エポスカードのATMって何をする所なの?解説しました

エポスカードのATM

マルイに行くと必ずエポスカードのATMがあります。大抵の場合、人がそんなにおらず、あなた自身も用が無いので素通りすると思いますが、何をする所なのか気になったことはありませんか。

そこで、今回の記事ではマルイにあるエポスカードのATMでは何ができるのか、また今後は使っていったら良いのか、解説していきます。

エポスカードのATMで出来ること

キャッシングを利用できる

エポスカードをATMへ入れることでクレジットカードのキャッシング機能を使うことが出来ます。キャッシングとは、クレジットカードを用いて現金を引き出す行為です。銀行と異なり、キャッシングは相当高い金利を取られますので(18%!)基本的に利用することは無いです。ただ、出費が重なって金欠の時などの最後の手段として使うイメージですね。

ともあれ、エポスカードのATMでは、そんな万が一の時のために、キャッシング機能を利用できるようになっています。

キャッシングで借りたお金を返済できる

キャッシング機能を利用した場合、相当高い金利を取られてしまいますので、少しでも早くエポスカード側へお金を返す必要があります。エポスカードのATMを用いれば、キャッシング機能を用いて借りたお金を最速で返すことが可能です。

エポスカードの引き落とし日に、クレジットカードの請求額と合わせて返済しても良いのですが、時間が経過する分、より多くの金利による手数料が発生してしまいます。エポスカードのATMを用いれば手数料を抑えることが可能となりますあので、キャッシングを利用したならば、積極的に利用していきたいですね。

リボ払い時の支払い残高も一括返済可能

リボ払いを利用した場合も、月々の支払い額が少ないがゆえにエポスカードに支払いきれていないお金が発生する場合があります。この分のお金に関しても、エポスカードのATMへ出向いてお金を振り込むことで、リボ払いの金利による手数料を少しでも抑えることが可能となります。

リボ払いに関しては、知らず知らずのうちに申し込んでしまっているケースも多々あるようです。万が一申し込んでしまっていた場合は、リボ払いを一般の一括払いに変更した上で、エポスカードのATMで速やかに残高分を支払うことをオススメします。

クレジットカード請求額の支払いも可能

エポスカードではその月に請求される金額を、実際にATMへ入金することで支払うことが出来ます。

基本的には銀行口座からの引き落としとなるのですが、様々な事情でATMからの振り込みを選択している方もいるかと思います。そんな時に、エポスカードのATMを利用すると良いと思います。

こちらの内容からもわかる通り、エポスカードのATM利用者はそこまで多くありません。

キャッシングやリボ払い・エポスカードの支払い方をわざわざATMなんかに設定しないですよね。使う人は、結構限られてきます。

ただし、キャッシングやリボ払いを選択してくれる人はエポスカード側からみれば、金利を支払ってくれるお得意様です。それゆえ、宣伝も兼ねて十分な数のATMを準備しているのです。

エポスカードのATMの設置場所

マルイの中

エポスカードのATMは、マルイの中に置かれています。場所はマチマチだと思いますが、エポスカードの宣伝も兼ねてマルイの入り口付近に置かれている所もありますね。

ただし、マルイの中のATMを利用するといっても遠い所までわざわざ行きたくないですよね。

そのため、基本的にはこれから書く提携ATMを利用したほうが良いです。

その他の提携銀行

マルイ以外でもエポスカードを入れることでキャッシングなどのサービスを受けられるATMがあります。具体的には以下の通りです。

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ファミリーマートATM
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 横浜銀行
  • 北海道銀行
  • 八十二銀行

結構、色んな銀行で使えますね。大手コンビニ各店で使える点もポイントが高いです。しかも、ATM利用料無料で使うことが可能です。

コンビニのATMが使えるのであれば、わざわざマルイまで行かないですよね。基本的にはコンビニのATMを使う形になるかと思います。

エポスカードATMの使い方

エポスカードのATMを使用する上で必要なもの

エポスカードのATMを利用する上で必要となるものはエポスカードと、エポスカードの暗証番号となります。

暗証番号に関しては、忘れてしまうケースもあるかと思います。エポスカードの公式サイトであるエポスnetより、暗証番号通知サービスを利用することで、郵送で暗証番号を教えてくれます。クレジットカードの暗証番号は使っていないと忘れてしまいがちですので、忘れてしまった場合はこちらのサービスを利用すると良いと思います。

エポスカードをATMに入れて暗証番号を入力すれば、あとは画面の指示にしたがって操作すればOKです。

エポスカードのATMは使わない方が良い

エポスカードのATM@まとめ

結局のところ、色んな場所でエポスカードのATM機能は使うことが出来ます。ただし、エポスカードのATMの使用目的がキャッシングやリボ払いなど、あまり使わないほうが良いサービスばかりです。何せ金利手数料が掛かるものですからね。

また、エポスカードの支払いもエポスカードのATMに行くぐらいなら、銀行口座から引き落としてくれたほうが確実ですし、あなた自身も非常に楽です。

どうしても、今月は金欠でお金が欲しいという時以外は使用しないようにしましょう。一応、キャッシングの初回利用に関しては借りてから30日間以内に返済すれば、金利ゼロで借りることが可能です。万が一に備え、頭の片隅に入れておくと良いかもしれませんね。

今回は以上となります。

本記事ではエポスカードのATMについて紹介しましたが、エポスカードは全国7000店舗以上で優待特典を獲得できるお得なクレジットカードとなっています。こちらの記事にまとめましたので、よかったら参考にしてみて下さい。



SNSで更新情報を配信中。

コメント

  1. ふぉっくす より:

    いつでもリボ払いに設定して締日から確定日までにエポスATMで返済してます。金利手数料なしでポイント2倍はになるので積極的に利用してますね。またコンビニATMとは違い1円単位で返済可能です。

コメントを残す

*