シダックスエポスカードのメリット・デメリットなど特徴まとめ!

シダックスエポスカードをご存知でしょうか。シダックスが発行しているクレジットカードで、エポスカードと提携しています。

気になるのは、シダックスエポスカードって本当にお得か、そもそも、一般エポスカードと比べてどうなの?という所ですよね。そこで今回の記事では、シダックスエポスカードの特徴をまとめた上で、一般エポスカードとの差を解説していきます。

基本スペック

項目
年会費無料
ブランドVISA
ポイント還元率0.5%
付帯保険海外での保険付き

シダックスエポスカードの特徴

シダックスで割引が効く

シダックスでシダックスエポスカードを提示することで以下の優待特典を得られます。

  • ルーム料金30%OFF
  • フリータイム・フリフリプラン20%OFF(※)
  • パーティーコース10%OFF(※)
  • エポスカード払いにより、ポイント5倍(※)

(※で記載した部分に関しては、2018年9月30日をもってサービス終了しました。)

中々、お得ですね。ちなみに、シダックス会員になることでも同様のサービスを受けることも可能は可能です。ただし、エポスカードを作成した方がより多くの特典を得ることが出来ます。以下、具体的に説明していきますね。

海外に強い

シダックスエポスカードは海外に強いクレジットカードとなっています。具体的には海外における補償関係が自動的に付帯されるのです。

年会費無料のクレジットカードでは、利用付帯と言って旅行のために一度は手持ちのクレジットカードを使わないと補償してくれないものが多いです。

シダックスエポスカードでは、補償が自動的に付帯されるため、クレジットカードを持っているだけで補償サービスを受けることが出来ます。非常にお得ですね。具体的には、以下の金額が補償されます。

クレジットカード会社 発行手数料年会費
エポスカード無料無料
楽天カード無料540円
三井住友VISAカード無料540円
YJカード無料540円
ビューカード無料515円
ジャックスカード無料無料
クレディセゾン無料無料
NICOSカード1080円無料
ダイナーズクラブカード無料無料
American Express918円無料

更に、クレジットカードブランドがVISAという世界で一番決済金額の大きいブランドを用いているため、シダックスエポスカードが使えない、、、という事態にになる確率はぐっと下がります。

私もVISAブランドのクレジットカードで欧州やアメリカへ何度も行きましたが、VISAブランドが使えなかったことは文字通り一度もありませんでした。

シダックスエポスカードは海外に強いクレジットカードなのです。

シダックスエポスカードは店頭で作ろう

シダックス店頭よりシダックスエポスカードを申し込んだ場合と、別の場所から申し込んだ場合とで特典が異なります。

具体的には以下の通りです。

  • シダックス店頭からの申し込み:4000円相当プレゼント。当日の会計より1000円引きされ、シダックスサービス券3000円分を獲得できる
  • シダックス店頭以外からの申し込み:3000円相当プレゼント。シダックスサービス券3000円分のみ獲得できる

1000円分、シダックス店頭より申し込んだ方がお得ですね。シダックスエポスカードに関しては、なるべくシダックス店頭より申し込むようにしましょう。

尚、シダックスサービス券に関しては有効期限が6ヶ月しかありません。早めに使い切るようにしましょう。

シダックス以外の全国7000店舗以上に優待特典あり

シダックスエポスカードというからには、ついついシダックスだけにしか特典が無いのかな、、と思いがちですが、そんなことはありません。

何と、エポスカード同様、全国7000店舗以上にて優待特典があります。こちらにほんの一例を抜粋します。

店舗特典内容
楽蔵10%OFF
魚民 ・ 笑笑エポスポイント 5倍
J's burgers10%OFF
ピザーラ竜田ミックス プレゼント
イオンシネマ500円 OFF(エポトクプラザから購入時のみ)
H.I.S.エポスポイント 3倍
APAホテルエポスポイント 5倍
タイムズカー初期費用 1550円 → 無料
オリックスレンタカー10%OFF
ビッグエコールーム料金30%OFF
カラオケ館ルーム料金30%OFF
お部屋探しnet成約時5000エポスポイントプレゼント
ENEOS電気エポスポイント 2倍
ノジマエポスポイント 5倍
コンタクトのアイシティ優待価格で案内
hpエポスポイント 10倍

何と、シダックスエポスカードにも関わらず、カラオケ館などの競合店でも割引を受けられてしまいます。本当に良いのか、、と思ってしまいますね。

それもそのはず、エポスカードと実は特典が一緒なのです。エポスカードを持っていても同様の優待特典を獲得できるのです。

シダックスエポスカードをカラオケ店へ提示することで得られる特典に関してはこちらの記事にまとめました。

ETCカードも無料で作成可能

他のクレジットカードの中にはETCカードの発行が有料のものがある中、シダックスエポスカードに関してはETCカードを無料で作成可能です。

ETCカードは自家用車を保有している人はもとより、レンタカーやカーシェアリングを利用している人でも使えます。お得ですので、是非作ってみてはいかがでしょう。シダックスエポスカードが発行可能なETCカードに関しては、こちらの記事にまとめました。(一般エポスカードと同一のカードが届きます。)

エポスVISAプリペイドカードも作成可能

シダックスエポスカードを作成することでエポスVISAプリペイドカードも作成可能です。シダックスエポスカードで貯めたポイントの使い道として、一番に考えるのがこちらのカードになります。

ためたポイントは全額エポスVISAプリペイドカードへチャージ可能で、VISAが使えるお店であれば、どこでも使うことが出来ます。プリペイドカード式のため、チャージした金額以上に使えないのですが、使用上限額がある分、安全に使うことが可能です。

詳細はこちらの記事にまとめました。

一般エポスカードとの比較

シダックスエポスカード@一般エポスカード

実は、シダックスエポスカードで獲得できる特典と一般エポスカードで得られる特典との間に一切の差はありません。

更に驚くべきことに、シダックスを利用した際の特典に関しても全くの同一です!そのため、シダックスエポスカードのデザインが気に入ったなど、よほどの理由がない限り、あえてシダックスエポスカードへ申し込む必要はありません。

では、どこに差があるのか、入会特典に差があるぐらいでしょうか。

店頭での申し込みでは、シダックスエポスカードの方がお得

シダックスエポスカードに関しては、入会時に4000円相当獲得できますが、一般エポスカードでは2000円相当しか獲得できません。

少なくとも、これだけ見ると、シダックスエポスカードの方がお得に見えますね。

ネットでの申し込みでは、一般エポスカードの方がお得

ただし、ネットでの申し込みとなると話は変わってきます。こちらの広告を参照下さい。



5000円以上の入会特典を獲得できており、シダックスエポスカードよりもお得ですよね。エポスカードに関しては、一般カードをネット経由で申し込むのが最もお得なのです。デザインにこだわりが無い限りは、通常の一般のエポスカードを作成したほうが良いと思います。

まとめ

シダックスエポスカード

シダックスエポスカード@まとめ

いかがでしたか。シダックスエポスカードについてまとめました。

正直な所、シダックスエポスカードを作るくらいならば、一般エポスカードで十分かな、、と感じています。何せ特典が全く一緒なので。。みなさんはどう考えましたか。

・シダックスエポスカードの公式サイトはこちら

参考までに、比較に上がっていた一般エポスカードについて紹介します。優待特典など特徴について、こちらの記事よりも詳しくまとめましたので、よかったら参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう