JCB一般カード+QUICPay

世の中キャッシュレス一色に染まっていますが、JCBが提供するクイックペイ(QUICPay)もその一角を担っています。クイックペイ(QUICPay)は、その名の通り素早い決済が可能で、お店ではレジで手間取ることがありません。では、QUICPayを使うには何が必要なのか、利用方法などと併せてご紹介しましょう。しっかり学んで、キャッシュレスの流れに乗り遅れないように注意してください。

QUICPayってなに?

QUICPayのロゴマークが掲示してあるお店で利用できるサービスで、レジに設置されている専用端末にカードやスマホをかざすだけで決済できます。利用するには、JCBカードを申し込みと同時にQUICPayの申し込みをする必要があります。

QUICPayの特徴は、前払い式のSuica等の交通系の電子マネーと異なり、後払いになるという点です。利用代金は、クレジットカードの利用代金と合計して請求される仕組みです。そのため、QUICPayにチャージをする必要はありません。

全国各地にあるコンビニ、外食チェーン店、ガソリンスタンド、スーパーなど利用できるお店が充実しています。また、GooglePayやApplePayにも対応しており、設定が簡単ですぐに使うこともできます。さらには、セキュリティ対策も万全なので、安心して利用することができます。

前払い式の電子マネー(事前にチャージが必要)

  • Suica
  • Pasmo
  • nanaco
  • waonなど

後払い式の電子マネー(チャージが不要)

  • QUICPay
  • iD

かんたん決済!QUICPayが持つ豊富なメリット

QUICPayは、支払いが簡単なのが最大のメリットですが、この他にもメリットはたくさんあります。利用代金はJCBカードを経由して支払うことになりますが、それに対してOkiDokiポイントが加算されるので、QUICPayを上手に利用して、たくさん貯めれます。

手間いらずで簡単に支払い可能

今までは、財布から現金を取り出す必要がありましたが、QUICPayを使えばその必要が無くなります。

特に小銭を出す時には、数えるのが大変で、レジで後ろに並んでいる人に気を遣う場面がありましたが、QUICPayを使えば心配無用です。これからは、お手持ちのQUICPayがあなたの財布代わりとして役立ちます。

ポイントが貯まる

QUICPayの支払いで登録したクレジットカードのポイントやマイルを貯めることができます。そのため、JCBカードをQUICPayの支払いに設定すると、JCBのOkiDokiポイントを貯めることができます。

また、QUICPayの支払いでは、クレジットカードとポイントカードのポイント二重取りが可能です。コンビニ等でポイントカードを提示し、QUICPayで支払えば、二重にポイントを獲得できるので、ぜひ活用してください。

使えるお店がたくさんある

使えるお店が豊富な点も、QUICPayの魅力の一つでしょう。
コンビニ、外食チェーン店、スーパー、ガソリンスタンド、ドラッグストア、家電量販店、東京ディズニーリゾートなどで使用できます。
そして、現在もQUICPayを導入するお店が増えているので、利用できる機会がさらに増えそうです。

盗難・紛失時は保険があるから安心

QUICPayを搭載したカードやスマホを盗難に遭ったり、紛失して悪用されても、設定しているクレジットカードの補償が効くので安心です。もしも盗難被害・紛失した場合には、速やかにカード会社に連絡すれば、決済ができないよう利用停止にできます。

カードや現金要らずで身軽になる

QUICPay最大の特徴は、手持ちの現金が無くても支払いができるところにあります。スマホにQUICPayのアプリを入れておけば、スマホが財布代わりになるので、財布を持ち歩かなくでも良いんです。ちょっとした買い物の時でも、スマホだけ持って外出すれば良いので、身軽になることは間違いありません。

手帳タイプのカードケースを持っている場合は、カード入れにQUICPayを入れておくとスゴく楽です。ついでに、ポイントカードを管理するアプリをインストールしておくと、スマホ一つでポイントの二重取りもできて手間をかけずに節約できます。

要チェック!お得なキャンペーン

QUICPayの公式ホームページには、利用方法やQUICPayが使えるお店が掲載されていますが、キャンペーン情報もまとめられています。QUICPayで支払うことで、現金が当たる、東京ディズニーリゾートのパークチケットが当たるなど特典があります。

今回のディズニーのキャンペーンへ応募するには、ハッシュタグを付けて所定の写真をTwitterへ投稿する必要があります。見逃すと損をしてしまいますから、キャンペーンは定期的にチェックすると良いです。

QUICPayはJCB一般カードが欠かせない!申し込みから使い方を解説

QUICPayを申し込むには、クレジットカードが必要となります。どのカードでも良い訳ではなく、QUICPayに対応している必要があります。対応しているカードの中でも、特に相性が良いJCB一般カードを設定するのがおすすめですが、その申し込みや使い方について解説していきます。

QUICPayはどうやって申し込むの?

