記事を読めば、いかに楽天ふるさと納税がお得なのか、わかって頂けるかと思います。

楽天ふるさと納税で獲得できるポイント

通常ポイント(1%分)

楽天ふるさと納税では、自治体へ寄付するだけでポイントが1%分も付与されます。ふるさと納税は、あくまで自治体への寄付という形なのにポイントが付与されるのが、何とも不思議な感じですね。

他のサイトでは、ふるさと納税で寄付しても一切ポイントが付与されない所の方が多いくらいです。他だとせいぜい、タカシマヤふると納税ぐらいです。持っているクレジットカードの種類に応じて、ポイントが0.5~1%付与されます。

現状では、ポイントが付与されるサイトはほとんどなく、楽天ふるさと納税がおすすめの理由の一つがこの通常ポイントを獲得できる点にあります。

楽天ふるさと納税でポイントが付与される理由は、楽天ふるさと納税が楽天市場のシステムの一部として、組み込まれているためです。

実は、楽天市場と楽天ふるさと納税では、ポイントの付与のされ方が全く同じです。そのため、このように通常ポイントが付与されるのです。

ふるさと納税を行う場合、結構な額(数万円以上)を自己負担2000円で寄付することが可能です。通常ポイント分だけでもバカにならないポイントが付与されます。楽天ふるさと納税がおすすめのポイントの一つです。

楽天カード利用によるポイント(3%分)

ふるさと納税というと、手数料の関係からクレジットカードは使えないのではないか、と思われがちです。実際の所、クレジットカード払いを受け付けていない所もあります。ただし、楽天ふるさと納税では、当たり前のようにクレジットカード払いが可能です。これにより、クレジットカードのポイントまで付与されます。

これだけでも凄いのですが、更にすごい所があります。それは、クレジットカードの中でも楽天カードで支払った場合、ポイントを3%分も追加で付与してくれる点です。

クレジットカードのポイントというと、せいぜい1%程度ですので、楽天カードのポイント追加分がいかに多いか、わかって頂けるかと思います。ふるさと納税は毎年できるものです。楽天ふるさと納税を利用するのであれば、楽天カードは作っておくべき、と言い切れるぐらい効果が高いです。

楽天カードはこちらのバナー経由で作ることが可能です。

楽天市場アプリ利用によるポイント(1%分)

楽天ふるさと納税を利用するにはインターネットのブラウザ(Chrome, Firefox, Internet Exploreなど)経由で購入するかアプリ経由で購入するかの二種類の方法があります。

アプリを入れると、スマホが重くなっちゃうなどの理由でブラウザ経由で購入してしまいたいと思いがちですが、楽天市場に関しては、アプリ経由で購入した方が良いです。

なぜならば、アプリ経由でふるさと納税を行った場合、通常のポイントに加え、1%分も余計にポイントが付与されるためです。アプリ経由で購入しようがウェブブラウザ経由で購入しようが、差がなさそうですが、現状ではこのようなシステムになっています。

ポイント1%でも結構大きいので、是非アプリの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

その他のポイントアップ手法

他にも、楽天ふるさと納税を行った際のポイントアップする手段はあります。具体的には以下の通りです。

項目 追加ポイント
楽天ブックスの利用 +1%
楽天プレミアムカード
orゴールドカード
+1%
楽天モバイルの利用 +1%

上であげたものと比べると、ちょっと面倒だったり、お金が掛かってしまうものもありますね。ただし、ゴールドカードがほしくなった、、あるいは格安Simが欲しいと思った際は、楽天のことを少し覚えておくと、良いかと思います。ただし、上で挙げたものを全て利用した場合、ポイントは最大で8%分も獲得できます。大手家電並に高還元率となるのです。

ちなみに、これらのサービスは楽天のSPUという形で全て紹介されています。こちらの記事にまとめていますので、良かったら参考にしてみて下さい。

その他のポイント

おすすめの楽天ふるさと納税ガイド

ちなみに、私も今年は楽天ふるさと納税を利用しましたので、アイディアを練る上で参考にして頂けると、嬉しいです。

楽天スーパーセールの時期を狙う

楽天スーパーセールと言って、毎年3、6、9、12月に楽天市場上でセールを行っている時期があります。その時期に、ふるさと納税を行うことで、追加のポイントを獲得することが出来ます。

1店舗利用するごとにポイントが1%分増加するシステムとなっています。つまり、多くの自治体に寄付すればするほど、ポイント還元率がアップしていく仕組みです。

ふるさと納税でセールと言うとぴんと来ない人も多いかと思いますが、とにかく何故かセールを行っているのです。利用しない手はないですね。

スーパーセールが行われた二ヵ月後に再び寄付を行う

楽天ふるさと納税で確かにポイントは大量に獲得できるのですが、有効期限が1年間と比較的長いポイント以外にも、ポイント付与後の翌月末に失効してしまう期間限定ポイントも大量に獲得できます。

有効期限が短いので、さっさと使わないと勿体無いです。そこで、ポイントが失効する前に再度楽天ふるさと納税を行って、ポイントを使っちゃうことをおすすめします。

おまけ:個人的におすすめのふるさと納税

楽天ふるさと納税のポイント@商品

お酒

お酒は、ふるさと納税をしていく上で、おすすめしたい商品の一つです。総務省の通達でふるさと納税の返礼品の割戻率は、寄付額に対して33%以内に抑える通達が出ているにも関わらず、お酒に関しては普通に50%程度あるからです。

特に、楽天ふるさと納税は、お酒に関して力を入れている印象です。1万円寄付することで、ビール350ml24本をかえてしまえる所が何件も紹介されています。350mlのビールを24本買うとおよそ5000円します。それを1万円自治体へ寄付するだけでもらえてしまうのです。

お酒を調達する上で、楽天ふるさと納税はおすすめツールの一つですね。

お米

お米も、ふるさと納税をしていく上でおすすめのジャンルの一つです。人気ランキングにのっているようなお米は寄付額に対する割戻率が50%以上あるものも珍しくなく、家計を助ける上で、効果的面です。

かつ、お米は日常的に食べていくものでもあります。実質、タダでお米が買えちゃうなんてこんなに助かる話はないですよね。

ついつい、肉を買いたくなっちゃう気持ちもわかりますが、こういったお米などの日常的に買うモノも寄付先としておすすめです。

まとめ

楽天ふるさと納税のポイント@まとめ

いかがでしたか。楽天ふるさと納税についてまとめました。

楽天ふるさと納税は、ポイントの面でもお得ですし、商品も充実しています。みなさんも是非利用を検討してみてはいかがでしょうか。

今回は以上になります。

参考までに、楽天SPUについて紹介します。SPUがあるからこそ、楽天ふるさと納税にて大量のポイントを獲得できる仕組みとなっています。こちらの記事にまとめていますので、良かったら参考にしてみて下さい。

また、楽天ふるさと納税でポイントを大量獲得する上で、一番手っ取り早いのが楽天カードを作ることです。こちらのバナー経由で作成できます。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*