楽天カードはEdyへのチャージ用として本当にお得なのか

普段、何気なく使用しているEdyですが、楽天カードでチャージするのが一番お得だと考えている人が多いのではないでしょうか。同じ楽天が運営母体なのだから、そのように思われがちですが、実はそんなことはありません。

むしろ、他のクレジットカードの方が還元率の方が、なぜか高い水準にあります。今回の記事では、そんなEdyへチャージ可能なクレジットカードについてまとめました。

Edyへチャージ可能な還元率の高いクレジットカード

リクルートカード

リクルートカード_PC

リクルートカードとは、その名の通り、リクルートが発行しているクレジットカードで、還元率が1.2%と高還元率なのが特徴です。

Edyへのチャージ用としても、リクルートカードの還元率が最も高く、何と1.2%もあります。通常のクレジットカードは、Edyなどの電子マネーへチャージする際は、ポイント還元率を減額したり、ポイントを一切付与してくれないケースもあります。このように考えると、1.2%もEdyへのチャージ時に還元してくれるクレジットカードは他にはないです。

ただし、リクルートカードを用いてEdyチャージ時にポイントが付与されるのはVISAとMasterCardブランドになります。JCBブランドは、Edy用としてポイントが付与されませんのでご注意下さい。

VISAブランドを選択することでnanacoへのチャージ時においてもポイントが付与されます。

ただ、一点だけ注意して欲しいのは、ポイントの使い道です。リクルートカードでは、ポイントがPontaポイントとして貯まります。じゃらん・ホットペッパーなど使えるお店は多いのですが、日常的に使うお店の数としては限られてきます。

ローソンを日常的に使用する方なら問題ないと思いますが、それ以外の方は注意が必要です。

年会費:無料
ポイント還元率:1.2%
ブランド:VISA, MasterCard

楽天カード

楽天カードのEdyチャージ時のポイント還元率は0.5%とリクルートカードの半分以下の水準でしかありません。通常の買い物であれば、ポイント還元率は1.0%付与されますので、寂しい水準です。

ただし、楽天カードの保有している場合は、どのブランドのクレジットカードでもEdyへのチャージ時にポイントが付与されます。ブランドで選ばなくて良い分、選択肢が増えるのは嬉しい話ですね。

年会費:無料
ポイント還元率:0.5%
ブランド:VISA, MasterCard, JCB

楽天カードのリクルートカードの比較

楽天市場などの頻繁に利用する方にとっては、楽天カードの方が優れているのは間違いありません。ただ、今回の記事では、Edyへのチャージを主眼に説明していきます。

楽天カードを利用した場合は、ポイントを一元管理可能

実は、楽天Edyを使用しただけで、楽天ポイントが0.5%付与されます。楽天カードを利用した場合は、カードをチャージした時のポイントと併せて、1.0%分の還元率を受け取ることが可能です。

一方で、リクルートカードの場合はPontaポイントに1.2%分楽天ポイントで0.5%分ポイントが付与されます。合計すると1.7%と還元率は確かに良いのですが、二種類のポイントに分散してしまっています。

ポイント管理しやすいという面では、楽天カードでEdyチャージする方に優れています。楽天カード・Edyの使用時のポイント、いずれも楽天ポイントという共通の形であなたは受け取ることが可能ですので。

ただ、ポイント還元率だけみれば、リクルートカードの方が優れています。また、edy使用時のポイントは、edyへチャージすることで簡単に使用可能です。ポイント自体は分散してしまっていますが、大きなデメリットは無さそうです。個人的には、リクルートカードの方が優れいているようにも、見受けられます。

キャンペーン時は楽天カードのチャージ時のポイント還元率が上がる

楽天カードでは、以下のようなキャンペーンを定期的に行っており、edyチャージ時のポイント還元率を倍に設定してくれます。
楽天カードとedyの相性@キャンペーン

ただ、楽天カードのポイント還元率を倍の1.0%にしてくれた所で、リクルートカードにの還元率1.2%には及びません。正直、うーんといった所でしょうか。

楽天カードにはもうちょっと、頑張ってもらいたいですね。

オートチャージができるのは楽天カードだけ

Edyにはオートチャージ機能がついています。これは、楽天カードを保有している人にとっては、楽天のe-Navi上で設定することができます。一方で、楽天カード以外を保有している方はオートチャージ機能を利用することが出来ません。

オートチャージ設定することで、チャージする手間をかけずにEdyを使用できます。便利なのですが、勝手にチャージされていく点に関して、万が一Edyが盗難された場合に無制限に使われ続けてしまうリスクがあります。

そんなオートチャージですが、私たちにとっては手間以上のメリットは残念ながらありません。ポイント還元率が高くなるわけでもありませんし、現状で万人に勧められる仕様となっておりません。

ということで、楽天カードよりもリクルートカードの方がEdyへチャージする用途としては優れていることが、わかって頂けたかと思います。

リクルートカード以外のクレジットカードに関して

当たり前ですが、リクルートカード以外のクレジットカードに関してもEdyチャージ時にポイントが付与されるクレジットカードはあります。

ただ、どのクレジットカードもポイントをEdyチャージ時にポイントを付与してくれません。一応、以下のクレジットカードが、チャージ時にもポイントを満額付与してくれます。

・NTTグループカード
・出光カードまいどプラス
・JMBローソンPontaカードVisa
・NEXCO中日本 プレミアムドライバーズカード
・エポスカード
・東急カード
・OPクレジット

どのクレジットカードもポイント還元率は0.5%と決して高い還元率ではありません。Edyへのチャージ用としては楽天カード・リクルートカードと比べても、還元率の点では劣っています。

私なら、こう持つ

Edyへのチャージ用としては、リクルートカードの方が優れているのは間違いないので、リクルートカードの方を優先的に取得することになると思います。メインカードとして十分通用しますので、実際リクルートカード一枚で十分な気がします。

一方、楽天カードは楽天市場やmobile、ふるさと納税など、楽天サービスを利用する上でお得に設計されているのは間違いないです。私のように、そこそこの頻度で楽天市場を利用する私としては、サブカードとして楽天カードを利用するかなー。

まとめ

edyへ楽天カードでチャージするのは得か@まとめ
いかがでしたか。Edyへのチャージ用として楽天カードが本当に優れているのか、比較を行いました。

結局は、楽天カードではなく、なぜかリクルートカードの方が優れているという結果となってしまいました。楽天カードと違い、リクルートカードは大した宣伝も行っていないため、還元率などを高めに設定することで少しでも多くの人にクレジットカードを作って欲しいと思っているようです。

是非、一度取得を検討してみてはどうでしょうか。

今回は以上となります。参考までに、Edyと同じ電子マネーであるnanacoへのチャージ用としてお得なクレジットカードについても紹介しています。Edy同様、nanacoへのチャージ用でもリクルートカードが優れているという結果となっています。

リクルートカード_PC

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*