カード紹介

シネマイレージカードを使ってTOHOシネマズの映画をお得に鑑賞しよう

シネマイレージカード

シネマイレージカードをご存知でしょうか。TOHOシネマズとクレディセゾンが発行している、TOHOシネマズの映画鑑賞時に素敵な特典を獲得できるクレジットカードです。

私が頻繁に通っているTOHOシネマズ新宿店であれば、時期によってはテーブルを設けて盛んにシネマイレージカードのPRを行っています。それだけ、TOHOシネマズ側としては、シネマイレージカードを作って欲しいのだと思います。

ただ、気になるのは私たちがシネマイレージカードを作って本当にお得なのか、ですよね。そこで、今回の記事では、シネマイレージカードの特徴を説明した上で、どのような人向けのクレジットカードなのか、解説していきたいと思います。

基本スペック

項目
年会費 MasterCard:条件付きで無料
American Express: 3240円
ブランド MasterCardまたはAmerican Express
ポイント還元率 0.5%

ブランドについて

ブランドは二種類から選択できます。American Expressブランドを選択した場合、3240円も年会費が掛かることから、万人にオススメ出来るクレジットカードではありません。

原則、シネマイレージカードに関してはMasterCardブランドを選択するようにしましょう。尚、MasterCardブランドを選択した場合、初年度は年会費無料、二年目以降も年一度でもシネマイレージカードを使用すれば年会費無料で使い続けることが可能です。

年1回程度であれば、相当ハードルは低いですよね。シネマイレージカードのMasterCardブランドに関しては年会費無料だと思って差し支えありません。

American Expressを選択した場合は、最高3,000万円までの海外・国内旅行傷害保険も付与されます(MasterCardブランドでは無し)。海外へ行く機会が多いのであればAmerican Expressも選択肢に入ります。

ただ、エポスカードなどの年会費無料のクレジットカードを作っても、海外旅行傷害保険は付与されます。年会費を支払ってまで海外・国内旅行傷害保険付きのブランドを選択する必要はないのでは、、と感じています。

TOHOシネマズでのお得な特徴

シネマイレージカード@TOHOシネマズ

では、具体的にシネマイレージカードを利用することでTOHOシネマズで利用できる特典について紹介していきたいと思います。

毎週火曜日はシネマイレージカード提示で1400円に

TOHOシネマズでは、一般料金は1800円なのですが、毎週火曜日にシネマイレージカードを提示することで1400円で鑑賞することが出来ます。400円分、お得ですね。火曜日にTOHOシネマズへ行ける方は少数派かもしれませんが、狙えるのであれば、積極的にこちらの割引を適用していきたい所です。

しかも、平日の映画館はガラガラですよね。席なども良い位置を確保できると思います。

ちなみに、月曜日が休みだ、、という方向けにauマンディという割引プランもあります。こちらを利用した場合、毎週月曜日に映画を1100円で鑑賞することができます。auスマートパスまたはビデオパスを契約していることが前提となります。auマンディ・シネマイレージカードの使い分けに関しては、あなたの休み次第だと思いますが、参考までに。

TOHOシネマズにて6回映画を観たら1回無料

TOHOシネマズにて、映画を6回みたならば、7回目の鑑賞時は無料で映画を見ることが出来ます。

映画チケットの支払いもシネマイレージカードで行う必要はありません。映画チケット発行時にシネマイレージカードを登録すればOKです。また、1年以内に6回見なければならない、などの期限も設けられていません。

映画のチケットは一般料金で1800円も掛かります。安いとは決して言えないので、この特典は積極的に利用していきたい所です。こちらを利用した場合、還元率は何と約14%にも達します。

積極的に活用しましょうね。映画をタダで見れるのは、本当にお得ですので。

TOHOシネマズで映画を見る場合、一人でみるというよりも二人、三人と複数人で見る方も多いと思います。複数枚のチケットを1枚のシネマイレージカードで予約した場合、何回分予約したことになるのでしょうか。

残念ながら、シネマイレージカード上では人数分見たことにはならず、1回分しかカウントされません。残念な仕様ですが、さすがに人数分見たことになると、タダで映画を見れる人が続出してしまいますからね。仕方がないのかもしれません。

シネマイレージカードのマイルを貯めることが可能

マイルと言っても飛行機に乗った際のマイルではありません。実は、シネマイレージカードを用いると、TOHOシネマズの上映時間1分につき1マイルもらえます。マイルを貯めることで、商品と交換することが可能です。

具体的には、以下の商品と交換可能です。

マイル交換先 必要マイル数
オリジナルグッズへの交換(抽選) 300
ポップコーンSサイズ
ドリンクSサイズ
1000
一ヶ月フリーパス(六本木店以外) 6000
一ヶ月フリーパス(六本木店) 9000

一ヶ月フリーパスまで狙える人はそうそう多くない(映画50本分!)とは思いますが、ポップコーンやドリンクなら狙える人も多いかと思います。映画を何本もみているうちにマイルが貯まると思いますので、こちらの特典も狙っていきたいですね。

尚、有効期限はマイルを獲得した翌年12月31日までで、最大2年間有効となります。

クレジットカード番号を覚えなくてもTOHOシネマズのチケットを購入可能に

インターネット経由でTOHOシネマズのチケットを購入する際、必ずクレジットカード番号の入力を求められます。そんな時でも、シネマイレージカードを作り、シネマイレージ会員になったならば、ログインIDとパスワードを入力(またはスマホに記録させておけば)クレジットカード番号を入力する手間が省けます。