JCB一般カードを申し込むのと同時に、QUICPayの申し込みが可能です。その他のクレジットカードでも、QUICPayに対応していれば、各社のホームページから申し込みが可能となっています。

もし、QUICPayに対応しないクレジットカードをお持ちの場合は、JCB一般カードを作ってQUICPayを利用すると良いです。

QUICPay使い方ガイド

カードタイプは設定は不要で、そのままQUICPayを利用することができますが、スマホで使う場合には設定が必要になります。

スマホの場合、iPhoneを使うか、androidを使うかで設定方法が異なっているので、簡単に説明しましょう。

iPhoneの場合

手元にカードを用意しておき、Wallettアプリを起動し、カードを追加を選択したら、あとは手順に従って登録をすればOKです。3分あれば、完了できます。

androidの場合

スマホにGooglePayアプリが入っていない時にはダウンロードしましょう。手元にカードを用意しておいた上で、手順に従って登録を進めれば、設定できます。

登録が完了したら、QUICPayはいつでも使える状態になるので、QUICPay対応のお店で買い物できます。QUICPayを使用して支払いをする際には、レジで「QUICPayで支払います」と伝えて、専用のカードリーダーにカードやスマホをかざします。支払いが完了すると、「QUICPay」と音が鳴るので、わかりやすいです(少し恥ずかしいですが・・・。)。

QUICPayで支払った分は、後日クレジットカードの利用分と合わせて請求が来るので、支払い忘れの無いよう注意してください。

QUICPayはいくらでも使えるの?

QUICPayの1回当たりの利用可能金額は、基本的に2万円までと決められています。ただ、QUICPayは2種類あり、QUICPayよりもパワーアップしているQUICPay+なら2万円以上の利用が可能です。QUICPay+はすべての対応店舗で利用できる訳ではなく、QUICPay+のロゴが掲示してあるお店のみ利用できることになっています。

どっちがお得?JCB一般カード支払いとQUICPay支払いを比較

ここでは、QUICPayで支払った場合と、JCB一般カードで支払った場合どっちがお得なのか、あらゆる角度から比較してみましょう。

QUICPayの場合 JCB一般カードの場合
チャージは必要? 基本的に不要 不要
高額な買い物はできる? 1回あたり2万円まで 利用限度額の範囲内なら可
ポイントは加算される? 加算される 加算される
ネット通販に利用できる? できない できる
海外で使える? 使えない 使える
ポイントの二重取りは? できる できる

普段使いとしては、QUICPayを使うことをおすすめします。決済のスピードがJCB一般カードと比べて優っているためです。JCB一般カードを使うのは、高額な支払いやネット通販の時のみで十分です。

QUICPay支払い時のデメリットや注意点について

便利で使いやすいQUICPayにも、デメリットや注意しておきたいポイントがあります。メリットだけでなく、デメリットについても理解した上で、使用しなければいけません。

1回当たりの利用上限が2万円まで

上述しましたが、1回当たりの上限金額は2万円までと決められています。もしも2万円以上の買い物をする場合は、以下の方法で対処する必要があります。
 クレジットカードで支払う
 QUICPay+対応店舗で買い物をする

使いすぎるリスクがある

QUICPayは、現金が無くても利用できるので便利な反面、お金を使う感覚が無いので使い過ぎてしまう可能性があります。これは、クレジットカードでも同様であり、計画的に利用しなければ、いざ支払う時にお金が足りない!という事態になりかねません。送られてきたJCB一般カードの明細書をきちんと確認することも大事ですし、家計簿アプリを用いて管理するのもおすすめです。

支払いは一括払いのみ

クレジットカードで支払う時には、回数を決めて分割払いすることもできますが、QUICPayはそれができません。一括払いのみとなっているので、分割払いにしたい時には、QUICPayではなく、JCB一般カードを使って支払いましょう。

まとめ

JCB一般カード+QUICPay@まとめ

QUICPayは日本国内しか使えませんが、利用できる店舗は多数あり、支払いの速さはあらゆる決済方法のなかでもピカイチです。スマホが財布代わりなるので、現金の持ち合わが無くても買い物ができる、財布の中から小銭を探す手間が省けるといったメリットがあります。

QUICPayを利用するには、クレジットカードが必要になりますが、すべてのカードに対応している訳ではありません。JCB一般カードは、カードにQUICPayを搭載でき、スマホにも設定することができます。他にもさまざまなサービスが充実しているので、ぜひご検討ください。

JCB一般カード
・JCBが発行している数少ないクレジットカード
・約40年の歴史に裏付けられた高い信頼感
・インビテーションにより上位のクレカを作成可
Sponsored Link

Twitterでフォローしよう