クレジットカードのデポジットについて - ホテルで大変なことにならないために –

ホテルのデポジット@イメージ図

日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカなどの海外のホテルではチェックイン時に滞在費だけではなく、デポジットを求められるケースがあります。

デポジットとは保証金のことで、宿泊費とは別でチェックイン時に請求されます。

通常、デポジットはクレジットカードで支払うことになります。あなた自身がやるべきことと言えば、クレジットカードのホテルの受付の方に渡すだけです。チェックイン時にクレジットカードを言われるがまま渡すと思いますが、宿泊費を支払っているだけかと思っていませんでしたか?実はデポジット分も請求されるのです!

海外ではデポジットが当たり前のため、ホテルのフロントであえて説明してくれません。そんなイマイチわかりにくいホテルのデポジットについて、解説しました。

クレジットカードを用いたデポジット請求について

ホテルのデポジットはクレジットカード払いで

デポジットの仕組み

チェックイン時に求められるデポジットですが、一時的な保証金のことを指します。海外などのホテルでは、チェックイン時にデポジットを請求されるのが普通です。従って、事前に宿泊費をウェブ経由で支払っていたとしても、別途デポジット分のお金をホテルへ支払う必要があります。

ただ、デポジットの請求がそのままあなた自身が支払うべき金額とはなりません。ホテル滞在時に追加のチャージが発生しない場合、デポジット分として請求された額はそのまま取り消されます

また、クレジットカードを保有している場合、現金のやり取りをすることなく、デポジットを支払うことが可能となります。

クレジットカード払い時のデポジットの請求額・返金期間

デポジットの請求額はホテルによりますが、50ドル~100ドル程度です。海外ホテルの予約サイトを見ると、デポジット不要という謳い文句のホテルが記載されています。ただ、ここで言うデポジットは予約サイト自身にデポジットを収めなくても良いという意味です。ホテルに到着後に支払うデポジットは別途支払う必要があります。

デポジットの返金期間ですが、通常は2,3日以内に返金されます。ただし、繁盛期であればもう少し掛かるかもしれません。クレジットカード払いをしている場合、オンライン上でデポジットの請求は確認可能です。よくチェックしておいて、不備があった場合はホテルへ連絡するようにしましょう。

ホテルがデポジットを請求する理由

一言でいってしまえば、ホテル側が観光客である あなたを信用していないからです。特にホテルは入り口が複数あり、チェックアウト時に受付を通らずにサヨナラしてしまう人もいるのです。ましてや犯罪率が日本とは比較にならない高い海外ですから、何らかの対策は必須です。

そこで、ホテル側はデポジットという形でチェックイン時、あなたのクレジットカードにいくらか請求しておくのです。もし、逃げてしまっても、既に請求している訳ですから、お金を請求できない、という事態にはならないのです。

更に、海外では不正利用されているクレジットカードや、ホテルでの支払いが出来ないクレジットカードを渡されるケースもあります。そこで、事前にデポジットをあえて請求しておくことで、自己を未然に防いでいるのです。

クレジットカードを持っていない場合

ホテルでのデポジットはクレジットカード以外は厳しい

現金でデポジットを支払う場合

クレジットカードを持っていない場合、デポジットは現金で支払う必要があります。決して多くない現金を一時的とはいえホテルに預ける必要が出てくるのです!すると、海外滞在中は現金が不足してしまいますよね。本当に楽しみたかった海外での食事や観光へ、満足にお金を使えない可能性が出てきます。

更に下手をすると、デポジットが返って来ないケースもあります。日本人という外国人がホテルに予約をしている以上、まともにクレームを入れられるはずがないのだから、本来は返金しなければならないデポジットを返さずにおこう、と考える人達もいます。これをされると、せっかくの旅行が嫌な気分で終わってしまいますよね。

絶対に、私はクレジットカードなんて持たないんだ、という方以外、海外旅行へ出かける前にクレジットカードを持つことを強くオススメします。

特に、海外では、クレジットカードが身分証明書の代わりとしての役割も果たします。海外では、簡単にクレジットカードを作ることが出来ないため、クレジットカードを持っているだけで”あなたが信用に値する人間である”ということを周囲に示せているのです。

日本であれば、比較的簡単にクレジットカードを作れます。身分証明書代わりという意味でも、クレジットカードを作っておく価値は高いと思います。

プリペイド式クレジットカードでデポジットを支払う場合

海外旅行される方の中にはプリペイド式のクレジットカードを用いている方がいるかもしれません。プリペイド式クレジットカードを所有している方の場合も同様にデポジットを余計に支払われます。そのため、デポジットの支払い分を含めた額をクレジットカードにチャージして下さい。

プリペイド式クレジットカードの場合、ICチップが付いていないものも相当数あります(LineペイやエポスVISAプリペイドカードなど)。実は欧州圏では、ICチップを用いた決済しか認めない方向にシフトしており、一部ホテルではICチップが無いと決済が出来ないケースもあります。すると、デポジットをクレジットカードで支払えなくなってしまいます。

プリペイド式クレジットカードは安全性の観点でも使用をオススメしたいのですが、ことホテルに限っては通常のクレジットカードを持って旅行した方が良いと思います。何より、ホテルでデポジットや宿泊料金を支払う分には、クレジットカード払いでも十分安全性を確保できていますので。

まとめ

ホテルでのデポジットはクレジットカードがお得です
いかがでしょうか。現金だけで旅行をしようという方には、デポジットはちょっと耳の痛い話だと思います。ただし、クレジットカードさえ準備すれば上の問題は一挙に解決します。アメリカでクレジットカードを活用できる場面はまだまだあります。

クレジットカードの利便性をわかって頂けると、私としてはうれしい限りです。

今回は以上になります。

参考記事
アメリカではチップもクレジットカード払い可能です。アメリカに行ってから困らないために、こちらの記事を参考にして頂けると幸いです。

SNSで更新情報を配信中。

コメントを残す

*