私なんかは映画を観る際、クレジットカード番号を入力しすぎて、あの16桁のカード番号・有効期限・セキュリティコードを全部覚えてしまいましたが、、、中々覚えられるものではありません。また、電車の中で映画チケットを買おうとなった時に、公衆の面前でクレジットカードを見てスマホへ入力なんて出来ませんよね。

中々、便利になりますので、皆さんも是非利用してみて下さい。

TOHOシネマズの新宿店など一部の店舗では、3Dではなく、4Dの映画を上映しています。4D映画では上映画面が一般の3Dに加え、風や熱・椅子の揺れも追加されています。

料金もそれなりですが、臨場感も一気に上がります。一度、利用してみてはどうでしょうか。

TOHOシネマズ以外での特典

ポイントの有効期限が無い

シネマイレージを発行しているセゾンは、永久不滅ポイントといって、ポイントが有効期限によって失効することはありません。クレジットカードは日常的に使うため、結構な量のポイントが貯まりますので、使い忘れると非常にもったいないです。

こちらに関しても、シネマイレージカードの大きなメリットの一つです。

また、具体的なポイントの交換先は以下の通りです。

ポイント交換先 必要ポイント数 ポイント還元率
Amazonギフト券1000円分 200 0.5%
WALLETポイント1000円分 200 0.5%
dポイント1000円分 200 0.5%
nanacoポイント1000円分 200 0.5%
WebMoney1000円分 200 0.5%
永久不滅ウォレット450円分 100 0.45%
Tポイント450円分 100 0.45%
JALマイル500マイル分 200 0.25%
ANAマイル600マイル分 100 0.3%

交換先によっては、ポイント還元率が0.45%となってしまうところがありますので、出来る限り0.5%のポイント還元率となる所を利用しましょう。この中だと、Amazonギフトカードと交換しておくのが一番無難だと思います。

西友・リヴァンを割安に利用可能

毎月5日と20日は西友・リヴィンでシネマイレージカードを利用すると、食料品から衣料品まで5%OFFになります。セゾンカード共通の特典ではありますが、シネマイレージカードでも全く同じ特典となります。

食料品はそうはいかないでしょうが、毎月5日と20日に出来る限り買い込めば、結構な節約となりますね。

まとめ

シネマイレージカード@まとめ

いかがでしたか。シネマイレージカードについて解説しました。

シネマイレージカードは、TOHOシネマズを頻繁に利用する方向けのクレジットカードです。日時があわないなどの場合を除いて、映画を観る際は、なるべくTOHOシネマズを利用するようにしたいですね。

また、通常の買い物であっても、シネマイレージカードは十分に使えるクレジットカードです。ポイントに有効期限が無い点も良いです。私なんかはポイントの有効期限って、凄く気になるんですよね。有効期限って単語を見る度に、使わなきゃっていう強迫観念に駆られてしまいます。

心理的プレッシャーを少しでも減らすためにも、シネマイレージカードを積極的に利用してみて下さい。

今回は以上になります。

参考までに当サイトがオススメするクレジットカードをこちらの記事にまとめました。シネマイレージカードと負けず劣らずなクレジットカードばかりですので、よかったら参考にしてみて下さい。

関連記事

  1. TDポイントプラスカード TDポイントプラスカードとは、東京ドームグループの施設で恩恵を授…
  2. ドンキホーテのクレジットカードであるマジカドンペンカード ドンキホーテが発行しているクレジットカード(マジカドンペンカード…
  3. モンテエポスカード モンテエポスカードとは、魚民や笑笑などモンテローザ各店を割引可能…
  4. スカイマークのマイル スカイマークのマイルを貯める上で、デルタ航空のクレジットカードが…
  5. クラブホークスエポスカード クラブホークスエポスカードは”ガチ”ホー…
  6. ソラシドエアカードはマイルが使える ソラシドエア(Solaseed Air)カードはマイルの使いやす…
  7. ビックエコーエポスカードとは、ビックエコーでお得に使えるクレジッ…
  8. yjカードのデメリット・メリット解説 yjカードの年会費、ポイントは?デメリット含め、徹底解説します!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ABOUT ME

 

ブログ執筆者の徳川と言います。

クレジットカードの紹介・便利な使い方・基本的な知識についてまとめています。私の知識を皆さんと共有して、少しでも皆さんの家計の節約に貢献できたらな、と考えています。

ピックアップ記事

  1. クラブホークスエポスカード
  2. nanacoクレジットカード
  3. キーホルダー型nanaco@スピードパスプラスnanaco
  4. エポスVISAプリペイドカードは作るべき

おすすめ記事

クレジットカードで投資 クレジットカード経由で投資が可能に!ポイントも付与されます

クレジットカードの使い方としてイメージするのは、スーパーやコンビニ・ネット通販での利用だと思います。…

クレジットカードの通知 クレジットカードを複数申し込みたい場合に気を付けること – 下手するとクレジットカードを作れなくなります! –

クレジットカードは複数、所有することが可能です。様々な目的でクレジットカードを複数枚、所有しようとし…

アメリカで発行されているクレジットカードの作り方!【駐在者必見】

アメリカで生活していく上でクレジットカードは無くてはならない物です。買い物などは現金でも問題ないので…

エポスVISAプリペイドカードは作るべき エポスVISAプリペイドカードって本当に作って良いの?

エポスVISAプリペイドカードは、エポスカードを持っている人限定で使えるプリペイド式のクレジットカー…

楽天カードはEdyへのチャージ用として本当にお得なのか

普段、何気なく使用しているEdyですが、楽天カードでチャージするのが一番お得だと考えている人が多いの…

PAGE TOP